遅ればせながら 新年おめでとうございます

一月も半分近く過ぎてから
「おめでとうございます」、と言うのもマが抜けた感じだが・・・
やはり 元気に年を越して新しい年を迎えることか゛できたのは
メデタイことだ。
おめでとうございます。

昨年末から 色々あって、FBを開くこともほとんどなく、
ましてやブログを書く余裕もなく過ごしてきた。

あまりにブログを更新しないので
私の具合が悪いのではないかとか、
PCが壊れているのではないかとか
色々心配された方も多かったようで・・・ごめんなさい。

忘れないうちに、覚書として少しずつ書いておきます。

年末は 娘のまりの家族が揃って泊まりに来た。
もちろん母も老人ホームから戻ってきていたので
大人が4人、子供一人。
まりは愛犬トイプードルのノアまで連れてきたので
ワンコ3匹、ニャンコ1匹。
a0079087_143146.jpg


普段、静かな生活をしているので
家の中に人がいる、というだけで なんだか疲れるものだ。
楽しいけれど、同居は無理、と改めて思った。


冷蔵庫にある イクラ、カズノコ、かまぼこ、等々は出すけれど
それ以外、一切料理はしないからね、と宣言していたので
まりがお節料理を抱えてきてくれた。

料理はしなかったけれど、食器の片づけは結局私がすることとなり
一年分くらいの洗い物をした。
もういい。
家事はどれも嫌いだ。

実はお正月にパリに行こうかと秋ごろから友達と相談していた。
ところが急に友人の一人が、いけなくなった。
家族がお正月明けに入院することになったからだ。
みんなそういう環境の年齢なってきたのだ。
どうしようかと とてもとても迷ったけれど
キャンセル料もばかにならないので 決行。

お昼過ぎの羽田発のエールランスでパリへ。

映画を三本見て、食事して、少しウト~としたらもうパリ。
普段、ほとんど毎日3時過ぎに寝る生活をしているので
時差で苦しんだことは一度もない。

空港からパリ市内までのタクシー料金が均一になった。
これはとても良い。すごく楽。

今回はサンジェルマン・デ・プレのアパートホテル。
セーヌ川に面していて ポンヌフが近い。
地下鉄の駅はサンミッシェル。
歩いて5分位。
ポンヌフを渡ればルーブルも直ぐ。

部屋はシンプルだけれど清潔で
キッチンには電子レンジ、湯沸かし器、食洗器がついていている。
一階のエレベーターのそばには
コーヒーや紅茶、ホットチョコレートが無料で飲めるオートマチックの機械が置いてある。
外出時に携帯ポットに入れた熱いコーヒーを簡単に持っていけるので
とても助かった。
部屋の掃除は三日目にしてくれる。
掃除をしてもらう時間もリクエストできる。

着いたのが夜だったので 夜のサンミッシェルをプラつとして
カフェでムール貝と白ワイン。
ああ パリに来たわ~という幸福感いっぱいの夜でした。
[PR]
by lamanda | 2017-01-15 00:59 | Comments(0)

シャンソン