シャンソン

by lamanda

<   2010年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ミラボー橋

禍福は糾える縄の如し
良いことと 悪いことは
まるで 綯っている縄のように 順番にやってくる という諺を 
事あるごとに思い出す。
真理と思う。

今日は13:30から 19:00 近くまで「パリ祭」のリハーサル。
歌の練習、そして 今日から始まった振り付け。
私にとっては とても心の重たくなるリハーサル。


特にコーラスは・・
今年も何曲かコーラスがある。
私はアルトなので 下の方の、つまり メロディーではないパートを受け持つ。
イヤだなあ・・・と憂鬱になる。
でもしなくてはならない。

ところが 今日は 同じパートを歌う山本理恵子嬢が
隣に座ってくださったせいか
なんだか 思いの外 難なく、問題なく
自分なりにできて 思わずヤッホーの気分。

山本理恵子嬢は 音大出で 譜面はバッチリ読める。
どんなパートでもOKという方。
うらやましい・・・
そんな彼女が隣にいてくださったお陰とは思うけれど
今までの私には画期的な位
楽譜が読めて 自分でもびっくり。

・・・・
でもね いいことは続かない。

母のお世話になっている施設から電話が。
母が部屋で転倒して倒れていた という。
痛みか゛ひどいので動かせない。
痛がりようから察すると「入院 」となるかもしれない。
かかりつけの大学病院と 民間の病院に問い合わせたけれど
断られた。

近隣の他の大病院で
受け入れをOKしてくれたところがあるけれど
個室しかない。

差額ベッド代のことと
なおかつ 運搬手段として 救急車を頼んでよいか・・・という。

結局は 老人に多い 大腿骨の骨折だった。
とりあえずは 救急外来て゜処置をしてもらい
明日 専門の先生に診ていただいて 
手術の日を決めることとなった。

このところ 母の調子は悪くはなかった。
安心していたのに・・・

多分一カ月以上の入院になる。
「パリ祭」もあるのに・・・
かなり気持ちはめげた。
でも 起きてしまったことは仕方がない。
私にできるだけのことは
頑張ります。
G.アポリネールは「ミラボー橋」で詠っている
「悩みの後には 楽しみが来るという」と。
[PR]
by lamanda | 2010-05-31 02:51 | Comments(0)

合同発表会

毎年 この季節に開催している
全クラス対象の合同発表会。
バンドで歌う楽しさとホールで歌う興奮を経験してもらいたくて
受講期間の長短等は一切関係ナシに
希望者を募って 行ってきた。

今までは 鎌倉駅前の生涯学習センターホールを20年近く使用してきた。
そのホールもかなり古くなってきたし
利便性の問題もあって
今年から思い切って 都立大にある
目黒パーシモンホールに変えることにした。

7:30 起床
ミルクだけ飲んで 自由が丘へ。

9:30 みんなでタクシーでホールへ。
ところが乗った タクシーに行き先を告げたらわからないという。
公共のホールなのに・・・

板橋辺りのタクシーに乗ってしまったのかと思いたずねたら
世田谷のタクシーという。
・・・?
目黒区と世田谷区は隣同士。
ラマンダは目黒区だけれど
ラマンダの前の遊歩道を越えるともう向かいは世田谷区。

試しに「昔の都立大跡に 建ったホールだけど」といってもわからない。
・・・・全く もう。

10:30 楽屋弁当。

11:15~ リハーサル
15:00 開演
17:30 終演

こじんまりとしていて 良いホール。
楽屋が 少し狭いけれど 新しいホールなので気持か゛良い。
また 使わせてもらおう・・・という気持ちになる。

18:00 みんなで打ち上げ。
楽しい打ち上げが出来るかどうか・・・これに尽きるかも。

こうして 五月も終わっていく。
[PR]
by lamanda | 2010-05-25 23:18 | Comments(0)

マリクレール祭り

今年も マリクレール祭りが始まった。
毎年五月の半ば、あるいは最後の金、土、日には
南口を中心とした 自由が丘の街の大きなお祭りがある。

南口遊歩道の屋外特設ステージで
一日二回、一時間ほどのシャンソンのステージを
三日間 毎日する。

ここ数年、シャンソンのステージは ラマンダに任されている。
今年は 金曜の前夜祭が ラ・リエゾンの五人、

土は 宇野ゆう子さん と ラ・リエゾンの多賀クンとマユカ嬢。
他の三人は「パリ祭」のリハーサルなので欠席。

そして明日は 私とラ・リエゾン。

今年はラ・リエゾンの「再会記念日~マリクレールで恋をして~」を
町中の人たちに聞いてもらうのが 一番の目標。
でも 今日は 宇野ゆう子さんの「サザエさん」のテーマのほうが勝っていた。
あのテーマソングは まさに国民的な歌なのだなあ、
と改めて深くうなづいてしまった。
明日は「再会記念日~マリクレールで恋をして~」頑張りましょう。

・・・
昨日、一昨日とお天気も良くて
南口の遊歩道は 並木の緑も清々しくて 最高。

でも 明日は雲行きが怪しそう。
雨天の場合は 場所をラマンダのスタジオに移して
ライブを行う。
勿論 無料。
15:00と18:00の二回ステージ。

このマリクレール祭りがきっかけで
自由が丘に来るようになり、現在に至っている。
「再会記念日~マリクレールで恋をして~」の歌詞にあるように
自由が丘には 愛の女神が住んでいるのかも知れない・・・と ふと思う。

・・・食事は 昨日、一昨日と お祭りの屋台食。
焼きそばやら 焼き鳥、フライドポテト・・・ダイエット どうするの・・
[PR]
by lamanda | 2010-05-23 04:49 | Comments(0)
9:30 起床

10:30 昨日生徒さんにいただいた スナックエンドウの塩ゆで、ゆで卵。

母のところにより お菓子を届ける。
昨日の続きで 郵便局に立ち寄ってから自由が丘へ。

12:15 個人レッスン 二人

14:30 お惣菜屋さんのおかず四種。
とりひき肉の揚げ包み、エビとアボガドのサラダ、小松菜の和え物、グリーンカレー。

事務所の冷蔵庫を開けたら「小川軒」のレーズンウイッチが。
誘惑に負けて 一個食べてしまう。
・・・やっぱりおいしい。

15:00 中級Aクラス。
先月した「アムール それは」をまとめ、「すずらん祭り」をする。
モンタンだけれど 原曲の資料がない。
パリで買ってきた モンタンの四枚組のCDにも入っていなかった。
映画の主題歌だった曲だ。
原曲をきいてみたいものだ。

打ち合わせ二件。

18:00から二階のサロンはオープンしている。
ライブの時以外は サロンの会員専用。
お付き合いで生ビールを小さいグラスに一杯。

今日は 会員のお一人が 
ルーマニアのソプラノ歌手のアンジェラ・ゲオルギューの
CDとDVDを持っていらしたので
サロンの大きなスクリーンで観る。
プッチーニを歌った映像。

クラッシックの歌手のことはほとんど知らない。
曲も有名な曲のさわりくらいしか知らない。
でも 素晴らしい歌唱に 思わず息をつめて 聞いてしまった。

声も姿の美しい歌い手だ。
人間の声って 凄いなあ、と改めて思う。
あんな風に 自在に声をコントロール出来たら・・・とため息が出る。

21:00 キリイカのもんじゃ焼き、きのこ炒め、ウーロンハイ一杯。

そろそろ 休みます。
[PR]
by lamanda | 2010-05-20 04:16 | Comments(0)

いよいよ

「いよいよ パリ祭」のリハーサルが始まった。
いよいよ 夏が近づいてくる。
いい加減 ダイエットせねば・・・
というわけで また 食事を書き出すことにする。

10:00 起床
11:00 キャベツときのこの炒め物、イカのピリ辛揚げ、しゃけフレーク、ご飯。

郵便局へ母の簡易保険のことで出向く。
散々待たされたのに、書類が足りない とわかり、結局用を足せず。
また改めて 出直さなくてはならない。

13:30 「デュモン」で個人レッスンと勉強会。
生徒さん手作りの大学芋 4つほど。

18:00「北京飯店」で エビ焼きそば。

19:30 「デュモン」
大学のテニス同好会の先輩が クラブの仲間やお知り合いを連れて
9名で来てくださる。
お陰さまで 今日は満席。

昔の仲間は気心知れているので 楽しい。

私は不真面目部員で 合宿は春も夏も全部参加したけれど
普段の練習は ほとんど出たことがない。
だから四年間で ラケット1本、テニスシューズ1足、
スコート二枚、ワンピース1枚で 終わらせてしまった。
ほとんどテニスをやっていないに等しい。

でもクラブの仲間は楽しかった。
クラブに入ったいたから 大学の四年間、
実にハッピーに過ごすことか゛出来た。
みんなと 話していると まさに「帰り来ぬ青春」。

別れがたく、終わって皆で 「491」へ。
小さい生ビール1杯。ピザ1切れ。

家に帰って ミルク1杯。

喉は痰が絡むし、咳は出るし・・・だけれど
どうにか 昨日の「蛙たち」、今日の「デュモン」とクリアできたので一安心。
あとは 日曜の マリクレール祭り。
おっと その前に「パリ祭」のリハーサルもある。
・・・五月も終わってしまう。

そして そろそろ寝ます。
[PR]
by lamanda | 2010-05-19 04:04 | Comments(0)
喉はどうにか だましだまし・・
最悪の状況は避けられそう。
天津感冒片という漢方が効いたみたい。
漢方薬の抗生剤のようなものだと
漢方薬局の人が言っていた。

でも 今度は完璧に風邪の症状。
くしゃみ、咳、鼻水。
もうこうなったら 
つらい時に症状を抑えることはできても
薬で治せるものではない。

来週は月曜日が 銀座「蛙たち」、
火曜日は横浜「デュモン」
そして金曜からは自由が丘の町のお祭り
マリクレール祭り。
どうにか 乗り切れますように。

マリクレール祭りの三日間
ラ・リエゾンのオリジナル「再会記念日~マリ・クレールで恋をして」を
街に流してもらえることになった。

自由が丘南口を歌った オクノ君の作品。
とてもさわやかでオシャレで メロディーも覚えやすくて とても良い。
ラ・リエゾンの声が 町中に流れるなんて
考えただけでも ワクワクする。

・・・・・
その南口 遊歩道も連休が終わって
少し静かになった。

今日は ラマンダで名古屋の方の野原百合子さんという方のコンサート。
去年に続き 今年もラマンダでコンサートをしてくださった。
70席の椅子が足りなくなるほどの盛況。

こうして地方の方が
ラマンダでコンサートをしてくださるのは嬉しいことだ。
多分ちょうどよい大きさと思う。
そして 何より 自由が丘の街の雰囲気が
コンサートの前後の 高揚感や幸福感に相応しい
暖かくて良質なモノがあるからではないかと思う。

さてさて・・・明日は5/25に目黒パーシモンホールで開催する
生徒さん達の合同発表会のバンドリハーサル。
そして いよいよ「パリ祭」のリハーサルも始まる。
どちらも がんばって 乗り切ります。
[PR]
by lamanda | 2010-05-16 00:31 | Comments(0)

今週~来週

今までの人生の中で
今が 一番てんこ盛り状態かもしれない。
私の周りでは
一日の単位が薄れて 一週間の単位で
物事が進行しているみたい。

シャンソン愛好家の「交流会」が終わったと思ったら
もう三日も 四日も過ぎてしまった。
金沢、名古屋、広島、そして東京のアマチュアの方たちの交流ライブ。
みんな よく勉強しているので 驚いた。
ドレスもスゴイ。
来年もぜひ 続けてやりたい。
来年は 多分九州のほうの方たちも参加してくださる。
・・・
ラマンダの70席のスペースでは
少し手狭になるかも・・・
いやいや それくらいになって くれたら嬉しい。

結膜炎が治った と思ったら
日曜から 喉が痛い。
かなり アヤウイ。
明日・・・というか今日は「ウナ・カンツォーネ」。
もつかなあ・・・と心配。

来週は 月曜「蛙たち」、火曜「デュモン」とライブが続き
金曜から日曜まで 自由が丘のお祭り「マリクレール祭り」だ。
私が歌うのは日曜だけれど
そこまで なんとか喉を持たせなくては・・・
頑張ります。
[PR]
by lamanda | 2010-05-13 04:56 | Comments(0)

ティーライブ

昼は二階のサロンで ティーライブ。
ケーキとお飲物付き。

ケーキは自由が丘で一番の人気店「モンサンクレール」のもの。
駅からかなり離れて 目黒通りに近いところにあるけれど
いつも行列か゛出来ている。
配達をしてくれないので
マユカ嬢が頑張って自由が丘の坂道を歩いて
買いに行ってくれた。
実においしい。
そしてコーヒーはいつものラマンダコーヒーだけれど
紅茶はダロワイユの季節限定「パリの春」というタイトルのついたもの。

サロンの雰囲気に合わせて
セレクトしたものをこれからも用意していこうと思う。

前回の懐石ディナー同様 約一時間のステージ。

お客様も17名限定なので
皆さん近しく 実にお客様同士も和やかに
過ごしていただける。

歌う方もリラックスして
なかなか気持ちよく歌える。

このティーライブ、これからも続けていきたい。
次回はどんなケーキとお茶になるでしょう・・・
お楽しみに。

そして夜は いつものように
一階のスタジオで ソワレ・ド・ラマンダ。
ゲストは花木さち子さん。
さすがのディーパぶりで お客様を魅了してくれる。

終わって二階のサロンで お客様も交えての打ち上げ。
カウンターのナカヤマ君が腕をふるった料理の数々。
ツイ食べ過ぎてしまう。

4/26の内幸町ホールのDVDがとりあえず出来上がってきたので
皆で アレコレ言いながら観る。
これから編集して 出来上がったものは一般販売する予定。
会場にいらっしゃれなかった方、
是非 お求めくださいね。

と 一日中 ラマンダでライブができるなんて・・・シアワセ。
一階と二階、試行錯誤しながら
それぞれ趣の異なったスタイルでやっていきたい。
・・・
なんて アレコレ考えていたら こんな時間。
少しでも寝なくては・・・明日・・・というか 今日もたなくなっちゃう。
おやすみなさい。
[PR]
by lamanda | 2010-05-08 05:56 | Comments(0)

黒い鷲

ゴールデンウィークも終わりに近付いているらしい。
祭日とか日曜とかに ほとんどかかわりのない生活を
長い間続けてきている。

11連休の方もいるらしい。
急にそんな休みが与えられたら・・・
戸惑うと思う。
多分 海外に行く。
・・・あるいは 毎日ラマンダの二階のサロンで
本を読んだり映画を観たり・・・かな。

朝早く 間違い電話で起こされて
後 二度寝をしたら夢を見た。

肩に 黒い鷲をとまらせて 歩いている。
大きな鷲だった。
二本の脚が
がっしりと 私の肩をつかんでいる。
猛禽類の脚って凄いなあ・・でも爪が食い込んで痛い。
おまけに鷲が大きいので
肩にずっしりと重みがかかっている。
・・・
ズズか゜私の肩に持たれて寝ていたので
そのために重たいと感じたらしい。

でも大きくて立派な黒い鷲だった。

昔々、バルバラのコンサートで初めて「黒い鷲」を聞いた時の衝撃。
あのコンサートのことは 今でも折に触れ 思い出す。
夢の渦に巻き込まれたみたいだった。

今「黒い鷲」を歌う時、あの時の
「めくるめく」という形容がぴったりの
一種のエクスタシーを感じる時がたまにある。
・・・そういえば しばらく歌っていないな。
[PR]
by lamanda | 2010-05-07 00:05 | Comments(0)

・・・・・・

目が覚めるまで眠ることができた。

9:30に一度目が覚めた。
でも 今日は寝ていていいのよ と自分に言い聞かせ
二度寝。
次に目が覚めたのは 13:30。

沢山寝ると夢をみるのだな。
いや、沢山寝ると 見た夢を覚えている、のかもしれない。

なぜかマンションの四階に住んでいる私。
ズズが そのマンションの四階のベランダから
黄色い座布団を咥えて 飛び降りた。
家から出ことのない ズズ。
四階の高さの判断もつかずに飛び降りた。
ああ だめかも・・・とベランダの手すりから乗り出して
地上をみる私。
地面に打ち付けられたズズ。
でも ふっと起き上がって 走っていく。
ヨカッタ。
でも連れ返さないと・・・と思っていいる私。
という 夢でした。

母のところへ好物の甘いものを沢山持っていく。
一週間、行けなかったなことを詫びると
「あなたも大変なのだから 私のことは気にしないで」と言ってくれる。
ママ ありがとう・・・

事務所に行って 一仕事。
て゜も 眼鏡を忘れたので はかどらない。
 
たまにはこんな日もあっていいか・・・
[PR]
by lamanda | 2010-05-04 02:03 | Comments(0)