博品館~新年会

昨日は博品館劇場へ。
榛名由梨芸能生活45周年記念ということで
「ラボエーム~美しい想い出」というタイトルのコンサート。

榛名由梨さんと 云えば
往年の宝塚の大スター。
「ベルバラ」の初代のオスカルやアンドレを演じた方だ。

お風邪を召していらしたのか
喉の調子がすこぶる悪くて
聞いていて ハラハラした。

お話は楽しいし、ポーズを決めると
さすが 羽を背負って大階段や銀橋で
歌い踊っていた方なのだなあ、と思わせる。
でも コンサートなので
やはり 歌にもっと魅力があって欲しかった、
というのが 正直な気持ち。

三日間4回ステージとのことだけれど
あの喉で 最後まで 持つのかなあ、と
人事ながら 心配になる

そして 今日は 毎年恒例、お教室の新年会。
いつものようにマツバ夫人の店「五葉亭」で。
つい この間 新年会をしたような気分なのに、
一年って 本当にアッという間に過ぎてしまうものだ。
今年も みんな元気に和気あいあい。
食べて飲んで、おしゃべりしてゲームして。
こうして 今年もみんなで集えることって
なんて 幸せなのだろう、と改めて思う。

榛名由梨さんは お話からすると65才位。
ウチの生徒さん達は 同じくらいの年齢の方も多いし
それ以上の方たちもたくさんいる。
私の目には 榛名さんより
生徒さん達のほうが もっと若くて溌剌としているように見えるのは
贔屓目なのだろうか。
[PR]
by lamanda | 2009-01-24 23:42 | Comments(1)

お見舞い

新宿教室の後
JR病院へ キヨミさんのお見舞いに行った。

キヨミさんは 生徒さんの一人だけれど
ラマンダをとても 愛して下さって
番頭さんのような役割を
自らかってでてくださり
お教室の 色々を手伝って下さっている。
ありがたいことだ。

その彼が お正月明けに膝の手術で入院しているので
激励に行った。

食事の制限があるので
口に入るものは 持って行けない。
どうしよう・・・と考えて
写真集を手土産に持って行った。
20世紀の名画と呼ばれる映画の様々なシーンと 
名優たちの写真集。

病室に 楽譜やら 覚える歌の資料やらを持ちこんでいた。
とはいえ そういう時って できそうでなかなか勉強できるものではない。
でも 一時もシャンソンから離れまいとする
その気持ちは嬉しい。
自分も見習わなくては・・・と。

仲間の生徒さん達からの
お見舞いの手紙やはがきの束を見せて下さった。
いいなあ・・・
シャンソンを通じて たくさんの人の輪が広がったりつながったりするのって
とてもいいなあ・・・。

ラマンダのことにしたって
キヨミさん以外にも たくさんの生徒さん達が
大切に思って、アレコレ心配したり、気遣って下さる。
これからも みんなが 
ラマンダの仲間で よかったと思ってくれるような場所になるよう頑張ろう、と
ファイトが湧く。

自分は病気や怪我で入院したことか゛無いので
イメージの上での入院は 何だか素敵。
実際は 辛いことなのに 経験のない者は
かってに想像を膨らませる。

白い病室。
静かにベッドに横たわる私・・・
お見舞いに訪れる 彼・・・
お見舞いは 千疋屋の さくらんぼ・・・
という 景色です。

・・・・・・・・・・・
何だかお正月の脱力感が続いて
新しい歌を覚えたり、詞を書いたりしようという意欲が 今一つ 。
これでは ダメね。
[PR]
by lamanda | 2009-01-22 21:06 | Comments(2)

恋はコメディー

昨日は 夜中にNHKで放送していた
オバマさんの大統領就任式の模様を
最後まで見てしまった。

お祝いの歌を歌ったのが フレサ・フランクリンだったり
ヨーヨー・マをはじめとする クラッシック界の
スターたちが演奏したり。

アメリカの大統領は 世界のスーパー・スターだ。
就任式は そのデビュー・ショー。

それにしても あの寒空の下、
演奏家たちは どんな防寒対策をしているのだろう
などと 思いながら見ていた。

スピーチ・ライターは27才の人だと
アナウンサーが言っていた。
すごいエリートなのだろうなあ。
どんな人か 見てみたいものだ。

そして同時通訳の人って素晴らしい。
10分くらいで どんどん人か゛変わる。
それくらいしか集中力を持続させられない位
大変なことなのだろう。

世界は変わるのかなあ・・・
♪ コメコメ コメディー
世界は回る・・・♪
恋はコメディー。
政治もコメディーかも。

・・・・
私は 「デュモン」の今年初のステージ。
とても 自由な気持ちで歌えた一夜で
ハッピーな気分で 家に帰れた。
こんな気持ちになれる ライブを
一回でも多くしたいものだ。
[PR]
by lamanda | 2009-01-21 23:34 | Comments(0)

元銀巴里マネージャーの松浦さんのトークショー。
第一回目は「フランス映画とシャンソン」というタイトル。
おなじみのシャンソンが歌われる
フランス映画の様々なシーンを抜粋して
それにまつわる とっておきのお話をしてくださった。
あっという間の 一時間半。

シャンソンを学んでいる方には 
ぜひとも 全員に見て、聞いてほしい内容だった。
資料を集め、整理するのも大変だったと思う。

映像資料のまとめ方も
わかりやすいし
何より お話がシャンソンに対する愛情に満ちてる。
ただ 資料と知識だけの話ではないから
ついつい 引き込まれてしまう。

ラマンダもこのために
プロジェクターとスクリーンを購入した。
ちょっとしたミニシアターの雰囲気。

今後、不定期に続けていくつもり。
とりあえず次回は 2/20金 15:00からで
「エディット・ピアフ 1」 というタイトルの予定。
ピアフは二回に分けて 取り上げるとのこと。
料金は2000円。
今日の「フランス映画とシャンソン」も
どこかで もう一度 再演していただこうと考えている。

夜はいつものようにソワレ・ド・ラマンダ。
ゲストは秋篠樹里亜さん。
元気で活き活きとしたステージ。
[PR]
by lamanda | 2009-01-17 02:48 | Comments(2)

いやあ・・・良いライブだった。
ホント「銀巴里」のライブそのもの、と言ってもよいかもしれない。
歌手は 池田純子さん、加藤初枝さん、ほさか夏子さん、階見ルイジさん。
ミュージシャンは
ドラムスが梅津謙さん、野村和男さん
ベースが前田正一さん、大津昌弘さん
ギター田村洋一さん、松本晴夫さん
シンセ 猪狩雅雄さん
ピアノ藤原和矢さん、と打ち揃っての豪華メンバー。

お客様も40名ほど来てくださって
いい感じ。

銀巴里スタイルで 一人二曲ずつ、
最後は一曲ずつで 四回ステージ。

「銀巴里」は 今日のようなライブを毎日やっていたわけだから
すごいなあ・・・と改めて思う。
でも 懐かしがってばかりいても仕方がない。

ラマンダのライブも
出演者と それを見守り応援してくれるお客さまとで
作り上げていく 熱いライブを一回でも多くできるように
努力していこうと 改めて 心に銘じた夜でした。
[PR]
by lamanda | 2009-01-14 01:35 | Comments(0)

ラマンダ歌い初め

教室の歌い初め。
毎年恒例のイベント。
今年一年の抱負を胸に ピアノトリオで歌う。

自分のスタジオで トリオを入れて
生徒さん達と 歌い初めのライブができるなんて・・・
とても 幸せなことだ。

今年は40名参加。
ラマンダでのライブは通常は、ピアノだけか
ピアノとベースのデュオで行っているけれど
今日はドラムが入って とてもゴキゲン。
リズム隊がしっかり入ると 曲の輪郭が色濃くなって
歌っていても とても面白い。

13:00~始まって 4部構成で
終わったのは17:00。
オクノ君も 用があったのに途中で抜け出てきてくれて
「エトワール・ドゥ・ラマンダ(ラマンダの星)」という曲を書いて
お年賀代わりにと歌いに来てくれた。
とても ロマンチックな曲。
嬉しい。

そして今日は 奇しくもミノワ嬢のお誕生日、・・・というわけで 
みんなでハッピーバースデーを歌ってお祝いする。
26才だって・・・いいなあ。
何でもできる。何にでもなれる。
終わって 「八沢川」の鰻でお祝いの続き。

今年も みんなで楽しく歌っていきたい。
そのためには、どうすればよいか・・・
それを考えるのが 私の役目。
がんばって 一生懸命考えます。
皆が楽しそうにしているのを見ているのが大好き。
それが 私の一番の活力の源。
家庭の中で父親って こんな気分なのだろう。
誰かが言っていた
私がラマンダのお父さんで
フジワラ君がお母さんだ、と。
確かに そうかもしれない・・とうなづいてしまう。

お父さん、頑張ります。


 
[PR]
by lamanda | 2009-01-11 23:12 | Comments(0)

初ライブにいってきます

やっと 日常にもどり なんだかほっとしている。
仕事が私の最大の楽しみであるのだなあと
シミジミしたお正月でした。

今日はなんだか行きたくない、
と思う日もあるけれど
結局<仕事>は、いってみれば
私の最高の趣味なのかもしれない。

そして 今日は 初ライブ。
これから 四谷三丁目の「ウナ・カンツォーネ」にいってきます。
レッスンでは 声を出しているけれど
ステージで歌うのは 今年の最初。
新鮮な気持ちで 臨みたいと思っています。
お待ちしています。
[PR]
by lamanda | 2009-01-08 16:54 | Comments(0)

1月13日のライブ、やっと内容が決まりました。
ドラムの梅津さんの発案で 開催することになったライブ。
ミュージシャンだけが決まって、歌い手が未定のままだったので
どうなることかと 心配していたのですが、
超豪華な内容となりました。

とりあえず チラシをご覧くださいませ。
ご近所の歌い手とミュージシャン、
まだ新年会をしていない歌手、ミュージシャン、
退屈している歌手、ミュージシャン、
楽譜を持って 遊びにいらしてくださいね。


a0079087_1426527.gif

[PR]
by lamanda | 2009-01-05 14:20 | Comments(0)

あけまして

おめでとうございます
私は すっかり 正月ボケ状態。

大晦日から日比谷のペニンシュラ。
初めて泊ったけれど 交通の便も良くて快適。
ホテルはこじんまりとしているけれど
部屋は広くて70平米くらいあって 
ウォークインクロゼットまで付いている。

16階の部屋からは 皇居が見渡せて 
二日の日には一般参賀の人たちの行列が 
8時くらいからだんだん長くなっていくのが見えた。

大晦日は ベッドでゴロゴロしながら 
「紅白歌合戦」を見ていたけれど
多分10時くらいには 寝てしまって どちらが勝ったのかも知らず
「ゆく年くる年」も見ずに 朝まで寝てしまった。

ペニンシュラは ペットOKなので
まりは トイプードルのノアもつれて来た。

部屋には犬用のゲージは勿論
犬用のペットから 紙おむつ、おやつまでセットされている。
犬用の水飲みや食器も用意されていて
人間と同じ ミネラルウォーターまで横に置いてある。
お犬様状態のセッティング。
フォーシーズンズもペットOKだけれど
ゲージを貸してくれる程度。

早くに寝てしまったので
元旦の明け方に一度目が覚めた。
・・・トイレへ・・・と思って
ベッドから降りたら、足に何か冷たいものが・・・
???・・と思ったら?・・・足の裏にノアのアレが・・・
信じられない!!!!!
何で元旦の朝に こんなことが起きるの? と一瞬腹が立ったけれど
ウンをつかんだ と思うことにしよう・・・と思い直す。

母は相変わらず しっかりしているけれど
記憶の方が 非常にあいまいで 
日がな一日一緒にいると
同じことを何度も何度も何度も何度も何度も何度も尋ねてくるので
悪いなあとは思いながらも いい加減 うんざりしてくる。

ずっと家で介護している人は
大変だなあ・・・私には無理だ・・・と改めて思う。

夜いっぱい寝ているのに
昼も ウトウト眠くなる。
近くの帝国ホテルのアーケードや 
ビックカメラの初売りを見に行く。
まりと自分との お年玉代りに ナショナルの「ナノスチーマー」を買う。
加湿器のようなものだけれど
寝ている間に 肌と髪のお手入れができてしまうというもの。
普通の美顔器は その前に陣取って
お手入れをしなくてはならないけれど
これは 寝ている間に施術されてしまうという。
二週間くらいで効果が出てくるというので お楽しみに。

目黒不動尊へお参りに。
近所の日枝神社や 七福神へもお参りに。
おみくじも引いてみた。
目黒不動尊では大吉、
日枝神社では小吉だった。
大吉も小吉も 書いてあることは あまり差がない。
いずれも「恋愛」に関しては
「自我を抑えるように」と示し合わせたように
同じことが書いてある。
自我を抑えた恋愛なんて 
本当の恋愛じゃない、と思っている。
・・・だから 恋愛と縁がないのか・・・少し納得。

こんなにのんびりしたお正月も久しぶりかも。
たいていは ホテルから帰ってくると
三日くらいには事務所に行って
書類の片づけやら 掃除やらしていたのに。

年の始めに こうして余裕があるのっていい感じ。
少しゆとりのある日常がおくれる 一年でありますように・・・。
そうは思うものの ずっと歌っていないので
なんだか不安になってくる。
こんな毎日過ごしていたら 
年相応のオバサンになってしまいそう。
[PR]
by lamanda | 2009-01-03 22:08 | Comments(2)