シャンソン

by lamanda

<   2011年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

報告

「忙しい」という事を口に出して言いたくないけれど
流石にこの一週間は「忙しかった」。

12/13火 中級Dクラス発表会。
グループレッスンの良さが凝縮されたステージ。
終わって二階のサロンで打ち上げ。
その間 一階のスタジオで 日野美子さん達が出演されている
クリスマスコンサートがあり、様子を見ながら
上行ったり、下行ったり。

翌日から家を留守にするので
ナナをタノイ嬢に預ける。
そしてもう一匹・・・・実は居るのです。
ココちゃんをまりに預ける。

a0079087_1554595.jpg


a0079087_1561389.jpg


12/14水 町田のカルチャー。
そのまま新横浜から大阪へ。
前ノリ。
一緒に前ノリして下さった
キヨミさんと キタバヤシ夫人のお二人と合流して
久しぶりに「美々卯」のうどんすき。

その後「季刊シャンソン」二月号の特集記事の取材のために
お二人を誘って 大阪のシャンソニエ二軒を訪れる。
心斎橋の「コンテ・ローザ」と
出口美保さんのみせ「ジルベール・ベコー」
ピアニストの釈恵一さんに少し
大阪のライブハウス事情を聞く。
プロの歌をきちんと聞かせる処が意外とないみたい。

12/15木
ランチショーのために
11:00入りで大阪帝国ホテル。
東京からもマツバ夫人やマシマ夫人達、何人かが
応援に来てくれて嬉しい。

関西の歌い手の方達と一緒のステージ。
終わって 出演者の方たちとの食事会。

17:00に心斎橋の「アート・クラブ」で
ラリエゾンのメンバート合流。
ラリエゾン 大阪初ライブ。
70人位お客様来て下さって大盛況。
ヨカッタ。

終わって タコやき屋で大打ち上げ。

さらにその後、第二ビル向かいの
合田礼さんの店「マザー」へ。

12/16金 午前中の新幹線で戻る。
家に一度帰って 留守番していた愛猫ズズの
エサや水、トイレの始末をしてから ラマンダへ。

13:30からの個人レッスン一人と
15:00からの中級Bクラス。
16:30から 「季刊シャンソン」の
フランス語のコーナーのためのダビドの録音に立ちあう。

12/17土
12:30からの カルチャー生勉強会
15:00からの月例会
いつもは一階のスタジオでするけれど
この日は嵯峨美子さんの教室のクリスマス会で
スタジオを使って下さったので レッスンは二階で。

夜は保坂なつ子さんのライブ。
スペシャルでヴァイオリン、ギターのはいったカルテットなので
一階に会場を変更。
エキサイティングなライブだった。
終わってそのまま一階で打ち上げ。

まり引越しがあるので まりがトイプードルのノアを連れて
泊まりに来る。


12/18日
朝からまりの引っ越しでドタバタ。
尚且つ ノアを預かる。
犬3匹、猫1匹。
動物園状態。

15:00入りで 千葉の八千代台へ。
八千代台三田会のクリスマスパーティーの仕事。
同窓の先輩達が楽しくて 良いひと時。

夜は犬3匹、猫1匹全員私のベッドに集合。
布団の中、顔の横、胸の上・・・と
みんな勝手なところで寝ている。
幸せなひと時。

12/19月
12:00 大船カルチャー。
翌日から名古屋なので、また動物たちを
タノイ嬢とまりに預ける。

17:00にホテルオークラ集合で
毎年恒例 ピーターのクリスマス・ディナー・ショー。
今年は大澄賢也がゲスト。
ダンスは流石。
終わってオーキッドパーで
舞台終わったピアニストのメケちゃんと合流。

12/20火
11:30からのリハーサルに間に合うように
家を出て名古屋へ。
名古屋の「ジュネス」主催のコンサート。
宇野ゆう子さん、渡辺歌子さんと一緒
三人のステージ゛。
6曲ずつ歌う。
音響に義煎さんが来てくれていたので
安心して歌えた。
何の仕掛けもないシンプルなコンサートだったけれど
なかなか楽しかった。

リハーサルもすぐ終わってしまったので
開演の18:30まで
とても時間がたっぷりあり、
みんなで楽屋で楽しくおしゃべり。

持って行ったcdも全部売れて
足りない位で ありがたい事でした。

12/21水
13:30からの個人レッスンに間に合うように
新幹線で名古屋から戻る。
駅できしめんを朝食代わりに。
一度家によって 夜のライブの支度をしてラマンダへ。

15:00からの中級Aクラス終わってから
上野へ。
少し時間があったので とんかつ屋でひれかつ食べてから
上野の「キQui」へ。

そして さきほどラマンダに戻ってきたら
預けていた ナナとココがいて・・・う~ん。可愛い。
これから連れて帰ります。

明日は13:00スタートで
お教室のクリスマス会。

というわけで 目いっぱいでした。
[PR]
by lamanda | 2011-12-22 01:39 | Comments(2)
8:30起床

9:30 ブロッコリー、アボガド、りんご
    チーズ、フランスパン、オリーブオイル、紅茶

母のいる施設からの留守電があるとドキッとする。
今度はウィルス性の結膜炎だと言う。
外部との接触はほとんどないのに
どうやって うつったのか・・不思議。

12:15から個人レッスン六人。
途中、生徒さん差し入れのシュウマイ弁当。

大学のテニスクラブの先輩がお二人
訪ねて来て下さる。
嬉しく楽しい ひと時。

お話ししているうちに だんだんと
学生時代のお顔と重なってくる。

14日から前ノリで大阪に行くので
アレコレ 準備が・・・

もう帰ります。
[PR]
by lamanda | 2011-12-13 02:21 | Comments(2)

・・・・

8:00 起床

9:00 フォションのサンドイッチとりんご、紅茶

ナナの薬をもらいに奥沢動物病院へ。
利尿剤と降圧剤二週間分で 4,200円。

ラマンダのとなりの空き地のフリーマーケットで
犬の服も売っていてつい買ってしまう。
二着、色違いで 4,200円。

わあ ナナのために半日でこんなに使ってしまった。
あとは節約、節約。

11:00から個人レッスン、
その後横浜のカルチャーへ。
「五月のパリが好き」

横浜だからなあ・・と思い﨑陽軒で海鮮焼そば。

ラマンダは松宮一葉さんのライブ。
ホントにすてき。
たっぷり歌って頂く。
切ない・・・
絶対的にお薦めです。
来年も出て頂くので是非お出かけ下さい。

「自由の香り」の歌詞の
「山羊の群れのように見える スミレ色の雲」が
「羊の・・・」として歌っている人もいると聞いた。
そうやって 歌詞が 伝言ゲームのように
変形していってしまう・・・

「二羽の雀のように」が「庭の鼠のように」に
伝わってしまった例もある。
[PR]
by lamanda | 2011-12-10 23:57 | Comments(0)

ブン

9:30 起床

タマゴとハムのサンドウィッチとレタスサラダ
ミカン、紅茶。

自由が丘2カルチャー。
「夜のタンゴ」
ミルバ、石井好子、村上進、淡谷のり子、菅原洋一の唄を聴き比べる。
それぞれに なる程と思わせられるモノがある。

週間新潮のグラビアに ブンが出ていた。

私は5日に歌いに行った。
お客で行った事はあっても ブンで歌ったのは初めて。
そして 初めで最後になった。
先日話していたら 
初日の歌子さんも 23日の宇野さんも
ブンで歌うのは初めてという。

大先輩の古賀力さんと芳賀千勢子さんが
44年間守り続けてきた店だ。
東京赤坂という 都心にありながら
あの空間だけ 異次元の小宇宙という感じがする。
お陰さまで1部、2部とも満員で・・・とはいえ
キチキチで15人というスペース・・・
ありがとうございました。

最近良い環境でばかり歌っているので
ブンのような ほとんどノーマイクに近い状況で歌うのは
なかなか辛いものがあった。

でも 私のシャンソン人生の中の
忘れられない思い出の一つとなりました。

年内で閉店です。
是非一度 足をお運びください。

・・・・・
母の施設で 個室に加湿器をいれて欲しいと言われたので
ヤマダ電気へ。
ついでに電動歯ブラシも調子が悪くなってきたので
新しいものを買う。

近くの定食屋で ニラ玉ともやしの炒め物、ご飯
白菜づけ、豆腐のお味噌汁。

間食 度々。

最近は頂き物のお菓子が事務所にたっぷり。
シアワセだけれどキケン。
[PR]
by lamanda | 2011-12-08 23:45 | Comments(1)

心を入れ替えて

もう少し真面目に
書かなくちゃ・・・というところで。
・・・・・・・・・・・

9:00 起床
わが家のチビちゃんたちの
エサとトイレの世話をしてから出掛ける。

オリーブの実の入ったフランスパン2切れ
チーズ、サラダ、みかん一つ、紅茶。
・・・シャンソン歌手らしい朝食かも。

・・・・・・

ナナちゃんの心臓の検査の結果
左の心房の弁がきちんと閉まりきっていないことが分かった。
それが荒い呼吸や咳の原因だったとのことで
今までの利尿剤の他に降圧剤も毎日飲むこととなった。
犬も人間も 年をとると
身体に起きる故障は同じような状況になるのだ。

犬の年齢は人間の年の7倍と聞く。
という事は一年で人間の7年分の年をとると言うことで
一日で一週間分ということだ。
凄いスピードだ。
でも 私の毎日も 
ナナと同じようなスピードで
時が過ぎて行くような気がする。

毎年恒例、旗照夫さんのバースデー・ディナーショーに行ってきた。
ホテルオークラの平安の間。
桃花林の中華正餐。

団十郎夫妻も来ていた。
毎年300名以上のお客様で30年程も続けているという。
凄いことだ。

旗さんは78歳とのことだけれど
相変わらず艶やかなよい声で歌っていらした。
プログラムは 毎年ほとんど同じだけれど
キャリアのある方のステージというのは
それはそれで 良いものだ。

ただ 今回シミジミ感じたのは
ステージの上のミュージシャンの方達が
年とったなあ・・・ということ。
ミュージシャンも ミテクレが大切ね。
毎年ほぼ同じメンバー。
管3本入ったシックステット。
こういう編成って最近は聞くチャンスが
無かったので とても新鮮。

昔のキャバレーやクラブの仕事では
管が入ることがよくあったなあ・・・

・・・・・・・・・・・・・・

ラマンダでは
二階では江口純子さんの弾き語りライブ、
一階では井芹悠さんのライブ
二本立て。

・・・・・・・
ラマンダ二戻ったら
みんなが焼き肉屋に行くと言うので
後から合流。
残念ながら流石に焼き肉は無理で
ビール一杯のみ。

で・・・そろそろ帰ります。
[PR]
by lamanda | 2011-12-08 00:32 | Comments(0)

12月か・・・

武蔵野市のシャンソン愛好家の自主グループ
べるけやきの 六回目のコンサートが終わったと思ったら
もう12月になっていた。

もう六年もこのグループに携わっていたのだ、と
我ながらびっくりした。
ゲストに小川景司クンに来てもらった。
彼には以前私がしていた 高齢者総合センターの
シャンソン教室の講師を引き継いでもらったので
関わりのある方も多いので 出てもらった。

若いイケメンの先生と言うことで
びっくりするほどの大人気。
ヨカッタ ヨカッタ。

・・・
そして 今日は今年最後のシャンソネットライブ。
渡辺歌子さん、加藤初枝さん、古阪るみ子さん、あみさんと
豪華メンバー。
最後のステージには保坂なつ子さんが
初枝さんとのデュエットて゜大いに盛り上げてくれた。
今年の最後のシャンソネットライブに相応しい
自慢できる内容のライブだった。
ライブって こういう興奮がなくては
ライブ樽意味がないのよね、と改めて思った。

来週は 赤坂の「ブン」のさよならライブに出る。
ブンには遊びに行ったことはあっても出演するのは初めてだ。
最後の最後にブンで歌わせてもらえるのは
幸せな事だ。
ブンの44年の歴史の端っこに参加させてもらえるのだから。

18:30と20:30の二回ステージで
基本は入れ替えという。
お陰さまで1回目のステージはもうご予約で満席。
とはいえ 15名程で一杯になってしまう位コンパクトな店だ。
二回目はまだ数席余裕がありそう。
私の日でなくても良いですから
是非一度ブンにいらしてみて下さい。

15日には大阪、20日は名古屋・・・そして今年も終わって行くのだ。
[PR]
by lamanda | 2011-12-02 23:48 | Comments(2)