<   2012年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

一昨年と同じ雨だ

明日は十字屋ホールでの「ガス燈通りのコンセール」
今年で20回目。
よくも20年も続けたものだ。

今朝になって 一曲アレンジ変える・・・とフジワラ君から電話。
えええ・・・コンサートって 明日だよ・・・


これからリハーサルします。
・・・・

二年前の記憶が蘇る。

あの時も雨だった。
前日の夜リハーサルした。
→そして 転んで→ 救急病院行って→ 折れていないといわれて
→コンサート当日 痛いけど折れていないと信じて
→リハーサル始めたら→ どんどん声が出なくなって
→二部の途中で どうにも声が空気しか出なくなって
→みんなに謝って→中止して→結局ひじの骨がつぶれていて

とひどい目にあった。
翌年のコンサートは 前年途中で中止した時に来てくださった方は
全員ご招待して なんとか 自分の心のケリをつけたけれど
あんな思いは 二度としたくない。

とにかくリハーサル終わったら 転ばないように帰ります。
[PR]
by lamanda | 2012-10-28 18:08 | Comments(0)

・・・

アレヨ アレヨという間に一週間が過ぎしまう。

昨日は銀巴里メモリアル・アワー=シャンソネットライブ=
久し振りに後藤啓子さん玲子さん姉妹。
さりげなくて おしゃれな世界。いいなあ・・・
小池マリコさんは 本当に「歌手」の声と「歌」だ。
ホレボレする。

ライブ前は自由が丘FMのネットテレビ「シャンソン・カフェ」の番組に
ライブの出演者の一人RIOさんにゲストで出ていただいた。
あの番組では いろいろな歌い手の方のお話が聞けて
非常に興味深い。
どんなきっかけで 歌うようになったとか
どんな音楽が好きで どんな思いを持って臨んでいるか・・とか。

40名を越すお客様。
平均50名が目標。
あと 一息。

それにしても 昨日のようなライブ
若い歌い手が聞きに来ないのが不思議だ。
みんな仕事で忙しいのだろうか。

昨日に限らず、だけれど
この二年間 シャンソネットライブをしていて
一番感じるのはそのことだ。
若い歌い手が聞きに来ない、ということ。

普段聞けない歌い手のステージから
たくさんのことが吸収できるのに。
勉強する ということだけではなく
音楽ファンとしての 満足度もかなり高いのに。
もったいないなあ・・と思う。

11月15日発売の「季刊シャンソン冬号」では
しますえよしおさんインタビューが載る予定。
その中でしますえさんがこんな風に話されている。
「かつての銀巴里では
歌い手もお客様も 歌の中に詩情とか哲学とかを求め、
自分のスタイルを追求していました。」

・・・・
そして 今日は昼は二階サロンで
元・ベルエポックのマスター勝見さんお薦めの
久住由美さんのライブ
夕方からは 渡邉嘉子さん、岡崎雅亮さん、越智経子さんの三人が
コンサート。
60名を越すお客様で大盛況。

明日は武蔵野の自主シャンソングループのレッスン。

後一週間で私の「ガス燈通りのコンセール」
その準備も 馬力いれなくては。
[PR]
by lamanda | 2012-10-20 18:52 | Comments(1)

お片付け

昨日は久しぶりの休日なので
ゆっくりしようと思ったけれど
一念発起 また部屋の片づけをした。

約7時間 かなり頑張った。
それくらい 片付いていなかったということだ。

ワンコ二匹とお風呂に入ったら
グッタリ 力が抜けてしまった。

ベッドの上ではしゃぐココ
a0079087_15543247.jpg


ノー天気なミミ
a0079087_15544881.jpg


べたべた甘えん坊のズズ
a0079087_15545622.jpg


まるで置物のようなズズ
a0079087_15551689.jpg



おっと これから銀座の「蛙たち」に歌いに行きます。
コリドー街に昔からある「蛙たち」です。

新しくできた「蛙」ではないので
お間違えの無いように。
[PR]
by lamanda | 2012-10-15 15:56 | Comments(0)

あ~・・・ヨカッタ

いやあ・・・参りました。
昨日の夜から 突然 iphoneが起動しなくなり・・・

どうも新しいOSを入れたのが悪かったらしい。
アップルマークが 何度も浮かび上がっては消え・・・状態。
グーグルで調べて 再起動やら いろいろ試したしたけれど・・・ダメ。

昼に事務所に行って PCや機械にめちゃ強いタジリ君に診てもらい
最後はアップルショップまで行ってもらって
やっと・・・元に戻った。
ありがとうタジリ君。

アップルショップがとっても遠いところにある人はどうすればいいの・・・。

データーはちゃんと復元されてラッキーでした。
あれがみんな消えたら・・・
あ~・・・ヨカッタ。
[PR]
by lamanda | 2012-10-09 21:56 | Comments(0)

女神祭り 終了

今年はお天気に恵まれて
三日間の野外ステージ、全部開催することか゛できた。
今日は 最終日。
16:00と18:00の二回。

その合間に「季刊シャンソン」の連携CDの
ダビドのフランス語の録音に立ち会い手伝う。

差し入れをしてくださる生徒さんや
遠く武蔵野市から来てくださる生徒さんもいて
嬉しい。

地元の方で 一回目からずっと聞き続けてくださっている方もいらして
続けると うれしいことがあるんだな・・と今更ながら思う。

これが終わったら 自分の10/29の十字屋のコンサートのこと
関西でのステージのこと
12/20の内幸町でのコンサート のこと
考えないと。
a0079087_23583972.jpg


一日中ハイヒールを履いていると
かなりつらく感じるようになった今日この頃。
ハイヒール大好きなのに
はけなくなったらどうしよう。
[PR]
by lamanda | 2012-10-08 23:58 | Comments(1)

愛は限りなく

生徒さんがおひとり亡くなられた。

三鷹の生徒さんでまだ65歳というお歳。
ご本人が何もおっしゃらなかったので
教室の 誰一人知らなかったけれど
10年前から悪性リンパ腫を患っていらしたという。
今回入院されて三日目くらいから意識がなくなり
10日目に亡くなられたという。

今日教室に行ったら
ご主人様から私に渡すようにと言付かったと
親しい生徒さんが私に紙袋を渡してくれた。

ご主人様に伺ったら
入院の二日前に いくつか紙袋を作って
渡す相手の名前を書き、置いていらしたという。
ご本人も 覚悟していらしたのだと・・・

袋の中には 丁寧に畳まれた
大判のストールが二枚入っていた。
ステージで使えるような華やかなものと
シックだけれど素敵な凝ったデザインのものだった。

・・・胸が痛い。

とてもおしゃれで 少し甘えん坊の方だった。
きっとおうちで 家族の方に大切にされてきた
奥様なんだろうな といつも思っていた。

レッスンの前にみんなで黙とうをささげた。

では、さあ レッスンはじめましょうと
今日のレッスンの
ファイルをあけたら
彼女が今度の11月の発表会で歌う予定だった
歌詞カードがてできた。
「愛は限りなく」だった。

棺の中にはたくさんの歌の歌詞カードが
おさめられていたという。
それくらい シャンソンを楽しんでいてくれたのだなあ・・
彼女の最後の楽しみのひと時を
一緒に過ごすことか゛できたのかと・・・
つらくて悲しいけれど、うれしい。

ご冥福をお祈りします。公子さん。
[PR]
by lamanda | 2012-10-07 20:52 | Comments(0)

女神祭り

昨日から怒涛の四日間が始まった。

昨日金曜は いつものように昼からレッスン
17:00-18:00 は自由が丘FMのインターネットテレビ。
ゲストは若手のホープ 大塚茉莉子さん。
彼女のオリジナル「オアシス」は好きな曲だ。

18:30からは 銀巴里メモリアル・アワー シャンソネットライブ
古賀力さん、菅原佐知さん、そして大塚茉莉子さん。
本当は古賀さんの奥様、芳賀千勢子さんが出られる予定だったけれど
体調崩されたので 前日夜 急遽 保坂なつ子さんにピンチヒッターを
お願いした。

久し振りのお客様が来てくださってうれしいひと時も。

その合間に「季刊シャンソン」のことで打ち合わせ。
その合間に みんなのギャラ計算したり
原稿書いたり・・・

わあ・・・おなか空いた・・・と思ったら
神戸のお土産の肉まんいただいて ヒトゴコチ。

・・・・・
そして今日から三日間は 自由が丘の「女神祭り」
初日の今日は前夜祭。
ラリエゾンと一緒に少しだけ歌ってきます。

二階のサロンでは 昨日に続き
保坂なつ子さんが歌いに来てくれる。
彼女の歌、ぜひたくさんの方に聴いてもらいたいなあ。
[PR]
by lamanda | 2012-10-06 21:12 | Comments(0)

童謡「かなりあ」

朝から個人レッスン五人。
あっという間に夜になってしまった。

ラマンダのサロンは二か月に一度出ていただいている
江口純子さんの弾き語りの日。

江口さんにはピアニストとして
銀座「蛙たち」で一時毎月伴奏してもらっていた。
その時たまにする弾き語りを聞いて いいなと思ったので
ラマンダのサロンにも出ていただいている。

シャンソンもあるし唱歌や抒情歌を彼女なりのアレンジで
演ったり、クラッシックの曲をピアノ演奏したりと
毎回バラエティに富んだプログラムで
とても聴きごたえがある。

今日は「モンマルトルの丘」から始まったが
途中で「カナリアの歌」もあった

子供のころは「黒い花びら」とか「チューチュー トレイン」などを
歌っていた記憶があるが
あまり童謡を歌わなかったので
「カナリアの歌」も歌詞をちゃんと聞いたことがなかった。

今日初めて 最後まで聞いて 
西条八十ってスゴイと改めて感心してしまった。


童謡「かなりあ」  詩:西条八十

 歌を忘れたカナリアは後ろの山に棄てましょか
 いえいえ それはかわいそう
 歌を忘れたカナリアは背戸の小薮に埋けましょか
 いえいえ それはなりませぬ
 歌を忘れたカナリアは柳の鞭でぶちましょか
 いえいえ それはかわいそう
 歌を忘れたカナリアは象牙の舟に銀のかい
 月夜の海に浮かべれば 忘れた歌を思い出す  

まるっきりシャンソンの世界。
しばらくく耳から離れない。
[PR]
by lamanda | 2012-10-03 23:14 | Comments(0)

おまけの休日

 昨日はスゴイ台風が来るというので身構えていたけれど
東京はさほどのこともなくて一安心。

 三鷹のベルけやき とベルフォーレのシャンソングループのレッスンも
朝早くにメールが来て 安全のため中止となった。
高齢者が多いので 何事も用心深い。

 というわけで昨日は一日ポカっと休みになって
ワタシ的にはラッキー。
「季刊シャンソン」の原稿も書かなくてはならないけれど
せっかくの休みだから・・・家を片づけました。

 とはいえ、一日の大半を 絵を飾る位置を決めるのに費やしてしまった。
廊下はジャン・コクトー一色になってしまった。
a0079087_23281536.jpg


エイッと思って買ったコクトーの リトグラフはトイレの前の廊下。


 片付けていたらまりが9歳ころに描いたネコの絵が出てきた。
わが娘ながら とてもいい絵なので額に入れて飾ってみた。
とある高名な版画家のネコの作品とん並べてみたけれど
負けていない。
a0079087_2332184.jpg



 リビングの隣のソファ部屋は
昔ミュッシャ展で買った大きな三枚のポスターを額に入れてミュッシャ部屋となった。
1990年に没後50年を記念して開かれた展覧会のポスターだ。
照明もかえたくなるなあ・・・
a0079087_23285814.jpg

カシニョールや、一番高い フジタのリトも廊下。
a0079087_2330516.jpg

棟方はリビング。

ほとんどちっちゃな美術館状態。

もっと欲しくなる・・・

でも数少ないけれど
お気に入りの絵に囲まれていると
一時 夢想の世界に入り込めて幸せ。

時間を作れるようになったら
絵を描きたい。

・・・・・そういえば「アド街っく天国」
見てくださった方、ありがとうございます。
23位だけれど あれだけ映してもらえれば満足です。
自由が丘の数多ある店の中から
よくぞ選んでもらえたと うれしいです。
もっとよくなるよう 頑張ります。
[PR]
by lamanda | 2012-10-01 21:30 | Comments(1)

シャンソン
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31