涙のシャンソン日記

lamanda.exblog.jp

シャンソン

<   2010年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ラマンダ・シャンソン・セレクション vol.1
「何かお探しですか?」 
ラ・リエゾンのファーストコンサート、
無事終了。
補助席出して 内幸町ホールいっぱいのお客様。

先ずはダヴィッドのフランス語と日本語のアナウンス、
そしてオープニングは この日のためにオクノ君が書いたオリジナル
「ラ・リエゾン」 五人のコーラス。

そのまま曲つなぎで テーマでもある
「何かお探しですか?」
これはモンタンの曲で「青春の決算」というタイトルで歌われている。
全てシャンソンの唄のタイトルをつなぎ合わせて 歌詞にした。

ほとんどの曲が 五人のうちの誰かがコーラスを入れたり
デュエットしたり・・

アンコールは 自由が丘のマリクレール通りを歌たった
これまた オリジナル「再会記念日~マリクレールで恋して~」。

あっという間の二時間。


今回、オクノ君がとても力を入れてくれて
オリジナル曲を書き下ろしてくれたり
訳詞を書き直してくれたり、
構成考えてくれたり・・・

我らがマユカ嬢にとっては 発表会を除いて初めての舞台。
自分の唄だけではなく
コーラスも沢山。
一部はほとんど出ずっぱり。
おまけに コンサート準備の雑用も 
この三カ月ほどの間 どさっと引き受けての参加。
さぞかし 疲れたことと思う。
でも 立派にやり遂げてくれた。

他のメンバーも それぞれとても努力してくれた。
精一杯の力で臨んでくれた。

五人のメンバーが 私たち(フジワラ君、オクノ君、マツウラさん、私・・・)のことを信じて 
参加し、作り上げてくれたことが何より嬉しい。

フジワラ君のお嬢さんのアキちゃんもキーボードで参加。
昔マリンバ・ポニーズのメンバーで 
大きな舞台は 沢山経験しているけれど
今回のようなコンサートは初めてのはず。
しっかり バンドのアイドルになっていた。
これから 楽しみ。

リハーサルの時は皆ガチガチで 心配したけれど
リハをやっている間に
だんだんほぐれて オープニングの時は
バッチリ五人の練習の成果を出せたと思う。

それぞれの曲に関して 細かい反省点は多々あるけれど
何より 五人が結束固く、
ともに力を合わせて それぞれを思いやりながら
一つのコンサートを作り上げたことがブラボーだった。

今回がスタート。
しばらく このラ・リエゾンをサポートしていこうと思う。
勿論 私自身も頑張って 磨いていかないとね。

自分が舞台で歌うのとは また違う種類の疲れ。
でも とても満たされた気持ちです。

a0079087_2352672.jpg

オープニング

a0079087_23631100.jpg

フィナーレ
[PR]
by lamanda | 2010-04-28 02:36 | Comments(0)

いよいよ明日

久しぶりの休日。
とはいえ レッスンやライブがない、というだけで
結局は しなくてはならないことが山積みで
午後から オフィスへ。

明日のコンサートの準備。
いよいよ・・・う~ん・・・楽しNみ!!!
自分がステージに立つわけではないけれど
ワクワクする。

言ってみれば 私にとっての初プロデュース。
オクノ君やマツウラさん、フジワラ君の大いなるサポートがあって
実現させることができた。
彼等には 感謝しかない。
そして ラ・リエゾンの五人のメンバーの努力!!!

とにかく楽しみにして お出かけください。

・・・・・
愛猫ズズは ますます大甘えネコとなり
うるさいくらいだ。

ネコというよりイヌだ。
とにかく 家にいる間は ずっと私にくっついてくる。
家の中、どこに行っても ついてくる。
そして とてもおしゃべり。
ミューミュー、グルグル・・・ひっきりなしにしゃべっている。
さらに 大食い。

私の肩に顔を乗せて寝る。
グルグル・・・ずっと喉を鳴らしている。

朝は 私の胸に乗ったり 顔をなめたり・・・ホントにイヌみたいだ。

今も私の膝の上でグルグル言っている。
もう・・・とっても可愛いの。
[PR]
by lamanda | 2010-04-26 02:34 | Comments(0)

ラ・リエゾン

病院に行って母の薬をもらい 施設に届ける。
ここのところ 事務所の引越しやら 片づけやら
サロンのオープンのことやらで 
母のことをあまりかまってあげられないでいる。
今度の日曜は 少し時間が取れるので 
甘いものでも持っていこう。

今日は ラマンダで ラ・リエゾンのライブ。
来週の月曜26日の内幸町ホールでのコンサートを控えた
最後のライブ。
練習を積み重ねて来たことが きちんと出ている。
良いものを作るためには とにかく 練習しかないのだ。

スポーツ選手が 成績や記録を更新させるために
練習を積み重ねるのと 同じだ。
ただ 闇雲な練習はロスが多い。
でも しないよりはいい。
練習は不可能を可能にしてくれる。

ラ・リエゾン・・・本番が楽しみ。


お陰さまでチケットは完売。
何人もの方の購入申し込みをお断りしているという 
嬉しいような もったいないような状況。
とはいえ キャパ188名の 小さいホール。
いつか もっと大きなところで 出来るように成長してくれたら、・・・と思う。

二階のサロンは 六月からライブを入れていこうと考えている。
上質な空間で 上等な時間を過ごせるようにしたい。
商売ベースで考えたら 難しいかもしれないけれど
続けられるだけやってみたいと思う。
それぐらいの楽しみが あってもいいよね。
それくらいのご褒美が あってもいいよね。
と 一人で納得するのです。
[PR]
by lamanda | 2010-04-22 23:12 | Comments(4)

・・・

一週間の過ぎる、ナント早いこと。

昨日はソワレ・ド・ラマンダでゲストは香川有美さん。
終わって 二階のサロンで 軽く打ち上げ。
サロンには シネマも楽しめるようにと
プロジェクターも付けた。

そうだ そうだ とフジワラ君が
昔の銀巴里の映像を探してきて 映してくれた。

ある日の銀巴里のステージ。
伊東はじめさん、宇野ゆう子さん、香川有美さん
そして 高橋久美子時代のクミコのステージ。
みんな若い。

そして 銀巴里 閉店の最後の美輪さんのステージ。
私がバンドの楽屋から ビデオで撮ったもの。

そして 最後の銀座アスターでのお別れ会。
今は亡き、村上進さん、工藤勉さん、小海智子さん、高野圭吾さん、坂本真里沙さん・・・
みんな 元気に酔っぱらったり、ふざけたりしている。
松浦さんもフジワラ君も 私も みんな びっくりするくらい若い。

歌い手みんなに 見せてあげたいなあ・・・
いずれ そんな機会も来るだろう。
来てほしい と思う。

四月と五月にまずは 私がサロンでライブをしてみることにした。
4/29木 祭日の夜 は懐石膳とお飲み物付きの ライブ。
17:30開場で18:00食事スタート、19:00ステージ。 15,000円

5/7金 昼のライブ。お菓子と飲み物付き。
14:00開場、14:30 ステージ 6,300円

お席が限られているので お早めにご予約下さいね。
03-3724-9959 又は lamanda@chanson.to
ラマンダまで。

明日は 日曜だけれど 吉祥寺のレッスン。
ベルフォーレは 発表会も近いので 明日は通しのリハーサル。
がんばりましょう。

自然に 目がさめるまで 寝てみたい・・・
[PR]
by lamanda | 2010-04-18 00:25 | Comments(0)

サロン ラマンダ 

12日の月曜には 二階のサロンのお披露目。

16名ずつ二階のサロンに入って
じっくり サロンを見て頂いた。
そして オクノ君、マユカ嬢たちと 一曲ずつ歌ったので
皆さんに サロンの音の良さも 感じていただけたかと思う。
最後は 「再会記念日~マリ・クレールで恋して~」という
自由が丘の街を歌った オクノ君のオリジナルを
三人で歌った。

待っている方や 二階を見終わった方たちには
一階のスタジオでは マツバ夫人の「泉仙」からの
ケータリングでくつろいで頂いた。

あいにくの雨だったけれど
ラマンダの前の桜の木も
花を散らさないよう 踏ん張ってくれたので
二階の窓越しに 春の名残を楽しんで頂けたかと思う。

まだ 片づけは続く。
今日も 自由が丘・夜クラスの発表会の最中に
冷蔵庫が届いた。

マツウラさんは サロンの音関係の配線やらの全てを
調整を 連日夜遅くまでかかってやって下さった。
今日は プロジェクターをしっかり天井に取り付けた。
今度からは シネ・ラマンダを二階で開催する予定。
お楽しみに。

・・・でも さすがに 身体の方は グッタリしてきた。
キュ―ピー・コーワ・ゴールドに助けられて
どうにか 今回の移転もあらかた 乗り越えられそう。

・・・・・・


明後日は 名古屋の「ジュネス」で久しぶりに歌います。
名古屋方面の方、是非 いらしてくださいね。
[PR]
by lamanda | 2010-04-14 00:15 | Comments(0)

花吹雪

元気で丈夫がとりえの私も
さすがに グッタリ。

この一週間、毎日3時過ぎまで
引越しの片付。

片づけても 片づけても きりがない
でも どうにかそれぞれのものが
あるべきところに収まってきた。

というわけで 片付もとりあえず一区切り。
明日は内輪のお披露目会。


それにしても サロンは最高。
特に夜は  ガラス窓前面に
ライトアップした桜が浮かびあがって
この世のものと思われない位美しい。
今日は 「花吹雪」「桜吹雪」という
美しい言葉そのままの景色に 思わず見入ってしまった。

いくら説明しても この居心地の良さは伝えられない。
来ていただくしかない。

そして 今日は4/26内幸町ホールでの 
ラ・リエゾンのコンサート「何かお探しですか?」の
最後の通しリハーサル。
バンドも勢ぞろい。
フジワラ君のお嬢さんのアキちゃんもシンセで参加することになり
バックの音の幅も グンと広がった。

本番を前にして手前味噌だけれど
絶対 聴き逃したら損をするコンサートだ。
こんなコンサート 多分今までなかったと思う。
残席 後少しです。
[PR]
by lamanda | 2010-04-12 02:15 | Comments(0)

複合機来る

事務所の片付を レッスンの合間に少しずつしている。
CDや楽譜もバッチリ整理できて いい感じ。

今日は プリンター・ファックスの複合機のセッティングが
やっと完了。

学生時代に アルバイトで 展示会のナレーターをしていた。
いわゆる イベントコンパニオンだ。
今なら幕張辺りでやっているみたいな大きな展示会を
以前は晴海でやっていた。
「物流展」とか「デンタル ショー」とか色々な展示会の仕事をした。

各社のブースには 
それぞれおそろいの 制服を着たコンパニオンがいて
デモンストレーションをしたり 解説をしたりする。
私はナレーターの仕事がほとんどで
ふと思えば そのころから マイクを持つ仕事をしていたのだなあ。

女子大生にとっては
なかなか身入りの良いアルバイトだった。

毎年五月ごろには「ビジネスショー」というのがあって
その展示会ではコピー機の 解説をよくやっていた。

学生のころ、コピーはまだとても高くて
試験の前で よっぽどのことがない限り
人のノートをコピーすることなどしなかった。
多分 一枚30円位していたので
学生には 大きな出費だった。

コンパニオンをしている時は
展示会の最中、暇なときに 
展示している最新鋭の機械を使って
沢山コピーさせてもらって 助かった。
参考書 丸々一冊コピーさせてもらったこともある。

その頃のコピー機に比べたら
今の複合機は とんでもない進化を遂げている。

この機械が入ったので
教室の教材作りも 効率よくできるようになる。
嬉しい。

昔は コピーの譜面はミュージシャンに失礼で
出せなかった。
コピー譜面でも 厚紙でないと 
受け取ってくれないミュージシャンもいた。
今は ごく当たり前。

時代は変わったのだ。
以前は 譜面は 大切に大切に扱った。
今はコピーで簡単に資料の譜面を手に入れられる。
そのせいか 生徒さんの中には
譜面を粗末に扱う人がたまにいる。

ハンドバックに四つ折りにして入れていたり
くしゃくしゃだったり。
しょっちゅう 譜面を失くす人もいる。

そんなことしていると
今に 音楽の神様のバチがあたりますよ、
と言いたくなる。

・・・・

さて 明日木曜はひさしぶりのライブ。
四谷三丁目の「ウナ・カンツォーネ」です。
お待ちしています。
お時間作って お出かけくださいね。
[PR]
by lamanda | 2010-04-08 02:29 | Comments(0)

とりあえず近況

事務所の引越しに際して
電話やPCの移設が思いのほか大変。
光だとかフレッツだとか 
改めて 考えると何が何だか分からなくなる。
結局 サーバーを変えたりで
とても手間取ってしまった。

というわけで ブログどころではなく
ますます慌ただしい日々。

でも大方の工事は終え
今週中には 形が付きそう。
来週の月曜12日には とりあえずのお披露目をする予定。
それまでに引越し荷物の片付けもしなくてはならない。

でも サロンからの桜の見事なこと。
来年はお花見パーティーが出来そう。
[PR]
by lamanda | 2010-04-06 03:20 | Comments(0)

シャンソン


by lamanda