<   2007年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

・・・・

9:00 起床

シリアルとミルク、サラダを食べて母のところへ。
薬を変えてから ボケ具合がかえって進行したようで気にかかる。
気分の落ち込みは 解消されて 元気になったのは良かった。
でも 元気になったせいか
何度も何度も何度も何度も何度も・・・・ おなじことをたずねてくるので
こちらがマイってしまう。
何度も何度も何度も何度も何度も・・・・ 同じことで電話をかけてくる。
仕方ない・・・元気な事を ヨシとするしかない。

銀行へ。
◇◇◇###銀行。
定期預金が満期になって使うことがあるので 出しに行った。

定期を作るときATMの機械で作った。
だから当然 ATMでおろすことができると思った。

機械を操作したら、<係員に問い合わせてください> というメッセージ。
機械の横にあるインターフォンで問い合わせたら
「二階の窓口に来てくれ」という。
二階の窓口に行ったら 
「この定期預金は100万以上なので解約するのには印鑑が要る」という。
「ATMでできると思ったから 印鑑を持っていない」といったら
「印鑑を持って出直してきてくれ」という。

・・・
「定期預金を預けたときATMの画面に 
<100万以上の定期預金は印鑑がないと解約できない>
という内容のメッセージは出てなかったと思うけれど」とたずねると
「はい でていません」という。

「それはないんじゃないですか?」

「申し訳ありません」

・・・・・・・
ずいぶんな応答に非常にハラを立てた私でした。

何より頭にきたのは 
行員たちの 口では慇懃無礼に謝罪の言葉を言っていても
<仕様がないだろ。そういうことになってんだから。
印鑑ないんだったら 早く出なおしてくださいよ>という 無表情な 心のこもっていない応対。

まだ最初に窓口にいた女の子の
「あら・・・ 本当ですね。」といっていた言葉のほうが 気持ちをやわらげてくれた。
相手の気持ちや立場になって 考えれば
謝るにしても ずいぶんニュアンスが変わるはず・・・かく云う私も気をつけましょう・・・

武蔵野市高齢者センター シャンソン教室。
「ロマンス」

すぐにスタジオに戻る。
明日からの「わたしの巴里祭」への最期のレッスン。
昼から ずっと フジワラ君がみんなの最期のポイントを締めなおしてくれていた。

早く帰って 明日の用意をしなくては・・・
オマケに母を連れて行くので その覚悟と用意もしなくては。

鎌倉、湘南方面摩方 ぜひいらしてください。

8/1 18:30開演
8/2 16:00開演
鎌倉芸術館小ホールです。
[PR]
by lamanda | 2007-07-31 22:25 | Comments(0)

女歌手は二十歳

昨日は 一日 重たいものばかり持って歩いて
奴隷になったような気分の一日でした。

① カフェの電話の調子が悪い というので ウチの電話機と取り替えてみましょうと
普段 ただでさえ荷物が多いのに 
もうひとつ ファクス付きの電話機の入った紙袋を持って家を出る。

② カフェで使うというので 事務所にある缶ビール1ケースを運ぶ。
レッスンの資料を左手に、ビールを右手に・・・腕がもげそう。

③ スタジオの不要になったパイプ椅子5脚を粗大ごみで出すために、
事務所の方のゴミ置き場まで・・・ふーふー

④ 横浜教室に行く途中 そごうデパートでセールをしていたので
靴を5足買う。
ソニアリキエルの靴に見とれ、店員に勧められるままに 試しに足に入れたら
途端に 買い物モードに一気突入してしまった。
セールで安くなっているから、という自分へのエクスキューズもあり
試し履きした靴をみんな買ってしまった。

⑤ 家に帰るにあたって カフェの使わなくなった電話機の入った紙袋と
靴5足入った特大の紙袋を持って 事務所を出ようとしたら
フジワラ君に「みっともないから 別の日に分けて持って帰りなよ」
といわれる。
でも みんな持って帰った。

・・・歌い手は 腕の力が強いのよ。
昔は・・・私が20代のころは 
今みたいなコロコロのバックなんかなかったから
楽譜や衣装の入った仕事バックを毎日 持ち歩いていた。
だから 毎日トレーニングしていたようなもので
自然と腕力や背筋力がついてしまった。
おまけに あの頃はほとんどがバンドの仕事だったから
今のピアノだけの仕事とは楽譜の量も重さも違う。
ずっしり重たいバンド譜を 当り前のように バッグに入れて 持って歩いていた。

正に 「女歌手は二十歳」の世界。
というわけで 
あまりにも 現実っぽいので あの歌の詩は好きではないのです。

・・・・・・・・・

三鷹の<ベルけやき> のレッスンへ。
秋の発表会へ向けてのレッスンが始まる。

夕方16:30から BS-2で この間の「パリ祭」の放映があった。
でも 見ていない。
というか 見れなかった。
母が 施設に入ったら テレビを見る人がいなくなったので
ケチしてケーブルテレビを解約してしまった。
どうせ 私のソロの部分は放映されないだろうと 思っていたのに
嬉しいことに ちゃんと映っていたという。
生徒さんが電話やメールで知らせくださった。
「<メア・キュルパ>ちゃんと映ってました!!!」と とても喜んで連絡してくれたのだ。
その 気持ちが スゴク嬉しい。

見ることができなかったのは 残念。
どなたか 録画していた方がいらしたら 見せていただこう。

そういえば・・・今日 吉祥寺で また1足 サンダルを買ってしまった・・・・
[PR]
by lamanda | 2007-07-29 23:35 | Comments(3)

子離れ

昨日は 町田教室、そして夜は「バルバラ」

お花も二頂いたり、先日のバースデー・コンサートのつづきのような気分。

朝はさくらんぼ、夕方は時間がなくてマックのチキンナゲットとミルク。
でも 終わってから 焼き肉。
久しぶりに 美味しいお肉をたっぷりいただく。


・・・・・・・そして今日

ブルーチーズとカレーパンという 何とも刺激的な朝食。
母のところに寄ってから 銀行経由で新宿教室。
「そして今は」。
新宿教室は 新しい生徒さん達が増えて とてもフレッシュ。

事務所に戻って デスクワーク。
「千疋屋」のフルーツポンチ。

夜は、というか夜は 家で トマトと大葉入りのオムレツとほうれん草のバター炒め。
なんとも ひどい食生活。
そろそろ 立て直さなくては・・・

まりが ラマンダの仕事から離れるので
仕事分担をどうするかで いろいろ考えて来たけれど
カフェの方も、事務所の方も 一応目安がついてきたので 少し気持ちが楽になってきた。
でも 今まで 毎日まりと 顔を合わせていたのに
それがなくなると思うと なんだかセンチな気分。
自分でも意外な感情。
娘が結婚するときって 案外こんな気持ちになるのかしら・・・などとも思う。

母が私から いまだに子離れできないように
私も そうなるのだろうか・・・イヤイヤ・・・それは マズイ。
心して 自分の毎日を見直さなくてはね。
[PR]
by lamanda | 2007-07-26 23:47 | Comments(1)

最終リハーサル

9:30 起床

食欲がわかず スイートポテト 一切れ、紅茶、野菜ジュース。
紅茶は ハロッズのアール・グレイがここのところのお気に入り。

12:30 8/1,8/2に 鎌倉芸術館小ホールで開催予定の
生徒さんとの「わたしの巴里祭」最終リハーサル。
アンさんに来ていただく。
途中から 嶋本さん井上さんにも少し参加してもらう。

バンドリハーサル、ホールでのゲネプロ、そして 今日の最終リハーサルで
少しずつ 形を整えていく。
それぞれの歌や動きが 毎回 グングンと変化していく。
みんなも 互いの歌を聴きあっていくうちに
知らず知らずのうちに ステージの流れをつかんでくる。 
そして 自分の持ち場が 無意識のうちにもつかめてくるようで
コンサート全体もまとまってくる。
本当は もう一回くらいリハーサルしたいところだ。

途中 生徒さん差し入れの おこわのおにぎりと 水羊羹を一つずつ。
昨日いただいた チョコレートも一つ。
一つとはいえ、マロングラッセと洋酒がしっかり入った
手ごたえのあるチョコレート。
美味しい。

19:00に終了。
事務所でコーラスの自主練習を聴きながら 少しデスクワーク。

終わって「政寿司」で 残った生徒さん達と食事。
賑やかなひと時。

再び 事務所でデスクワーク。
事務仕事が 次々と湧き出てくる感じ。
一つずつ 片づけていくしかない・・・
[PR]
by lamanda | 2007-07-23 23:53 | Comments(0)

バースデイ・コンサート

9:00 起床

おめざにスィートポテト。
出かける前に 野菜ジュースとホウレンソウ、クルミ、チーズ入りのデニッシュ。
今日は ラマンダで バースデイ・コンサート。

今日のコンサートに母を連れて行こうかどうしようかと
一週間くらい前から 迷っていた。
この一年は 母は一人で外出できないので
私のコンサートに来ていない。
恥ずかしいくらい 一人娘の私ぺったりの母なので
楽しみというのは 私のことだけ。

母を連れていくと 来て下さる生徒さん達が
せっかく コンサートを楽しみに来て下さるのに 迷惑掛けたくないし・・・
でも その好意に甘えようと 思い直し
やはり母を連れていこうと決心し 迎えに行く。

14:00 からコンサート。
60名以上の方たちが来て下さる。
フジワラ君のピアノ、そして マッちゃんのPA。
ともに青春を、「銀巴里」を経てきた人たちだ。

キヨミさんも いつものように
椅子のセッティング、照明、お花の手配・・・諸々の段取りを差配してくださった。

母の面倒は 以前から親しくさせていただいていた生徒さんが
つきっきりで世話を焼いて下さった。

コンサート途中、フジワラ君のお嬢さんのアキちゃんと
音校の同級生のお友達が 連弾で演奏も聞かせてくれた。
大きなバースデイ・ケーキは カットして 
来て下さった方たちに召し上がっていただく。

たくさんのお花、プレゼント、そして 皆さんの温かい思いが
ラマンダのスタジオいっぱいに満ち溢れて
とても とても 幸せなひと時でした。

来れなかった方たちからも メッセージやお花を沢山いただき、感謝。

終わって 家族で「キャンティ」へ。
まとめて みんなの誕生祝いをしてしまう。

母にとっては 久しぶりの外出だった。
そして たくさんの生徒さん達に一度にお会いして疲れたようだたけれど
帰りしなに「今日は よかった。」と言ってくれた。
久しぶりに 母の笑顔を沢山見ることか゛でき、うれしかった。
たくさんの方たちの好意に支えられて 
今日の、そして明日の一日があるのだなあ と改めて思い
感謝の気持で 胸がいっぱいになった。

数字の上での 年をとることはいやだけれど
みんなに支えられて また 新しい一年を迎えることができる幸せを再確認できる喜びが
大人になってからの 誕生日のよさかも知れない。
[PR]
by lamanda | 2007-07-22 23:03 | Comments(0)

嬉しいこと

7:30 起床。
フルーツグラノラとミルク。

9:00 母を病院へ連れていく。
心療内科。
診察室で 
ドクター「最近調子はどうですか?」
母「涙が出やすくて」
ドクター「涙もろくなったのかな」
母「ハイ」

なんだか変だなと思ったら 母は心療内科ではなくて
眼科に掛かっていると思い込んでいたのだった。
先月くらいから 片方の目が 涙っぽいといって
新しい点眼薬を出してもらって さしている。

母を送り届けてから自由が丘へ。

町中サマーセール。
お気に入りの「マギー」へ。
少し時間があったので 何点か試着。
まりに電話をして 来てもらい 見てもらう。
結局全部買う。
おまけにまりのパンツとワンピースも・・・誕生祝いということで。

12:00 個人レッスン4人。

15:00 レッスンの合間に「大戸屋」で ホタテとチキンの揚げ物定食。

自由が丘は芸能人に会うことが多いし
ウチのカフェにでも 時々芸能人の姿を見かける。
夕方 カフェのテラスに 芸能人ぽい人がいるなあ・・・と思ってみたら
ピアニストの城所さんだった。
近くに用があっていらしたとかで 美しいマダム達とご一緒。
そういえば 城所さんはピーターの「越路吹雪物語」で
内藤法美さんの役で出ていらした。 
知らずに観に行ってびっくりした。
メジャーの舞台で役者をやっていると 
芸能人のオーラみたいなものが身についてくるのかも。

そして さらに 自由が丘の録音スタジオでレコーディングがあったとかで
マッちゃんとタクちゃんが 寄ってくれた。
気の置けない 人たちとのオシャベリは 楽しい。

同業者の人たちがこうして 近くに来たからと
ラマンダに立ち寄ってくれると とても嬉しい。

タクちゃん、フジワラ君たちと 近所のお好み焼き屋さんへ。
みんな 明日は昼からコンサートなので 早めに切り上げる。

事務所で暫しデスクワーク。
明日の「バースデー コンサート」の曲目を決める。
バースデーなので 小難しい曲は止めましょう ということになる。
休憩なしで 15~6曲する予定。

では明日。ラマンダでお会いしましょう。
14:00開演ですので 遅れないようにね。
お待ちしています。
[PR]
by lamanda | 2007-07-21 02:14 | Comments(0)

・・・

9:30 起床

ヨーグルトに抹茶パウダー。
太巻きに大葉をまいて二個、ごま豆腐。

13:30 銀行経由で 三鷹の武蔵野市高齢者センターのシャンソン教室。
「ロマンス」

大急ぎで母を迎えに行き 眼科へ連れていく。
予約をしているにも関わらず 1時間以上待つ。
待合室で熟睡。
診察は5分もかからない。
お薬を出していただき 母を施設に連れて帰る。19:00。

事務所に戻る気力なく、そのまま家に帰る。
鮭の西京焼き、ホウレンソウのバター炒め、蜆の味噌汁。
久しぶりの家ごはん。

今度の日曜22日は ラマンダでバースデーコンサートなので
プログラムなど考えなくてはいけないのだけれど
ちっとも 頭がその方向に進まず、
PCいじったり、猫いじったり、掃除したり・・・

今日は早く休みます。
[PR]
by lamanda | 2007-07-19 22:57 | Comments(2)

久しぶりにバレエ

9:30 起床

ここのところ 毎日眠くて仕方がない。

ヨーグルトだけ食べて 大船へ。

13:15 中級Aクラス、個人レッスン二人。
途中生徒さん差し入れのおいなりを二個ほどいただく。

18:00 事務所で少しデスクワークしながら
またまた 生徒さん差し入れの「東華軒」のミニじゃこ飯弁当。
美味しい。

みんな おいしいもの、珍しいものを食べさせてあげようと
心を配ってくれる。
ありがたいことだ。

19:00 久しぶりにバレエ。
一か月ほどブランクがあったので 気が重い。
やはり 痛いし 辛い。
でも しっかり汗を流すことができて 気持ちいい。

いつも着替えるまでは できることならズル休みしたい気分だけれど
レッスンを受けると やはり やってよかったと 心から思う。
ウチのレッスンも そうでありたいもの。

そして 今日は 久しぶりに図書館によって村上春樹を借りてくる。
本を読むことができるような 精神状態と
若干の時間のゆとりが出てきたことが嬉しい。

「パリ祭」は 私にとってプレッシャーだったらしい。
バレエと同じで リハーサルのころは 気が重くて休みたい気分だけれど
終わると 参加できて本当によかったと思う。
長いこと歌って いろいろな仕事をしてきたけれど
あのコンサートに参加していると
まだまだ 知らないこと、気付かなかったことが沢山あるのだなあ と
思い知らされる。

7/29日の夕方 16:30-18:00まとめた ダイジェスト版だけれど
雰囲気は楽しんでもらえるのではないかと思う。
お出かけ下さった方も NHKホールに行けなかった方も、行かなかった方も
時間がありましたら観てくださいね。
[PR]
by lamanda | 2007-07-18 23:49 | Comments(0)

まりの誕生日

今日は まりの誕生日。
まりが生まれた日のことなど 思い出す。
暑い日だった。
病院のガラス窓越しの 夏の日差しがきつかった。
本当は シャンソン歌手の子供らしく
パリ祭の日に生みたかったけれど 
週末に当たって病院の人手が少なくなるから・・・と やんわり断られた。
翌15日には 張り切って「よし生んでやる」と思っていたのに
思うようにならず
結局 16日の夕方になってしまった。
3822g。

そして 今のまりの歳のころには なにを考え、なにをしていたかな・・・とも思う。
ちょうど まりが生まれた新米ママのころだった。
お産の後遺症で 骨盤の骨が広がって歩けなくなり
一ヶ月 家で寝たきりだった。
でも一ヶ月後には 仕事をしていた。
そのころに思ったこと、考えたことは かなり鮮明に思い出すことができる。
少し前のことみたいなのに、
実際は びっくりするくらい時が流れてしまっている。
「月日は流れ わたしは残る」という「ミラボー橋」の詩が思い出される。

そんな感傷にふけっていた朝・・・母からの電話。
白色とピンク色の二種類の目薬をさしているのだけれど
ピンクがもうない、という。
白はたくさんあまっているのに ピンクがもうない、という。

一日に四回、ピンクと白をさす。
ピンクをさして10分後に白をさす。
間違えないようにと 表を作って 母にわたし、必ず記入するように頼んだ。
時々 忘れて2回になったり3回になったりするけれど
おおむね 毎日記入できていた。

本来なら 白もピンクも同じくらいの分量で減るはずなのに
母が言うように 極端に残量が違うというのは・・・・
全くもう・・・

去年家にいたころは 飲み薬で 同じような間違いをして
具合が悪くなったりしていた。
大事にいたるギリギリで気が付いたから 良かったものの・・・

飲み薬の管理は 母に任せられないので
老人ホームの担当の方に薬を渡して お願いしてある。
目薬なら 少しぐらい間違えても大丈夫だし 本人も それくらいできるというので
母の手元において 自分で管理してもらっている。
それも なんだか 心配になってきた・・・

もう自分で歩けるし、家に帰ってきてもらおうか、と思うことか゛ある。
でも やっはり こういうことがあると 家に一人で置いておくわけにはいかないと思う。
母を施設に閉じ込めているような 罪悪感にさいなまれることがあるけれど
仕方のないことで、
逆に 今の状態の方がシアワセなのだと自分に言い聞かすしかない。。

私がまりくらいの年の時、そのころの 母は何を考え、何を思って暮らしていたのだろう。
口癖のように「私と同じくらいの年になれば 貴女もわかるわよ」といっていた。
50代のころも、60代のころも、70代に入ってからも。
いまだに 何がわかるようになるのかわからない 不肖の娘です。

大船カルチャー「セ・シ・ボン」。
昨日からの続きの事務仕事をモクモクと片付けています。
[PR]
by lamanda | 2007-07-16 19:47 | Comments(2)

7月14日

今日は7月14日、「パリ祭」の日。
昼から個人レッスン、横浜教室。
生徒さんのお一人が 「今日はパリ祭の日だから、フランス産のものを」と言って
チーズの詰め合わせをもって来てくださった。
嬉しい。
そして・・・う~ん・・・おいしい。
チーズは好きな食べ物の一つ。

子供のころは いわゆるプロセスチーズしか知らなかった。
高校二年の時 初めて海外へ行った飛行機の中の機内食で食べたナチュラルチーズ。
チーズってこんなに美味しいのね!!! と 感動してしまった。

ロサンゼルスに住んでいた頃 あちらはチーズが日本より安いので
嬉しくて せっせといろいろな種類のものを食べていた。
その結果・・・帰国するときには あまりの体重増にひっくり返りそうになった。
でも日本に帰って お豆腐や納豆の生活になったら 体重はあっという間に戻った。
西欧型の食事は デブを作るのだ。

冷蔵庫にお気に入りのチーズが入っていると 素通りできなくなる。
ちょっと 一齧り・・・を繰り返し あっと言う間になくなる。
だから 自分ではできるだけ買わないようにしている。

・・・8月の生徒さんとの「わたしの巴里祭」のコンサートの
プログラム原稿を仕上げなくてはならないのに
なんだか エンジンがかからない。
デジタルカメラをいじってみたり 猫の相手をしたり・・・
こんなことしている場合ではないのに。

a0079087_02589.jpg


カメラに入っていた写真。
欄の一種。
お客様に戴いた 鉢物の欄。
たいてい 花が終わるとそれっきりになるのに 
この欄は 初めて新しい花をつけてくれた。
バスルームの窓辺に置いていたので 環境が良かったのかも。
この欄をくださった方が亡くなられて もう二回目の夏。
シャンソンが大好きな方だった。
天国でも「パリ祭」あるのかな。
[PR]
by lamanda | 2007-07-15 00:06 | Comments(0)

シャンソン


by lamanda
プロフィールを見る
画像一覧