涙のシャンソン日記

lamanda.exblog.jp

シャンソン

<   2009年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

不幸中の幸い

中級Bクラスの発表会も楽しい雰囲気の中で終わり
ホッとする間もなく、
カフェのスタッフの男の子が事故を起こした。

自転車で帰宅途中、環八で停車中の車に突っ込んだという。
車のリアウインドウに頭から突っ込んで
ガラスは粉々、自転車はポッキリ折れ・・・
でも 本人は 眼の上を打ったための青あざと
頬に切り傷といった軽症で無事だった。

電話を受けた時は、本当に驚いて
一瞬 血の気が引いた。

その子は先月、
運転免許が取り消しになってしまい
それまで通勤に使っていたオートバイを手放して
自転車通勤に切り替えたばかりだった。

そして その自転車も
つい先日、13万位する高級車に買い換えたばかりだった。

もし オートバイで同じ事故を起こしたら
命も危うかっただろう。
高級自転車なので 車体にカーボンが使われて
衝撃をかなり 吸収したらしい。
そのために 彼の体の骨が折れる代わりに
車体が折れたのかもしれない、という。

さらに、ぶつかった車がトラックか何か大きな車で
リアウインドウではなく 鋼の車体にぶつかっていたら
助からなかったかも知れないと 医者に言われたという。

その子にしてみれば
免許は取り消し、新車の自転車も廃車、
ぶつけた車の修理代のこと・・考えると 
<なんとツイてない>とショゲているだろうけれど
・・・・いやいや それより <不幸中の幸い>ということで
喜ぶべきことなのだろう。

車の運転手もびっくりしたことだろう。
突然後ろから 人が車に飛び込んできたのだから。

・・・2日に武蔵野市でコンサートがあるというのに・・
もう少し、歌のことを考えなくては・・・ね。

さて 今日は金曜日なので
夕方6時30分から「ソワレ・ド・ラマンダ。
ゲストは西原啓子さん。
ドリンク付きで2000円。
秋の夕べは 自由が丘でシャンソンを楽しんでくださいね。
[PR]
by lamanda | 2009-10-30 12:33 | Comments(0)

未来の王国

土曜の朝、出かける前に 今日は違うバッグにしようと 思い、
結局、選んだバッグは長い間 使っていなかったものとなった。
バッグの中身を入れ替えていたら
選んだバッグの中から どういうわけか数珠が出て来た。
葬儀に使うようなバッグでもないのに 何でだろう・・・と思いつつ
時間もなかったので 数珠や葬儀用の小物歩入れている引出しにしまうことなく
そのまま テーブルに置いて出かけた。

事務所でメールをチェックしていたら 訃報が届いた。
ノンちゃんが 亡くなった・・・と。

大学のテニスクラブで一緒だった友達。
大学の四年間は 勿論、卒業してからも
ずっとコンタクトを取リ続けていた友達だ。

今、事務所を手伝ってもらっているジュンと
そしてもう一人ヨーコと、ノンちゃん、私の四人は
一緒のクラブでずっと仲良しだった。

偶然にも 四人それぞれの長女はみんなおなし゛年だ。
卒業した後、それぞれ住む場所が遠くなったり
環境が変わったりで 離れたけれど
コンタクトは取り続けてきた。
年に一回は 機会を作って食事をしたりおしゃべりを楽しんだりしていた。
昨年の二月に四人で六本木に美術展を見に行って 食事をした。
それが ノンとの最後になった。

・・・・・

子供たちがまだ一歳くらいの時、
みんな子連れで集まり 赤坂プリンスホテルの写真室で
記念の集合写真を撮った。

子供が二十歳になったら
また同じようにして 写真を撮ろうよ、と約束していたけれど
そのころは みんなそれぞれに離れた所に住んでいて
結局、約束は果たせなかった。

ノンは八年前から 大きな病気と闘い続けてきた。
それにしても・・・突然のことで まだ実感がない。

・・・・・

今日お通夜だった。
桐ケ谷斎場という、とても立派な斎場だった。
エントランスやロビーはまるで高級ホテル。
明るく美しい。
シャンデリアが眩しいくらい。
でもそこにいる人たちは 当然のことだけれど
みんな黒い喪服だ。
びっくりするくらい たくさんの葬儀が同時に執り行われていて
びっくりするくらい たくさんの参列者が
列を作って焼香の順番を待っている。

なぜか メーテルリンクの「青い鳥」の中の「未来の王国」の章を思った。
「時」の番人に促されて「あけぼの」という船に乗って
「生まれにいく」子供たち。
みんなそれぞれ「何か」をもって「生まれに行く」。
まだ「生まれる」ことのできない 未来の子供たちは
出発する子供たちを 見送っている。
いつかくる 自分の旅立ちの日を待ちながら。

参列者は まだ でかけないで
「時」の番人に順番を呼ばれるのを待っている 未来の子供たちのようだ。
桐ケ谷斎場は 「時」に促されて 出かけていく人たちのを見送る参列者でいっぱいだった。
そして 私も そのひとり。
[PR]
by lamanda | 2009-10-27 03:03 | Comments(0)
終わってしまった・・・
とにかく演っていて楽しかった。

お出かけくださった皆様、ありがとうございました。
暖かい雰囲気で聞いてくださって
とても歌いやすい 心地良い空気が会場にみなぎっていた。

メニューはざっとこんな感じ。

第一部)聞かせてよ 愛の言葉を
M1.聞かせてよ 愛の言葉を
M2.ドミノ
M3.桜んぼの実る頃
M4.恋心
M5.サンフランシスコの6枚の枯葉
M6.愛してると言えなくて
M7.美しい恋物語
M8.人生は過ぎゆく
M9.アデュー

第2部) ici~ここで待ってる~
M1.恋は
M2.DANCE
M3.優しくなるわ 
M4.遠い島
M5.心の糸
M6.懐かしき恋人の歌
M7. ici~ここで待ってる~
M8.昨日からの招待状
M9.ノン・ムッシュ 私は20歳じゃない
M10. じっとこうして

E1.広場
E2.涙
E3.恋は

一部はフジワラ君のピアノと向島ゆり子さんのヴァイオリンのみ。
二部からは その二人にさらにパーカッションの根本久子さん、
そしてオクノ君はギターとコーラス、
マユカ嬢はコーラスで参加してもらう。

二部のM2.「DANCE」という曲はオクノ君の書き下ろし新作で
マユカ嬢とオクノ君のデュエット。
ちょっとノスタルジックな感じのする 印象に強く残る曲。

オクノ君の提案で一部は スタンダードを盛り込んだ
ラヴソング中心の構成。
二部はCD「ici」の世界。

ホールコンサートと違って
限りなく日常のライブに近いステージで
かなりテンション高く エキサイトできた。
やっぱりバント゛ですると面白い!!!
終わってしまって なんだかつまらない・・・もっとしたかったなあ・・・
[PR]
by lamanda | 2009-10-23 01:14 | Comments(3)
昨日は銀座の「蛙たち」そして今日は横浜の「デュモン」
そして 明日21日は 銀座・十字屋ホールでのコンサート
「ガス燈通りのコンセール」。

明日のコンサートでお披露目する新曲がある。
オクノ君が書き下ろしてくれた作品で「ici~ここで待ってる」という曲。
三枚目のアルバムと同じタイトルで
オリジナルは三拍子だったけれど
今回は フジワラ君の提案で
四拍子のポサノヴァですることになった。

今日のデュモンに オクノ君がギターを持ってきてくれて
飛び入り参加のライブ。
明日の為の 練習も兼ねてだけれど・・・なかなか楽しいライブでありました。

マユカ嬢とオクノ君のデュエット、
これも新作オリジナル「DANCE」という曲で
なかなかいい感じ。

是非明日はお楽しみにお出かけください。

19:00開演です。
銀座松屋デパート向かいの十字屋ビルの9回。
シャネルのビルだから すぐわかります。
お待ちしています。
[PR]
by lamanda | 2009-10-21 00:10 | Comments(0)

自転車通勤

ここ 連日 自転車通勤。
秋風が気持ちよい。
久しぶりののバレエの 筋肉痛の後遺症がまだ続いているので
ペダルをこぐと若干まだ痛いけれど。

田園調布の住宅街は いろいろなお家が建っていて
アレコレ見ながら 走り抜けて行くと楽しい。

新しい家はみんな へーベルハウスみたいな感じの建物が多い。
そして二世帯住宅も多い。
税金が大変なのだろうなあ・・
でも 時々敷地も広くて注文建築の スゴイお屋敷もある。
掃除が大変だろうなあ・・でもお手伝いさんがするからよいのか・・・
などと考えながら走っていると
あっという間に 自由が丘に着く。

基本的に石原都知事のお家の前を通る。
警備のおまわりさんは 毎日退屈せずにしっかり立って警備していると感心する。

そして新曲の歌詞や フランス語の歌詞を覚えるには
自転車にのりながら・・・というのはなかなか良い。

来週は月曜が 銀座の「蛙たち」、火曜が横浜の「デュモン」
そして水曜は 銀座・十字屋ホールの「ガス燈通りのコンセール」と続く。
風邪をひかないように 気をつけなくては。
[PR]
by lamanda | 2009-10-17 23:17 | Comments(0)
この三日間、自由が丘はスゴイ人出だった。
今までの自由が丘のお祭りで一番の人出だったみたい。
女神祭り最終日の月曜、南口遊歩道でのシャンソンライブではしっかり歌う。
ミノワ嬢と樋口亜由美ちゃん、河津クンに加わってもらって
なかなか楽しいライブ。
ダヴィッドも一回目の昼のステージだけ参加。

a0079087_2323430.jpg

南口遊歩道GAPの階段を利用した屋外ステージ

a0079087_233114.jpg

かわいい アユミちゃんとマユカ嬢のデュエット

a0079087_2363296.jpg

ダヴィッドと一緒



ステージは19時に終わり、
すぐに街中で テントや露店の撤収が始まり
20:30には 何事もなかったかのように
普段の落ち着いた自由が丘に戻っていた。
町内会の人たちの猛烈なパワーと団結力に改めて感服。

三日間 自由が丘の街に
シャンソンを流し続ける事ができて やれやれ・・・というところだけれど
来週の10/21水は 毎秋恒例の
銀座・十字屋ホールでの「ガス燈通りのコンセール」がある。
19:00開演 前売り4,000円。
とにかく お出かけくださいね。

・・・・・・

さあさあ、そして 昨日、急遽 決まった企画。
11/8日 「シャンソン三昧 ライブ」

<昼の部> 13:30開演
池田純子、羽岡仁、深江ゆか、田尻勝久、箕輪真由佳

<夜の部> 18:00開演
かいやま由起、後藤啓子、加藤初枝、ほさか夏子、井上裕規

昼夜ともに バックバンドが豪華。
以下のメンバーか゛集う。
藤原和矢(ピアノ)、店網邦雄(ベース)、横内信也(アコーディオン)
田村洋一(ギター)、松本晴夫(ギター)、梅津謙(ドラムス)、野村和雄(ドラムス)

これだけのメンバーが゜打ち揃ってのライブなのに
料金は昼、夜各ステージ 1ドリンク付きで3,500円。
おまけに 昼・夜両ステージ 聞く方のためには
6,500円で2ドリンク付きという 割引共通チケットまである。

場所は勿論 自由が丘「ラマンダ」。
「銀巴里」みたいなスタイルのステージ。
「銀巴里」で歌っていた歌い手の歌も
「銀巴里」を知らない これからの歌い手の歌も・・・

どうぞ お聴き逃しのないように。
お早めにご予約いただいた方が良いかもしれません。
(photo by Mr.Iwasaki)
[PR]
by lamanda | 2009-10-15 00:29 | Comments(0)

女神祭 前夜祭

10日の土曜から三日間、自由が丘の女神祭。

初日は前夜祭として 若い歌い手たちのステージを企画。
マユカ嬢、樋口亜弓ちゃんと女子は二人。
そして男子は 以前にも自由が丘のお祭りや
ラマンダのライブを手伝ってもらった
田尻勝久クン、小川景司クン、多賀健祐クンの三人。
自由が丘のヌシ、河津クンに司会もかねて参加してもらう。

昼は 横浜教室のレッスンがあるので参加できず。
七時からのステージに参加。

今年はステージの場所が GAPの外階段を利用して作られているので
オープニング「オーシャンゼリゼ」は その階段を利用することに。
一番は私がステージまで降りて歌い、
間奏の間に 二番、三番とメンバーが階段を降りて入れ替わるという感じ。
リハの時間もあまりないので、どこまでできるかな と思ったけれど・・・
観ていた方からは 迫力あって、動きがあってよかったと言ってもらえて一安心。

最後のフィナーレも
私の「愛のメロディー」のサビから みんなに階段上やら
ステージ横やらから参加してもらう。
続けて 全員で「ろくでなし」、再び「オーシャンゼリゼ」を
簡単な動きをつけて 歌って 大喝采。

本日の若手は それぞれに 決して小柄ではないので
狭いステージが迫力満点で、見栄えもよかったみたい。

何しろ 私が、そして ラマンダが この自由が丘に来るきっかけを作ってくれたお祭りなので
大いに盛り上げて ご恩返ししたい気分。
不特定多数の大勢の方に シャンソンを聴いてもらえるなんて
ホント、ありがたい。
おまけに 通りすがりの方たちが とてもしっかり、熱心に聴いてくださる。

若い歌い手の方たちが 
こうしてシャンソンやカンツォーネ好きで歌っているのですよ、というところを 
たくさんの人たちに聞いてもらえる 絶好の機会だ。
これからも 大いに活用していきたい。
そんな場を与えて 自由にステージをつかわせて下さる
自由が丘の商店会の方たちには ただ、ただ感謝。

そして 今日11日は 日野美子さん

明後日は私。
多分 マユカ嬢、亜弓ちゃんにも歌ってもらえる。
この二人のデュエットが とってもキュート。
フランス語の講師をしてもらっているダヴィッドも 
一回目のステージだけだけれど 歌ってもらえそう。
ぜひ お出かけくださいね。
15:00と18:00目指して 自由が丘へ。
[PR]
by lamanda | 2009-10-11 15:23 | Comments(0)

とりいそぎ 札幌報告

実は 札幌に行っていました。
金子さんの追っかけで。
今年で コンサートツアーが最後になるので
今のうちに 沢山ステージを見ておきたい、聞いておきたい・・・
そして 札幌は私の生まれた場所。
両親の若き日のロマンスの街。

マツバ夫人たちと一路札幌へ。
札幌初めてという 人もいたので 早速観光バスで
大倉山やら羊が丘観光。
村上春樹の小説「羊をめぐる冒険」にでてくる
「いるかホテル」があるのが札幌。
本当にこの街のどこかにありそう。

夜は今回の目的、その1、金子由香利コンサート。
ホールのせいか 音響が良くなくて 一部はちょっと興ざめ。
三部ともいえる アンコールはとても良かった。

今回の目的その2。
とある 居酒屋へ。
場所は ヒミツ。
これでもかっ!! というほどの ボタンエビ、ウニ、イクラ、カニ、キンキの煮付けetc・・・


翌日は 今回の目的その3。
旭山動物園。
バスで三時間弱。結構遠い。
比較的 空いていたので かなりゆっくり見れる。
モグモグタイム という 動物の食事時間に合わせて園内をめぐる。
白熊のモグモグタイム・・・ 水中の白熊の美しくて かわいい事!!
オラウータンもアシカも。

夜はキリンのビール園の新館でジンギスカン。
そして札幌「銀巴里」へ。
いまやライフ゛ハウスは東京だけではなく
どこも大変なのね・・・
今までのようなスタイルのライブハウスは、
というよりシャンソニエのスタイルは 
直に 成り立たなくなるのだろうなあ・・・
歌い手にとって 「歌う」ってどういうことなんだろう・・・
などと 少しシミジミしてステージを聴いていました。

東京に戻る日の午前中は
泊っていた 札幌グランドホテルのすぐそばにある
北大の植物園を散策。
ここは野幌の原生林の面影が残っていて 大好きな場所。
人も少ないし、恋人と散歩したら最高の場所かも。
・・・・・・

という盛沢山の札幌行きでありました。
リフレッシュできました。

さあ そして 明日土曜から三日間は自由が丘女神祭。
屋外特設ステージでのシャンソンライブ。
南口遊歩道、GAPのところにステージ。
勿論無料。
雨天の場合は ラマンダ二場所を移して行います。

10/10 土 16:10 / 19:10
田尻勝久、小川景司、樋口亜弓、箕輪真由佳という若手中心のステージ

10/11日  15:50 /19:10
日野美子、河津延樹、箕輪真由佳

10/12月  15:10 /18:10
深江ゆか、河津延樹、箕輪真由佳

是非 お楽しみに。
[PR]
by lamanda | 2009-10-09 17:36 | Comments(0)
<心ひとつにふれあいコンサート2009>無事終了。
19回目、19年続けて来た、ということに 我ながらびっくりする。

主催者の沢さんご夫婦を中心とした リハビリグループの方たちの情熱と、
それを支えてくださった ボランティアの方たち、
そして、応援して聞きに来てくださるお客様の力だ。
このコンサートに 携わっていられるのは 私にとって誇らしくもある。

来年の開催は 10月2日(土)と もう日程は決まっている。
ついに このコンサートの20周年。
来年の手帳を買った方は すぐに印をつけて
予定に入れておいてくださいね。

毎回 同じような構成で マンネリといえば そうとも言えるけれど・・・
マンネリというより <定番>といった趣で
このコンサートの場合は かえって良いのではないかと思う。

ゲストのしますえさん、栗原さんにも協力していただいて
今年は コンサート終了後に
ロビーで 歌い手が募金箱を持って立った。
障害者の方たちのこういった活動を支援して頂くための募金。
お札を入れて下さる方がたくさんいらして びっくりした。

合計金額を聞くのが楽しみ。
聞きにいらしてくださった方たちが
今日のコンサートにどれだけ 満足してくださったかということは
募金の多寡に大いに影響するのだと思うから。

心地良い疲れを 家に持ち帰って 明日の準備。
明日は吉祥寺の シャンソン自主グループのレッスン。
[PR]
by lamanda | 2009-10-04 01:12 | Comments(2)
昼は 久しぶりに元・銀巴里マネージャー松浦さんの
「目で見るシャンソン」の講座。
今日はジャック・ブレル。
膨大な資料を 上手くまとめてお話しして下さる。
ブレルのステージのDVDは
何度見ても 興奮する。
魂が歌を歌わせるのだなあ・・・
それにしても 彼の世界を受け止めて
熱狂する人達の文化って・・・民度がちがうのか・・・

「行かないで」を唄っている彼を見ていると
心がブルブル震える。

「行かないで」を聴いていると
彼の女性に対する不信感が切なくて 
それが 彼に愛の歌を歌わせたエネルギーなのかもしれない
などと アレコレ思いながらの午後でした。

夜はシネ・ラマンダ「巴里のアメリカ人」。
一緒にみたかったけれど 明日のコンサートの準備と
明後日までに用意すると約束した資料を作らなくてはならないので
諦める。

明日は「心ひとつにふれあいコンサート」
今年でもう19年。
小田急線「新百合が丘」駅すぐの 麻生文化ホールで15:00開演。
2,900円。
障害者手帳をお持ちの方は無料になります。
ゲストはしますえよしおさんと栗原道子さん。

一部と二部の間に、会場の方たちと御一緒に学ぶ
手話コーラスも 指導の先生のお話が巧みで
なかなか楽しいですよ。

今日のブレルのDVDで ジュリエット・グレコが
<初めて彼の歌を聞いた時とても感動した。
でも彼の歌は彼が歌ってこそ・・・私は歌わない。
でも一曲だけ別。>と話していた曲、偶然にも明日 歌います。
邦題は「OK悪魔」という曲。
久しく歌っていないけれど・・・是非聴いてくださいね。
[PR]
by lamanda | 2009-10-02 19:26 | Comments(0)

シャンソン


by lamanda