<   2007年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

 

喉が・・・

三つの目覚まし時計の大音量にもめげずに
寝過してしまい ミルク一杯を一気飲みして出かける。

12:30 町田教室。「私の神様」。
歌う順番だった ある生徒さんが「夕暮れの諧調」を歌う。
この「悪の華」辺りのフェレを聴くと 大学1年の冬休みを思い出す。
担任のフランス語教師佐分先生が 貸してくださったレコードの中に
フェレのこの「悪の華」シリーズと「ミラボー橋」があった。
所謂文学的シャンソンとの初めての出会い。
シャンソンにこんな世界があったのだ・・・・と感動した。
アルバイトで毎日のように 歌っていた頃だったけれど、
このレコードと出会わなかったら シャンソンを続けていなかったかもしれない。

14:30 豆腐尽くしのランチ。

ラマンダに戻って個人レッスン一人。

19:00 「サブウェイ」で 卵のラップサンドと クラムチャウダー。

赤坂の「バルバラ」
先週からのどの調子が悪くて 昨日の生徒さんの発表会では恐る恐る歌った。
喉を暖めつづけ、レッスンの時も大きな声を出さないようにしていたせいか
今日は少し回復の兆し。
でも用心して 8割程度のパワーに抑えるようにして歌う。
不思議なもので そうしている時の方が ずっといいとフジワラ君にいわれた。
多分歌が丁寧になるのだろう。

いまの状態で無理をすると 全く声が出ない状況になる。
今まで何度か 繰り返しているので わかる。
大きなステージで二回経験した。
前日までは歌っていたのに 翌朝全く声が出なくなる。
頑張っても 空気の漏れるような音しかでない。
医者はストレスという。
ストレスと言われても 思い当たることはないのだけれど、
確かに風邪ではないし、
普段肩こりなどしないのに首の筋が ガチガチに凄く固くなっている。
あの人魚姫状態になるのは絶対にいやだ。
ミニカイロとトルマリンの首ウォーマーで暖めつづけよう。

よりにもよって 明日も三鷹の「ウナマス」の出演がある。
ライブが続く。
歌えてうれしいけれど 喉の事を思うと 少し気が重い。
年内のライブも数すくなくなってきた。
心して 一曲ずつを大事に歌おうと 再び思う。
[PR]

by lamanda | 2007-11-29 04:08 | Comments(0)  

中級Hクラス発表会

9:00 起床

ヨーグルトとザクロハチミツを食べて母を迎えに行く。

中級Hクラスの発表会へ。
最初 あまり気乗りしていなかった母。
でも、生徒さん達に労わってもらい、発表会も楽しみ、打ち上げも参加させていただき
上機嫌で帰る。
みんなの優しさに感謝。

お昼は母の分のお弁当まで用意してくださる。
「わらびの里」の秋らしい彩りの美味しいお弁当。

このクラスのテーマソング「フルフル」のコーラスで幕を開け
和気あいあいとした楽しいステージ。
途中、色々と事故は起きるけれど
あまりドキドキしないのが不思議。
ピアニストのフジワラ君の巧みなフォローと
みんなの大らかさのためだろう。

打ち上げは「嵯峨野亭」で和食のコース。
秋らしく松茸の土瓶蒸しもあり、ふぐのから揚げも美味しかった。
デザートの白ゴマのアイスまでしっかりいただく。

事務所で少し仕事をして 母を連れて帰ったのが23:00。
何となく口淋しくて メロンを少し。

母が笑ったり、にこにこしているのを見ていると
私の心も晴れる。

その一方、別の生徒さんのご主人が
倒れて救急車で入院したとの連絡も入る。
大事には至らなかったらしく 一安心。
以前にルルドやパリに一緒に旅行して一週間以上一緒したご主人なので
気が気ではない。

私の周りには 年老いた親の介護に四苦八苦している方たち、
そして 家族の病気にハラハラしている方たちがが沢山いる。
そういう年代なのかなあ・・・とシミジミ。
[PR]

by lamanda | 2007-11-28 01:20 | Comments(0)  

・・・

9:30 起床。

野菜ジュース、納豆ごはん、メロン。
なんだかヘンな朝食だ。

午後に保健所の検査があるので 準備が整っているか心配で
少し早く カェに行く。
スタッフのカワイさんがちゃんとやっておいてくれて 嬉しくなる。

12:00 個人レッスン五人。

15:00 保健所の検査。
目黒保健所のキレイなお姉さんだつた。
カフェの中から緑道を眺めて
「わあ 中から眺めると緑がいっぱいで、自由が丘と思えませんね」
と嬉しい一言。
カフェのテラスには 植木やらプランターが沢山ある。
これは 以前花屋で働いてたことのあるスタッフのクリンちゃんの手入れのおかげ。
感謝。
検査の方は すんなりパス。

18:00 生徒さん差し入れの豪華な太巻きと、可愛いオイナリをいただく。
甘いものも欲しくて デザート代わりに チョコデニッシュ。
ちっとも食事が改善されていない。


デスクワークしながら 久方ぶりにヤフオクを覗いたら
急にハマってしまい、ルイ・イカールのリトグラフなど5点も落札してしまう。
オークションも ある種ギャンブルの要素がある。
普段買い物に出かけることができないから
たまには良いか・・・と自分を納得させる。

久しぶりに 買い物で発散!!といったところです。

家に帰ってから 夜中の0時にお腹がすいてきて 食事。
ワカメ・ルッコラ・サニーレタス・豆腐のサラダ。
小川軒のマロングラッセ。
[PR]

by lamanda | 2007-11-27 04:28 | Comments(1)  

休日

目覚ましをかけずに休んだ。
目が覚めたら14:00だった。
今日は久しぶりに 何一つ予定のない日。
ほっとする。

何ヶ月か毎に思うのだけれど
生活のパタンーンを立て直したい。
清々しい生活をしよう、と思うのに・・・

とりあえず ここのところの食生活が惨めなので
きちんとしなくては。

というわけで 戒めの気持ちも込めて
また食事を記録していくことにした。

14:30 目玉焼き、キノコソテー、ルッコラとレタスのサラダ、胚芽パン2切れ、紅茶。
・・・いい感じでスタートした。

母を連れて美容院と理容院へ。
ヘアカットとシェービングをしてもらう。
珍しく機嫌の良い母。

20:00 さわらの西京焼き、ワカメとレタスのサラダ、シュウマイ、ユリ根のバターホイル包み焼き、ご飯一膳。
デザートに栗最中をかじったけれど、甘すぎて一口で中止。
なんだか気持が落ち着かず、フルーツケーキ1切れ。

来年のスケジュールの調整をする。
来年の12月の予定など書き込んでいると、変な気分。

今日は少しゆっくりできそう。
[PR]

by lamanda | 2007-11-25 21:56 | Comments(0)  

あと15年

とりあえず切羽詰ったステージやら 仕事がないので
なんだか 気が緩んだのか
朝、上手く起きられなくなった。

家を出るまでに自分の身支度、猫の世話で最低1時間かかる。
着るものやら髪型が決まらないと
グズグズしているうちに 30分くらいすぐに過ぎていってしまう。
朝は 体のエンジンのかかりが悪くて テキパキと動けない。
ここ一週間ほどは 家を出るまでに二時間かかるようになってしまった。
なんでそんなにかかるの? と自分でも不思議に思う。
なにをしているのか はっきりしない ユルい時間だ。
かといって 朝食を摂っているかというとnon。
せいぜいシリアルかフルーツくらい。

せっかく 気持ちに少しゆとりが出来てきたのだから
きちんとした生活のパターンになるようにしたいものだ。

ナニをしていたのか はっきり認識できない時間というのは
この短い人生の使い方としては もったいない。

と いうわけで 今日も モソモソと支度をして家をでる。
12:00からスタジオで個人レッスン4人。

そして 夕方からは ソワレ・ド・ラマンダ。
ゲストは栗原道子さん。
優しいお人柄の温かいステージ。
シャンソン勉強中の アマチュアの方たち3人も
それぞれの個性が際立っていた。
そして、尚且つ きちんと歌っていらして、とても好感が持てる 良いステージだった。

打ち上げも楽しかった。

終わって フジワラ君に付き合ってラマンダのカウンターで
薄い水割り1パイだけ飲む。

このごろよく思う。
あとどれだけの年月が自分の人生に残されているのだろう。

とりあえずの設定を自分で作ろう・・・・・と考えた結果、
たいした根拠もないのだけれど、<あと15年>という事にしてみた。
そう考えたとたん、かなり目の前が開けたような気がする。
自分にとっての 解りやすい判断の基準が一つ出来た。
結果、先ず思ったことは<我慢するのはやめよう><自分の欲求に素直に従おう>

というわけで 周りの方々にとっては
我侭なイヤな女と写ることと思いますが
<あと15年しかないのだから>仕方ないわね、と思ってください。
いやいや・・・<まだ15年もあるの!>としかられそうな気もするけれど。
[PR]

by lamanda | 2007-11-24 03:34 | Comments(0)  

ジェーン・バーキン

昨日は久方ぶりの休日。
家の中の片づけで一日終わってしまった。

そして今日は 中級Aクラスのレッスンで大船へ。
「ぶどうの季節」。
リズムの取り方の3種類のパターンを 体を動かしながら練習。
音楽と運動はとても密接な関係にある。

事務所に寄って ジュンと軽く打ち合わせの後、渋谷のオーチャード・ホールへ。
ジェーン・バーキンのコンサート。
U氏の手配で最前列ど真ん中の席。

他のシャンソン・コンサートだと会場で知り合いに大勢出会うのに
今日はほんの二名のみ。
観客は若い女性が多い。

ジェーン・バーキンは カーゴパンツにTシャツという、
今 家から出てきました、といった感じのラフなスタイル。

ミュージシャンは若手三人。
ヴァイオリンも弾いてしまうピアニスト、
マンドリン、バンジョー、アイリッシュハープetc・・・弦関係全般と
ピアノも弾いてしまうギタリスト、
そしてパーカッションという三人。
打ち込みも使って 三人であれこれ楽器を持ち替えながらバックをつとめる。
結構面白かった。

ジェーン・バーキンももう60才過ぎて孫もいる。
首が痛くなるくらい ステージに非常に近いので
皺の一つ一つまで見える。
でも可愛い。
ずっと彼女の顔を見ているうちに 
なぜだか ミック・ジャガーの顔に見えてきてしまった。
そして 気が付く。
ああ イギリス人の顔なんだ・・・と。
随分 おおざっぱな話しだ。

彼女の音楽を聴いているうちに 今度はなぜだか村上春樹の小説の世界が゛見えてきた。
「ねじまき鳥クロニクル」の色々なシーン。

ジェーン・バーキンというアーティストは
ゲーンズブールの作品なんだなあ・・・ということを認識したステージでした。

「ドゥ・マゴー」でローストビーフサンドとコーヒー。
・・・パリに行きたい・・・

でも 事務所に戻ってまたデスクワーク。
[PR]

by lamanda | 2007-11-22 02:12 | Comments(0)  

孤独死

一週間が 又始まってしまった。

大船教室。「パリの空の下」

事務所に戻って アレコレ片付け、
これから銀座の「蛙たち」に行く。
久しぶりのライブ。

顔を合わせれば挨拶をする程度の知り合いが
亡くなったらしい。
40代か50代か、はっきりした年もわからないし
どんな暮らしをしていたのかもわからない。
独り者だった。
自分の部屋で独りで亡くなっていたそうだ。

いつも忙しそうな口ぶりだったけれど
傍から見ると とてもヒマそう。
うちのスタジオにも 何度か来て、
「手伝ってあげますよ」という口ぶりで話していたが
彼に手伝ってもらうことは何も無いので 丁重にお断りしていた。
結構見栄っ張りのような印象があった。

シャンソン ファンには独り身の方が多い。
そして 私の知っているだけでも3人の方が 独りで死んでいった。
悲しいことだ。
でも これからそんな孤独死が増えるのだろうなあ。
所詮 死ぬのは一人でも、
誰かに看取られて最期の時を迎えられるのなら
その方が 心安らかに逝けるような気がする。

「死」は誰も 経験したことが無いから どうしても恐怖感が伴う。
でも、考えようによっては 新しい世界のドアを開けるようなもので
楽しみでもある。
そこに 伴う様々な 苦痛や恐怖感を和らげることが出来たらよいのだ゛けれど・・・。

団塊の世代が 定年を迎え、大量の老人世代が増える。
そして その先にあるのは 大量死だそうだ。
そして その先にあるのは お墓の需要増だそうだが・・・あながち否めない。

こんなこと考えている場合ではない。
銀座に歌いに行ってきます。
[PR]

by lamanda | 2007-11-19 17:58 | Comments(3)  

片付け

昨日は家でゆっくりするつもりが
用ができて 自転車でラマンダへ。

早く帰ろう、と思っていたのに
事務所の納戸のドアを開けてしまったのが 運のつき。
あまりの汚さに 唖然。
片づけを始めてしまった。
このダンボールの中は何???・・・が次々と。
捨てて、捨てて、捨てまくり。

以前 鎌倉から東京に越す時は大変だった。
二階建てのかなり広い一軒家を片付けて
荷物をダンボール詰めにするという作業を約一ヶ月続けた。
よく一人でやったと思うし、もう二度とやりたくない。
東京の仕事を終え、車を飛ばして夜中の0時ごろに帰宅。
それから片付け始め、朝の5時くらいまで頑張って
ゴミ出しし、10迄仮眠、東京にお昼に着くように家を出る・・・という生活。
悪夢のよう。

粗大ゴミや ゴミ回収車に出し切れないものなどは
業者に頼んで処理した。
40万以上かかった。

あのときに学んだことは
迷ったものは捨てる!ということ。

でも 「もったいない世代」なので 潔く捨てることって苦しい。

片付けついでに 寒くなったからピアノの部屋にホットカーペットを敷いてしまい、
結構グッタリ。
年末に事務所もカフェも 徹底的に大掃除しなくては。

そして 今日は吉祥寺「ベルケヤキ」
発表会以来なので久しぶり。
「私の孤独」

そのまま帰ろうと思っていたのに
また用が出来て 事務所へ。
でも 母の所に寄って もう帰ります。
[PR]

by lamanda | 2007-11-18 18:18 | Comments(0)  

ソワレ・ド・ラマンダ

今日はレッスンが無いので 久しぶりにゆっくりしようと思っていたのに
朝から宅急便屋さんの電話で起こされてしまった。

母の所に寄ってからラマンダへ。
友達が久しぶりに訪ねてきたので 暫しお茶などする。
昼下がりに友達と喫茶店で四方山話をする、というのも
考えたら 今年初めてのことかもしれない。

夕方から ソワレ・ド・ラマンダ。
今日は山崎肇さんとその生徒さんたちのライブ。
全て山崎さんにお任せして 聞くことを楽しむ。
お客様は 60名ほど。

皆さん フランス語で歌うことにとても情熱を注いでいらして
誠実な歌で 好感が持てる。
特に三人の方たちのシャンソン・メドレーのコーラスは素晴らしくて
大きな拍手を送った。

終わっての打ち上げに私も参加させてもらい 楽しいひと時。
よそのお教室の方たちとの交流も なかなかよいものだ。

1月には また山崎肇さんのお教室の方たちが参加する
ソワレ・ド・ラマンダがある。
楽しみ。

終わって事務所で 一人モソモソと事務仕事。
切羽詰った仕事ではないせいか なんだかはかどらない。
[PR]

by lamanda | 2007-11-17 01:45 | Comments(0)  

私の神様

電気毛布入れました。
コレなしには冬は越せない。

母のところに寄ってから 町田カルチャー。
「私の神様」
久しぶりに C.デュモンの歌っているのを聞いてみる。
全部4拍子。
張り上げないで 最後もしっとり終わっている。
いいなあ・・

町田でランチ。
お豆腐料理に魅かれてふらっと入った店。「八かく庵」。
最初に出される おかわりOKの汲み上げ豆腐が美味。
お豆腐尽くしのランチコース。
豆乳、柚子豆腐、生湯葉のお造り、豆腐と上げ湯葉のサラダ、豆腐の茶碗蒸し、
ひじき豆腐の揚げ出し、豆腐の味噌汁、そしてデザートは豆腐のチーズケーキ。
歯ごたえの無いオカズばかりだと 食べているうちになんだか飽きてくる。
でも ご飯が かなりかために炊き上げた五穀米なので
どうにかバランスを保っている。
美味しかったので また行こう。

中目黒の区役所の中にある保健所へ、
カフェの営業許可の再申請。
この区役所の建物は 以前、千代田生命の本社ビルだった。
親しい方が以前勤めていたので 何回か訪れたことがある。
すっかり様子は変わってしまったけれど なんだか懐かしい。

飲食店の営業許可は6年毎。
つまり カフェを始めて6年たったということだ。
よくも続けられたと思う。
カフェに関しては 相変わらずほとんど赤字だけれど
スタジオの看板の代わりと思って続けてきた。。
そして 最近になって やっと最初に思い描いたような店になってきた。
スタッフたちの力に因るところが大きい。

スタジオやカフェを維持していくことは
実に色々な問題があって 頭を抱えることが多いけれど
健康でいられる間は 絶対に辞めるものかと思う。

これでも 私はクリスチャンで洗礼名はマリア・マグダレーナ。
沢山の罪を犯したけれど 沢山愛したので赦された人の名だ。
彼女の祝祭日が私の誕生日と一緒ということもあって
この名前を選んだ。

神様は必ず守ってくださる。
神様は その人が乗り越えられない試練はお与えにならない。
全ては神のご計画。
そう思っているので キツい出来事も 心の中でかなり緩和される。
このわずかながらの信仰心が 
今までの私を支えてくれていたように思う。

事務所に戻って 一仕事した後は バレエ。
相変わらずキツい。
これもまた 絶対辞めるものか・・と思う。
[PR]

by lamanda | 2007-11-14 22:48 | Comments(3)