あと一頑張りで バカンス。

母のところによってから ラマンダ。
個人レッスン一人。
明日27日から31日まで 事務所とカフェが休業になる。
5日ほどだけれど その間の様々に関して 準備するのは
なかなか大変。

15:00横浜カルチャー。
「幸福を売る男」

18:00 教室の新年会。
33名参加。
「五葉亭」で今年も美味しいお料理。
今回は 板さんが 大きなアナゴのてんぷらを
みんなの前で揚げてくれるというパフォーマンス付き。

いつものように シャンソン関連の知識クイズやら
イントロクイズ、ビンゴ・・・と楽しむ。
今年はどのような趣向にしようか と考えるのは
楽しいけれど 大変なのですよ。

クイズなどの賞品の人気NO1.は レッスン券。

最後は これも例年のように 
傘寿コンサートを昨秋終えた 最高齢の生徒さんの
「フレーフレー」のエールにみんなで和して 
今年も みんなで楽しい教室にしましょうと 誓い合って、お開き。

今年もこうして みんなで楽しく新年会が開けて
本当によかった。

事務所にもどっって デスクワークのつづき。
家に帰って 明日からの旅行の準備。

カフェスタッフを連れての いわば社員旅行のようなもの。
まりもオマケで連れていく。
マツバ夫人も友人と一緒に参加。
総勢7人。

目指すは カンボジア。
アンコールワット。
とても 楽しみ。

でも みんな あまり関心がない。
どこの国に行くのか知らない者、
タイにい行くと思い込んでいた者
同じところに三日も泊って 飽きませんか? と言う者・・・
情けない。

絶対、行ってよかった と思ってもらえるような旅になると
一人で確信している私です。

では 行って参ります。
[PR]
by lamanda | 2008-01-27 03:09 | Comments(0)

今日も朝から 銀行
昼から個人レッスン、自由が丘カルチャー、中級Bクラス。

夕方からは ソワレ・ド・ラマンダ。
ゲストは岸本悟明さん。

このライブは シャンソン勉強中のアマチュアの方たち3人ほどにも
出演していただいている。
1,2回目のステージは アマチュアの方たち3名が二曲ずつ、ゲスト3曲。
3回めのラストステージはゲストのみのオンステージ。

どうしても ウチのお教室の生徒さんが出演することが多くなる。
他のアマチュアの方たちとのコンタクトがないから。
でも 今日は 山崎肇さんのお教室の生徒さんたち3名が出演してくださった。
先生の山崎さんも 付き添っていらして
彼女たちが歌う前に 曲の解説をされたり
オマケで歌ってくださったり。

真摯な気持ちで 歌に取り組んでいる方たちが
こうして ラマンダのステージを活用してくださると嬉しい。

終わって 皆で打ち上げ。

事務所に戻って 明日の新年会の準備など。
何しろ 明日は横浜教室が終わり次第 
18:00から 恒例のお教室の新年会を
友人のマツバ夫人のお店「五葉亭」でする。
そして 明後日は10:50の飛行機に乗らなくてはならない。
旅支度は何も出来ていない。
どうしましょう・・・
[PR]
by lamanda | 2008-01-26 02:47 | Comments(0)

快復

大分元気になった。

今冬はインフルエンザの予防接種をしなかったこともあり
外出時には マスクをするよう心掛けているし
うがい、手洗いも励行している。

とはいえ 喉は炎症を起こしているので
やきり風邪なのだろう。

早起きして母のところ、郵便局、銀行と周り
新宿教室。
「私は一人片隅で」。
アズナヴールの原曲を聴く。
彼のリズム感って どうなっているのだろうと感嘆する。
フレーズの作り方を聴いていると 凄い。
日本公演の時見ていたら 右足でリズムを刻んでいたから
やはり 意識してはいるのだろうけれど。

事務所に戻ってデスクワーク。

年末から調整して 今度の日曜から5日間バカンスを取ったので
その前に片づけておかなくてはならないことが 山のよう。
体調も戻ってきたし あとひと頑張りです。
[PR]
by lamanda | 2008-01-25 04:37 | Comments(2)

腹痛

昨日は夕方から 腹痛が始まり
夜のカルチャークラスをしているあたりから
トテモ痛くなり、かなりシンドイ夜でした。

何しろ 健康体で 腹痛とはおよそ縁がなかったので
あまりの痛さに 自分で びっくり。

原因わからず。
ただ痛い。
それも まるで陣痛のように 周期的にググーッとくる。
かといって お手洗いに行きたいとか 吐き気がするとかではない。
ただ 痛い。

フジワラ君が「きっと腹減って痛いんだよ」と
東急ストアで食糧を買ってきてくれた。
・・・天ぷらうどんと餃子。
気持ちは嬉しいけれど 私はお腹が痛いのだ。

しばらく事務所で仕事をして タクシーに乗るところまで
フジワラ君につきそってもらい 帰宅。
何しろ 痛くて 体をまっすぐに出来ないので 歩くのもおぼつかない。
まるで ヨボヨボの年寄り状態
どうにか 家に帰る。

ベッドに入っても痛かったけれど 知らない間に眠ってしまっていた。
腹痛より睡魔が勝った。
今朝は もうすっかり痛みが治まっていたけれど
体がダルイ。

風邪なのかも。

昨日の腹痛を思うと なんだか怖くて物が食べられない。

町田教室、夜は赤坂「バルバラ」
雪まで降って寒いのに おでかけくださった方々、ありがとうございました。
[PR]
by lamanda | 2008-01-24 00:35 | Comments(0)

・・・

大船教室、そして銀座の「蛙たち」
沢山のお客様で ホッとする。

文芸春秋の色々な著名人たちの「見事な死」という特集が
なかなか興味深くて 電車の中で一気に読んでしまった。

そして別の特集グラビア 「昭和の美男」の写真に見惚れてしまった。
そして 昔祖母が言っていた言葉を思い出した。
「どんなハンサムも 年取ると汚くなるわ」と・・・
それは 男の人に限ったことではないけれど、
年をとるって なんて残酷なことだろうと 
シミジミ思う。

人生50年と言われた時代が 長くあったけれど
それはそれで 老醜をさらす前に逝けてよかったのかも。
[PR]
by lamanda | 2008-01-22 02:38 | Comments(0)

・・・

吉祥寺のベルケヤキのレッスン。
「私の回転木馬」。

行きしなに図書館で 久しぶりに村上春樹の 
まだ読んでいなかった短編集を見つけ借りた。
麻薬のような 抗いきれない魅力が彼の小説にはあるらしい。
吉祥寺で バスを降りた途端
どうしても 続きが読みたくなり 近くの喫茶店に入る。

喫茶店でお茶しながら本を読む、という行動は
長いことしていなかったけれど
村上春樹にハマってから 復活した。
なかなか 良いものだ。

その後はまっすぐ帰宅。
母のところに行ったり 野菜スープを作ったり
少しは日曜らしく ゆったり夜を過ごしている。

それにしても もう一月も2/3が過ぎてしまったなんて
時の過ぎる なんという 早さだろう。
そう思うと したいこと、しなくてはならないことが
次々思い浮かんできて いてもたっても居られなくなってくる。
[PR]
by lamanda | 2008-01-20 21:36 | Comments(0)

銀座のシャンソニエ「マダム・レイ」へ。
井上裕規さんのコンサートにゲスト出演。
「マダム・レイ」は初めて。
サロン風のステキなお店。
2:00 開演 、5曲歌う。
今まで 電気ピアノだったのを 
私が出るのを機にグランドピアノに買い換えたと
お世辞にしても 嬉しい。

終わって まりと待ち合わせして「ル・テアトル銀座」へ。
佐久間良子、平幹二朗の息子 平岳大主演のお芝居。「ジンギスカン」。
なんとも・・・・
色々な角度で 楽しめました。


まりと出かけるのも 久しぶりなので 美味しいものでも頂きましょうと・・・
フィレンツェでの美味しい記憶があったので
四丁目の「エノテーカピンキオーリ」へ。
コースでしっかり食す。
美味。
でも しばらくはイタリアンはいいわ、という感じ。

まっすぐ帰ればよいものを また事務所によってしまう私。
でももう 帰ります。
[PR]
by lamanda | 2008-01-19 23:56 | Comments(0)

金曜の夜は ソワレ・ド・ラマンダ。
ゲストは 久しぶりに トモちゃん。平沢朋子さん。

相変わらず美しく、明るいステージ。
トモちゃんに初めて会ったのは 昔々札幌の「銀巴里」。
その頃から 可愛さは変わらない。
シルヴィー・ヴァルタンが60才を過ぎても しっかりアイドルをしているように
トモちゃんも きっと60才を過ぎたって
変わらずに華やかにステージで歌っているのだろうなあ・・・

グループサウンズの話をしていたら
トモちゃんもブルー・コメッツのファンだったという。
トモちゃんは井上忠夫、私は三原綱木・・・
暫しミーハー話も。

打ち上げも楽しい夜でした。
[PR]
by lamanda | 2008-01-19 01:56 | Comments(0)

・・・

三鷹の高齢者センターのシャンソン教室。
60才以上でないと 受講資格がない。
半年毎に 武蔵野市市報などで募集しているらしい。
毎回抽選になるほど 受講希望者が多いので
続けて 二期受講できないらしい。

どんな理由であろうと シャンソンに関心を持ってくれることは
良いことだし、
こういった教室をきっかけに もっと興味を持ってくれるようになれば
さらに喜ばしい。

今日は「幸福を売る男」のまとめ。
みんな楽しそうで こちらまで嬉しくなってくる。

自由ヶ丘に戻って 個人レッスン。

新たにカフェスタッフに加わってくれることになった
後藤クンが来ていた。
ウワサどおり なかなかカワイイ男子。
カフェの雰囲気はこの半年ほどで とても良くなってきた。
アレコレ心配しなくても スタッフに安心して 任せられる。

カフェのような水商売とは全く縁がなかったけれど
せっかく始めたのだから 
どうせなら きちんと結果がだせるようにしたいものだ。

整体に行く。
今日は早めに休みます。
[PR]
by lamanda | 2008-01-17 23:06 | Comments(4)

午前中に 母の薬をもらいに病院へ。

そして銀座十字屋ホールに3時に入る。
毎月第二水曜日に 日本シャンソン協会が行っている
「あなたとランデヴー」の年明けのステージ。
石井好子先生とご一緒なので 、ただご一緒する というだけで緊張する。

他の出演者は 久しぶりにご一緒する元宝塚の姫由美子さん、
そして 「パリ祭」では いつもパートナーとして組ませていただいている広瀬敏郎さん、
お教室も手伝っていただいている嶋本秀朗さん、
ラマンダのライブや 自由が丘のお祭りのときにも手伝っていただいたMIKAKOさん。
そして 初めてご一緒する若手の庄司元一さん、・・・・と私。
7名の歌い手。

1時間ほどの短いステージだったけれど
大きなステージと違って和やかで゛ いい感じ。
小さいステージでの石井先生は 大ステージとは違った親しみやすさがあって
でも さすがのオーラに満ち溢れていらして ステキ。

昨秋の草月ホールでの「百花繚乱」のDVDをしっかりご覧になったとのこと。
リハーサルの最中に、
「口あけてごらんなさい」とおっしゃる。
私が口をあけると そこにご自身の人差し指を入れて
「指を噛みなさい」
口の周りの筋肉をやわらかくする方法を
ご自分の指を使って教えてくださった。
・・・な なんて恐れ多いこと・・・

そういえば 先生は以前 よくワインのコルクを噛んで 
そのトレーニングをしていらした。
早速 カフェでコルクを調達。
毎日練習してみることにする。

たった 二曲しか歌わなかったけれど
とても グッタリ。

19土は井上裕規さんの「マダム・レイ」でのコンサートにゲスト出演。
そして2/14木 はウナ・カンツォーネで「ヴァレンタインコンサート」
気持ちは もうそちらに動いてしまい
銀座からの 電車の中でも 「ヴァレンタインコンサート」のプログラムのことが
アレコレ頭に浮かんできた。

ぜひ 楽しみにみなさんいらしてくださいね。
ヴァレンタイン・デーをどなたかと過ごすご予定のない方は
四谷三丁目 「ウナ・カンツォーネ」へ。
19:00 開演。
1ドリンク付きで5000円です。
[PR]
by lamanda | 2008-01-16 23:52 | Comments(0)

シャンソン