涙のシャンソン日記

lamanda.exblog.jp

シャンソン

<   2012年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

家に帰ると

帰宅するのは 大体1:00ちょっと過ぎ。

それから入浴したり 洗濯したり 諸々したりなのだが
靴を脱いで真っ先にするのは
ワンコたちのトイレの始末だ。

こう暑くなる前は お風呂場に
トイレもベッドも水も入れて
ワンコたちを留守番させていた。
お風呂場なので
粗相があっても 水で洗い流せるので始末が楽だ。

でもここの所は いつも彼らがいるリビングに
そのままおいて クーラーと換気扇をかけっぱなしにして
出かけている。

私のいない間は二匹のワンコ ココとミミ
そしてニャンコのズズで かなり気ままにやっているらしい。

ソファの上のクッションの乱れ具合や
床に置いてあるゴミ箱などの位置か゛変わっているので推測できる。
引き戸で区切っている部屋の戸をこじ開けて
みんなで乱入し 暴れまわった形跡なども時々ある。

昨日は 帰ったら
リビングの床のあちこちに ドッグフードの食べかすや
食いちぎられたドッグフードやキャットフードの小袋が散乱していた。

彼らのフードはすぐ出せるように
台所の引き出しに入れてある。
四段ある引き出しの上から二番目だ。

ワンコには絶対届かない高さだ。
どうもネコのズズが 近くにあったハイチェアに上り
手で ヒッョイヒョイと 引き出しを引っ張って あけたようだ。
そして 引き出しの中の
ドッグフードやキャットフードの小袋を
床に投げおろしたと思われる。

ワンコとニャンコは連携プレイで
投げられたフードの袋をワンコ達が噛み切って
中身を出して みんなで ワフワフ言って食べたのだろう。

散らかされるので 後片付けは面倒だけれど
そんな彼らの様子を想像すると面白くて
一度でいいから 見てみたいものだと思う。

彼らのお蔭でしょっちゅう 床の拭き掃除をしているから
我が家の床はきれいです。
雑巾がけはつらいので
新聞やテレビで宣伝している スチームのモップを買ってせっせとつかっている。
重宝だ。



昨日も銀座の「蛙たち」の後
マツバ夫人と食事をして帰った後
まず拭き掃除。

さてさて オリンピックでもと思ったら・・・
本の校正のトラブルで 寝れなくなって
ベッドにはいったのは 5時。
起きたのは8時半。
さすがに 眠い。
でも・・・今日も 帰ったらどうなっているやら・・・
[PR]
by lamanda | 2012-07-31 20:48 | Comments(2)

近況

パリ祭が終わった後も
自分のバースデーライブ、「季刊シャンソン」の最後の校正、
8/4の生徒さんとの「わたしの巴里祭」の準備・・・と続いた。
「パリ祭」地方公演で タジリ君が4日不在だったので
そのしわ寄せもあり・・・
おまけに梅雨も明けて 信じられない暑さ・・・
文句を言っていても仕方ない。

ネットテレビやレッスンを奥野クンが代わりに引き受けてくれたり
フジワラ君もいつものようにサポートしてくれる。


昨日のシャンソネットライブ~銀巴里メモリアル・アワー~は
外の暑さも負ける 熱いステージだった。
槇小奈帆さん、加藤初枝さん、保坂なつ子さんそしてMIKAkOさん。

MIKAKOさん以外は「銀巴里」の色濃い歌い手の代表みたいな方たち。
そして 昨日はベースに井上真さんが来てくれたので
アコーディオンの横内クン以外の三人は
「銀巴里」のレギュラー。

音を聞いていると 「銀巴里」サウンドがよみがえってくる。
ギターのペタさんがいてくれたらなあ・・・とふと思う。

誕生日で皆さんから いろいろお祝いしていただいて
たくさんプレゼントとをいただいたのが
引き金になったのか
なんだか 物欲指数が急激に上がったらしい。
普段食糧品と消耗品くらいしか 買わないから
ま いいか と思いつつ・・・
帽子、靴、バック、観葉植物・・・
今日もワンピース2枚にパンツ2本。
来月のカードの請求がコワイ。

ダビドの新しい勤務先 恵比寿の「明治美術」に行った時も
http://meiji-bijutsu.com/
ダビドへのお祝いのつもりもあって
ジャン・コクトーの安価なリトグラフも二枚購入した。
小さいけれど 結構気に入っている。

ワンコたちを連れて出勤した日は
帰宅すると みんなでシャワー。
面倒だけれど 楽しいひと時。

今日はサロンで岸本悟明さんのライブ。
楽しそう・・・
[PR]
by lamanda | 2012-07-28 18:25 | Comments(0)

パリ祭終わりました

「パリ祭」無事終了しました。

私の出演日は14日の土曜。

10:00から場当たりなので 7:30に起きて
9:40くらいに楽屋入り。
前日の場当たりの時に衣装のトランクは
運び込んだので 身軽に行けるかと思ったら
とんでもない かなりずっしりメーク道具やら靴やらで大荷物。

楽屋入りしただけで なんだかグッタリ。

場当たりの後は 衣装を着けて通しのリハーサル。

下手の檀上から出て 階段を下りてステージに行き
歌った後は上手入り、というコース。
階段下りは毎年のことながら
今年の階段は四段で幅も広いので一安心。

ところがイントロで出ようとしたとたんに
後ろに引っ張られる・・
振り向くと お引きずりのドレスのすそが
階段のどこかに引っかかっている。

リハーサルを録音しようとテープを回していたので
あとで 再生したらその模様がばっちり録音されていた。

要は 大道具の人がきちんと階段のところを始末していなかったらしい。
「これじゃどんなドレスも 引っかかるよ」という
舞台監督の声が入っていた。

結局 ドレスのアンダーの裾が引きちぎられてしまった。
舞台監督は「ドレス壊して ごめん」と何度も謝ってくれた。
今回のような大きなドレスは 
ディナーショーか 大きなステージでしか着ないから
大丈夫。
すぐにスタッフのカズエさんが直してくれた。

そんなことがあったので
イントロで階段を下りきるタイミングがなんだかわからないまま
リハーサルは終わってしまった。

たいして歌と関係ないようなことだけれど
大きなステージの時って
こんな些細なことも あとをひく。
以外と神経質なワタシ・・・

本番では何の事故もなく歌い終えることか゛できて
一安心。

オープニングの「ラ・マルセイエーズ」や
二部のフィナーレ「二人の恋人」
二部の「ワインメドレー」と みんなと一緒に楽しく終えられて
ヨカッタ ヨカッタ・・

ただ石井先生や芦野先生がいらっしゃらない
というだけで なんだかさびしい。
50回という記念すべき年に参加できたことは
素直にうれしい。

宝塚の元男役の三人の方たちのかっこいいこと。
さすが・・・鍛え抜かれた動き。
一朝一夕で できるものではないと感心。

打ち上げも終わり
荷物を持って楽屋口に行った。
ホワイトボードが斜めになっていて
その足が私の足に引っかかり
あら危ない・・・と思った時には後ろから来た人が
私の背中に当たり・・・転倒。
痛かった。
すぐに駆け寄って起こしてくれたのは
宝塚の方・・・・ステキ…痛さも忘れてボーっとした。


両ひざと右手小指・薬指の打撲。
折れたりというけがではないけれど
夜は痛くて うまく寝つけなかった。
とんだ お土産。

とにもかくにも 50回目、半世紀目という大きなステージ
無事に終わって ヨカッタです。

a0079087_1631262.jpg

オープニング

a0079087_1632453.jpg

フィナーレ
写真:渡邉久美
[PR]
by lamanda | 2012-07-16 16:04 | Comments(1)
眠っている間に 歌っている間に 
仕事している間に
バタバタと一週間か゛過ぎていく。

七月のパリ祭前後から 
八月の「わたしの巴里祭」まであたりが
毎年私の鬼門で
諸々の疲労が ドドッと本人の気づかない間に押し寄せて
主に 喉に障りが出てくる。
気をつけねば。

リリアホールで かなり目いっぱい歌った翌日は
ラマンダでのシャンソネットライブ「銀巴里メモリアル・アワー」。
いやあ 楽しい。
普段よく歌っている歌でも バンドで歌うと
テンションが変わって 興奮する。
松宮一葉さん、megu さん、川島豊さんと一緒だった。

ココのところ このライブも40人を越すお客様が
コンスタントに来てくださるようになってきた。
あともう一息。
50人を超えたいものだ。

そして昨日は「パリ祭」の通し稽古。
着ようと思っていたドレス、
前日になって ふと不安になり
家で着てみた。
・・・・ヨカッタ。入った。
結構昔のドレスなので 
もしかしたら
縮んでいるのではないかと思ったけれど
・・・大丈夫でした。

ディナーショーやNHKホールくらいの
大きな舞台でないと 出番がない
キラキラお姫様ドレスだ。
どうぞ お楽しみに。

そして 明日は 8/4の「私の巴里祭」のゲネプロのため
一日中 鎌倉芸術館のホールに籠ります。

「季刊シャンソン」も追い込み。

そういえば 会社のほうの書類を法
務局に出しに行かなくてはならないし・・・
新しいバイトの人のことも ある。

そうこうしているうちに
14日、今度の日曜は「パリ祭」の本番だ。
半世紀目の、50回目の 栄光に満ちた「パリ祭」になるはずだ。
[PR]
by lamanda | 2012-07-09 23:19 | Comments(1)
川口リリアホールでのホール主催のコンサート。
というわけで 入場料も1000円という 信じられない金額。
その料金のせいか 600席がほぼ満席。
川口には知り合いがいないので
集客って どうしたものかと思っていたのに
アッという間にチケットがはけてしまった。
そんなものなのかなあ・・・と 考えてしまった。

14:00開演で二部構成。
以前に藤沢でした時のように
元文化庁長官の植木先生にゲストで゛来ていただいた。

持って行ったCDも売れて とても嬉しい。

初めてのホールで満席というのは
実にうれしく、ありがたいことだ。

ただホールのスタッフでの音響なので
いろいろと問題は あった。
やはり持ち出しでも 音響は入れなくてはいけないなと。
ただ今回も間にプロデューサーがはいっての仕事なので
こちらからPAを連れていきたいというのは
言い出しにくい。

川口リリアホールはよいホールなのに
お客様もたくさん来てくださっているのに
…もったいないなあ。
[PR]
by lamanda | 2012-07-05 20:55 | Comments(1)

もう・・・可愛い・

土耀は昼夜とスタジオのレンタルがあった。
昼は二階のサロンと下のスタジオ
夜はサロン のレンタルとフル回転で
嬉しいことだった。

おまけに天気が良いので カフェも大忙しで
私も皿洗いを手伝ったりで
慣れない仕事で一日中バタバタしたので
結構タフなつもりでいたのに グッタリ。

日曜も三鷹のレッスン゛で
夜家にたどり着くころには
もう 歩くのもイヤ という状態。

でも家に帰ってワンコやニャンコと遊んでいると
とても元気になる。

日曜は ワンコたちとお風呂に入るのが楽しみ。

二か月ほど前
ココを洗い場に置いたまま
私が湯船に入って週刊誌を読んでいたら
突然 ココが湯船の私の胸のところに
ジャンプして飛び込んできた。

洗い場に一人でいるのが不安だったらしい。

あんなに人見知りして
怖がりだったココが・・・
私を頼って飛び込んできてくれたと(・・・信じたい)
ジーンとした。

もしかしてお湯につかりたいからかしらと
試しに ココだけ湯船に残すと
浴槽がツルツルして滑るのにも関わらず
ガムシャラによじ登って 出てきて私にすり寄る。
もう・・・可愛い・・・

そのあとも 試してみたれど
やはり エイッという感じで飛び込んでくる。


a0079087_2324478.jpg


というわけで 早くワンコたちのところに帰ります。
[PR]
by lamanda | 2012-07-02 23:24 | Comments(0)

シャンソン


by lamanda