報告

生徒の北村さんが亡くなったと
奥様からお電話があった。

ご自身も覚悟しての闘病生活だった。
私たち 周りの者も ある程度覚悟していたけれど 
報せを聞くとやはり淋しい。
20年ずっと一緒に歌って来てくれた生徒さんだ。

昨年のお教室で一番大きなコンサート「わたしの巴里祭」では
「生きる」を歌われた。
歌の最後に 北村さんが
「みんな生きよう 頑張って生きよう!!」と叫んだ。
私達へのメッセージだったのだな・・・と思う。
心からご冥福をお祈りします。

そして ご葬儀で流すことが出来るよう
急いでここ数年の 「私の巴里祭」のステージでの録音をまとめて
奥様に送りした。

ご葬儀には伺えない。
心残りだけれど仕方ない。
でも お知らせが今日でよかった。

・・・・・

明日からフランスに行ってきます。
月末には帰ってきます。
[PR]
by lamanda | 2012-03-22 00:19 | Comments(2)

この一週間

日記のつもりで書き始めたのに
これでは週記だ。

先週はフジワラ君のバースデーのライブの翌日に金沢へ。

「リヨン駅」というところで歌ってきた。
「季刊シャンソン」で今号から始めた
「シャンソンの流れる街」シリーズの第二回目は
「金沢」を予定しているので その取材も兼ねての金沢行きだった。

というわけで 何しろ 非常に慌ただしかった。

金沢には残念ながら
シャンソンを日常的に演奏しているライブハウスはない。
愛好家の方達が 集って歌う場所やグループは
いくつかあるので
何人かの方達の話を聞いたり 
資料を集めたりしてきた。

東京もそうだけれど
地方でも プロの歌を聞いて楽しもうという
音楽ファンは 少ないみたい。
聞くことよりも 歌うことには 非常に熱心だ。
歌を 勉強するためには 
プロの生のステージを
見たり聞いたりするのが とても有効なのに・・・。

金沢~帰って水曜は町田教室の発表会
金曜は内幸町ホールで ラリエゾンのコンサート
「恋いするリエゾン」
そして今日土曜は 横浜教室の発表会。

あ~あ 一週間が終わってしまいました。

その間に見た夢の記憶。

<その1>
ステージで歌っている私。
ピアニストか゛なんだか変。
穴の中から頭だけ出して ピアノを弾いている。
「お前は ピアニストではないでしょう」と糾弾すると
「すみません」と言って 穴から出てきた。
「悪者め」と言って 私が足で踏みつけると
「ごめんなさい」と・・・見るとナント 
ピアニストではなく タヌキでありました。

<その2>
NHKホールの楽屋。
「パリ祭」らしい。
1ベルが鳴っているのに
お化粧もしていない、まだガウン姿の私。
・・・・こういう夢は たまに見る。 
     靴がないとか ドレスがないとか・・・
「わあ どうしよう」
そばにいる人が言う。
「大丈夫よ。今年は韓流ブームを受けて
オープニングの衣装はチマチョゴリだから」

何が大丈夫か よくわからないけれど・・・
みんな周りは チマチョゴリ着ていました。


さてさて・・明日は武蔵野の自主グループのお教室。
[PR]
by lamanda | 2012-03-17 23:55 | Comments(2)

朝から雨。
にもかかわらず ラマンダは熱気があふれていた。

フジワラ君の誕生日で
尚且つ還暦のお祝いの日で
尚且つソワレ・ド・ラマンダのライブの日だった。

昼のレッスンの時から
生徒さん達から赤いカーディガンを贈られたり
お祝いの言葉があったり・・・

そしてソワレのライブは奥野クンがゲストなので
前々から色々準備してくれていたので
ステージは 大いに盛り上がった。

元銀巴里マネージャーの松浦さんも
お祝いに駆け付けてくれて
PAや照明を手伝ってくれた。

生徒さんの出演者の
土橋親子さんと有吉さんが
オクノ君と秘密練習してきた
お祝いのオリジナル曲
「還暦ブギ」でステージは始まった。
これもオクノ君がこの日のために
作ってくれたオリジナルソング。

そして お祝いのケーキ。
60本の赤い薔薇の花のアレンジメント。
そして 定番、お祝いの赤いチャンチャンコと頭巾にお扇子。
フジワラ君も観念していたので 
素直にみんなのお祝いを喜んで受け止めていた。

お客様にも事前に
出来るだけ赤い服や 赤いアクセサリーを
身につけて来て下さるようお願いしておいたので
会場も赤、赤、赤・・・・で 華やか。

打ち上げはカフェの
ウルシヤマさんの料理と
コンノさんのデザートで
またひと盛り上がり。

みんなにこんなにお祝いしてもらえて
フジワラ君、良かったね。

赤いチャンチャンコと頭巾のお祝いセットは
ラマンダの備品として
タジリ君が還暦になるまで
みんなで 順番に使うことになりました。
パチパチパチ。

・・・・
明日は 金沢の「リヨン駅」で歌います。
076-264-1636
金沢方面の方、お会い致しましょう。
[PR]
by lamanda | 2012-03-09 23:46 | Comments(0)

芦野宏先生お別れ会

昨日3/8 13:00から帝国ホテル本館三階、富士の間であった。

自由が丘2教室の年に一回の発表会の日だったので
どうしたものか・・・と思案した。
リハーサルの立ち会いを欠席させてもらって
お別れ会に伺った。

告別式は喪服を着て行くけれど
お通夜や お別れ会の時は
着て行くものに悩む。

最近はお通夜も喪服ですますことか゛多いようだけれど・・
でも 少し抵抗がある。
ましてお別れ会となると・・・難しい。
結局チャコールグレーのパンツスーツに
真珠のチョーカーとブローチにした。

13:00にはもう沢山の方がいらしていて
献花するのに暫く並んで待った。
ピアニストの上里さんや歌手の米田マリさんと一緒に並んでいた。

大きな祭壇には
紫と白のグラデーションのお花に囲まれて
先生のお写真が飾られていた。
美しい。
そして お写真の前にはスタンドマイクが立てられていた。
そうか、この祭壇が 先生の最後のステージなのだ。
二十歳の頃に 先生に初めて地方の仕事に
連れていって頂いたことから始まって 
昨年ラマンダに出演して頂いた事まで
次々と懐かしく思い出された。
本当にありがとうございました。

献花の列に並びながら
壁に大きく映し出される 先生のステージのDVDを眺めたり
歌声を聞いてシミジミしていた。
と・・・一瞬 ウ・・・
思わず顔を上げたら 上里さん達と目が合った。
先生の歌われる「幸せを売る男」のバックコーラス、
なんかヘン。
音が・・・・????

コーラスは私も大の苦手だから
思わず 音が上手くとれなくなった時の
わが身に置き換えて、オロオロしてしまった。
ライブのステージって やり直しか゛きかない。
そこで起きた様々がそのまま記録に残ってしまうのだ。
・・・・気をつけなければ・・・

・・・・・

いい お別れ会だった。
伺うことか゛できてよかった。

・・・・・・・・・・・

爽やかな気持ちで自由が丘にもどり
生徒さん達の発表会に合流した。
こちらも 爽やかでよい会。
だから打ち上げも 心から楽しめた。

こんな風に楽しめるのも
芦野先生や 石井先生達が
日本にシャンソン文化を根付かせて下さったお陰だ。
大切に受け継いでいかなくては。
[PR]
by lamanda | 2012-03-09 20:03 | Comments(0)

ひな祭りライブ

昨日のシャンソネットライブ
お天気が悪くて心配したけれど
どうにか35名程のお客様が来て下さってほっした。
50名来て下さるとバンザイなのだけれど・・・
でも 胸を張って「いいでしょう」と言えるような
ゴキゲンなステージだった。
宇野ゆう子さん、保坂なつ子さん、杉原あつ子さん、島田峰子さん。

終わってみんなの打ち上げに付き合って遅くなったせいか
朝起きれず 慌ててクルミアンパンとミルク、イチゴ一粒を
頬張って家を出た。

今日はお教室の「ひな祭り」ライブ。

みんなで集ってフジワラ君のピアノトリオで唄った。
今年は とにかくラマンダで
生徒さん達が集って歌う機会を沢山作ろうと思っているので
一月の「歌い初め」二月の「ヴァレンタインに愛を唄う」に続く第三弾。

せっかくのひな祭りなので
お洋服でもマニキュアや口紅でも
何処かにピンクを身にまとって集まった。
今日は41名が歌った。
レヴォアの会員なら 3500円で参加できる。
手前味噌だけれど
なかなかリーズナブルで楽しい会だ。

出来るだけ続けて行くつもり。

・・・・・・・・
犬のバギーを押して歩く私の姿は
きっとヘンに見えると思ったけれど
一昨日、もっとヘンなオバさんを見た。

終電近くで帰ったので
家の近くの夜路はほとんど人通りがなかった。
ふとみると 私の前方から何かが近付いてくる。
暗いので目を凝らしてよく見ると
車椅子だった。

でもなんだかヘン。
誰も押していない。
車椅子に乗っている人が自分の手で車輪を回している訳でもない。
かといって 電動車椅子のような動きでもない。

近付いてきたので見たら
女の人が車椅子に座ったまま、自分の足で地面をけって歩いている。
母も近い距離だと そうやって自走するので
珍しい光景でもないのだけれど
でもヘン。

何故ならその人は 足を動かして車椅子に座ったままで歩きながら
ずっと携帯のメールを打ち続けているのだ。 
前方をほとんど見ないまま
携帯の画面をじっと見ながらメールを打ち続けていた。

犬のカートを押しているオバさんと
車椅子に座って歩きながらメール打ち続けているオバさんが
夜路ですれ違っている光景って
なんだかアヤしいと思いませんか?
[PR]
by lamanda | 2012-03-03 19:11 | Comments(0)

ヘンなオバさん

朝はゆっくり9:30起床。

10:30 チーズトースト、ブロッコリーとモヤシのサラダ。
紅茶とイチゴ。

今日は レッスンの予定がないので
事務所でデスクワークと電話番しながら
色々考え事しよう・・・って思っていたのに。

出掛ける支度をしていたら
なんと ミミが私のベッドの上でオシッコ。
信じられない!!!!

ベッドカバー、毛布、昨日取り替えたばかりのシーツを洗濯。
二度も洗濯機を回した。
もう!!!!

ミミの愛想がよいのは
たた オツムが弱いだけなのねっ!!!

というわけで オシオキ。
一人で留守番。
ココだけを連れて事務所へ。
とはいえ、ミミ本人は
オシオキとは思っていないはず。

ここの処 天気が良い時は
ミミとココの二匹を 犬用のバギーに載せて出勤している。

一匹ずつの時は
肩から下げる青い大きなトートバックや
斜めがけの赤いスナグリに入れて
連れて歩いている。

二頭連れ歩くには バギーに入れて
押して歩くしかない。
ミミが3キロちょっと、ココが4キロ位なので
自分のバッグも入れると
20キロ位のものを持って歩くことになる。

人間用のバギーよりひとまわり程小さくて
上部に幌がかけられるようになっている。

昼間は良いけれど
夜、私がバギーを押して歩いている姿は
多分 すごく怪しくてヘンに見えると思う。

長いコートを着た
若くもない女が 黒いバギーを押して
夜中の街を歩いている様子は
自分でも やはり・・・
ちょっとヤバイ オバさんに見える気がする。

・・・・
18:30 近所のお惣菜屋さんのお弁当
イカとブロッコリーの炒め物、豆腐と取引の袋煮、
ホウレンソウのゴマ逢え、16穀米。

今日のサロンは平沢朋子さん。
いつもドレスが綺麗。

・・・・明日は シャンソネットライブ。
宇野ゆう子さん、保坂なつ子さん、杉原あつ子さん、島田峰子さん。
お聴き逃しのないように。
[PR]
by lamanda | 2012-03-01 20:52 | Comments(0)