<   2013年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

シアワセの素

8/1に鎌倉で開催する「わたしの巴里祭」のためのリハーサル。
構成・演出を頼んでいるアンさんに ステージでの動きの指示をしていただくためのもの。

動きが入ると ただ歩くだけでもみんなの歌が乱れたり
リズムが緩くなったりする。
ステージは聞いてもらうだけではなく
観ても楽しんでもらえるものにしなくてはね。

振付、ということではなくても、
ただ 立っているだけでも
その佇まいで 様々な表現ができるのだから。
ラマンダでステージングのクラスを
お願いしている嶋本王子は 
実に的確に個々の能力や歌に相応しいステージングを
施して指導してくれるので
とても助かる。

一階のスタジオでリハーサルをしている間
二階のサロンでは花木さち子さんの昼ライブ。
そして夜は山口蘭子さんのライブ。
ラマンダ全体が音楽に包まれていると
とってもシアワセな気分になる。

・・・
そして私のシアワセの素。↓
a0079087_2115177.jpg



我が家のソファは ココ ズズ ミミに占領され
ぐちゃぐちゃです。
[PR]
by lamanda | 2013-06-29 21:17 | Comments(0)

予定

ブログは更新されないし
元気なさそうだし・・・とご心配してくださった方々
ありがとうございました。

だいぶ回復してきました。
食欲も出てきましたし。

もう六月も終わり。
いよいよ 私の誕生月の七月。

まずは14日にはNHKホールで開催される「パリ祭」
やっぱり このコンサートは
沢山のエネルギーが結集されていてパワーがあるので
チケット代が一万円の価値はあるなあ、と思う。
時間の都合のつく方は お出かけになられるとよいと思います。

それが終わると
8/1木には 鎌倉芸術館でお教室のコンサート
「私の巴里祭」。
今年で22年目。


8/10??には内幸町ホールで若い歌い手とミュージシャンによる
「シャンソンの夏」
今まで若い人たちだけのコンサートって
なかったと思う。
大御所も中御所もいないけれど、
だからこそできる ステージってあると思って企画しました。
絶対面白いステージにしたいと考えています。
a0079087_19193311.jpg


10/15火には 「フランコ ジャポネ」のコンサートに
お声掛けいただいたので 歌ってきます。
フランスのミュージカル界のスター
ローラン・バンとクリスティーヌ・カンジアンが
ゲストで出演するというので楽しみ。
以下のサイトで 彼らのインタビュー、舞台、テレビが観れます。

http://www.youtube.com/watch?v=dXKEakg6SNI
http://www.youtube.com/watch?v=ZWNIaW4Rx9w
http://www.youtube.com/watch?v=Ko_souFkcjc

http://www.youtube.com/watch?v=Lfh6rDYa6xo
http://www.youtube.com/watch?v=893ndiQH2Hs
http://www.youtube.com/watch?v=7osV0y_BaJ8
http://www.youtube.com/watch?v=8t27m6Z7Upw


10/30水は 恒例となった銀座・十字屋ホールでの
「ガス燈通りのコンセール」
私の発表会みたいなものと思っているコンサート。

そして12/2月には
ラマンダ・スペシャル「銀巴里メモリアル・アワーvol2」
タイトルは「Piaf,qui est-ce? ピアフって誰?」
仲マサコさん、瀬間千恵さん、荒井洸子さん、渡辺歌子さん、西原啓子さん
目崎千恵子さん、保坂なつ子さん、秋篠樹里亜さん、宮園洋子さん
こんなメンバーのピアフって、考えただけでもゾクゾクする。
他で聴けないピアフのナンバーや歌がいっぱい。
絶対お聴き逃しのないように。

・・それらのステージの間に 公私ともに色々ある予定。
今までかなり込み入ったスケジュールでも
あまり苦労なくこなしてきたつもりの私でも
今年の夏から秋は かなり気をしっかり持って臨まなくてはと
いうところ。

気力は体力に比例するから
しっかり体をコントロールしようと
今までになく気合が入ってきています。

というわけで まずは七月、
まずは「パリ祭」そして
3水と20??はラマンダのサロンです。
・・・

今日は一階のスタジオで ソワレ・ド・ラマンダ。
ゲストは岸本悟明さん。
50人以上の大勢のお客様で盛り上がっています。
歌い手の気合とお客様のエネルギーでパワーがもらえます。
[PR]
by lamanda | 2013-06-28 19:21 | Comments(0)

昨日は「QUI」でした

昨日は月に一度出演している 上野池之端の「QUI」で歌ってきた。
自由が丘からは 遠いけれど
副都心線が東横線と乗り入れになったため
少し行きやすくなった。

いつも明治神宮前で千代田線に乗り換えて
「湯島」で降り、店まで不忍の池を見ながら歩いていく。

天候が下り坂にも関わらず
大勢のお客様でにぎわった。
ステージも とてもやりやすいし
お客様もみなさん よい店と喜んでくださる。

多分経営者の店に対する姿勢がきちんとしているからだと思う。
見習わなくては。
とにかく セコセコしていなくて 余裕がある。
長くまっとうなご商売を続けている方だからこその
自信とゆとりが店の雰囲気をつくっているように感じる。

a0079087_15555561.jpg

(写真 コイさん)

ラマンダのライブに関しては
もちろん経営を成り立たせていくためには
収益を上げなくてはならないけれど
その一方、仲間の歌手やミュージシャンでで商売したくない、
という気持ちが強い。
自分自身が音楽に携わってきたから
歌い手の気持ちもわかるし 店の気持ちもわかる。
だから ラマンダはライブ以外のところで収益を上げて
ライブを支えることができるようにしている。
いつまで続けられるかは 何とも・・・だけれど
ライブを聞いたり 自分も参加したりする楽しさは失いたくない。
自分が是非聞きたいと思える、
あるレベル以上の、本当のプロのライブを心して提供し続けたい。


ところで、バルバラの自伝「一台の黒いピアノ」、
とりあえず仕入れた30冊はあっという間になくなり
追加でさらに30冊を取り寄せた。
興味を持ってくださる方がたくさんいらして うれしい。
[PR]
by lamanda | 2013-06-20 16:01 | Comments(2)

バルバラ「一台の黒いピアノ」

出版社からまとめて30冊購入。
バルバラの作品を歌っている生徒さんには
絶対に読んでもらいたい。

ラマンダのオンラインショップから購入できます。
  ↓
http://www.chanson.to/javanaise/book/index.htm

読んだからって何が変わるものではないかもしれないけれど
その歌に託した アーティストの想いを少しでも垣間見ることで
解釈も 歌っている時に見える景色も変化すると思う。

それにしても67歳で亡くなったなんて・・

・・・・・

病院で出された処方箋を
近所の薬局に出したら
処方箋の名前を見て
「あの・・・シャンソンの?」と訊かれた。
なんで・・・と思ったら
その薬剤師さんは 知り合いのシャンソン歌手の生徒さんだった。

本名で歌っているから
このようなことは当然起こるわけだけれ
ちょっと 戸惑った。

今日のラマンダのスタジオでは一日中 
8/1開催「わたしの巴里祭」に出る生徒さんたちに
嶋本王子がステージングの指導をしていた。
今年で22年目。
早いものだ。
後22年生きている自信はないなあ、と思うと
一分一秒も無駄にしたくない。
でも 医者には「休め」と言われました。
[PR]
by lamanda | 2013-06-13 21:30 | Comments(1)

・・・

昨日は「パリ祭」のリハーサル。
バンドのリハと 
コーラス等の動きと歌のリハ。
資料をいただいていたので
コーラスの歌だけは覚えて参加。

動きもさほど難しくはない。
けれど 油断大敵。
コーラスは不得手だけれど 
声が重なり合って いい感じの時はとても気持ちがよいものだ。
どんな曲でも すぐハーモニーつけて歌える人がうらやましい。

・・・
それにしても ここの所
早く休むようにしているのに
夕方になると なんか グッタリ。
会社の決算の真っ最中なので そのセイかもしれない。

a0079087_2227616.jpg

家でワンコやニャンコをいじくって遊んでいるときが
私のリラックス タイム。


a0079087_22272981.jpg

注文していたバルバラの自伝の翻訳本がやっと届いたので
隙間の時間を見つけて読んでいる。
そうか、そうだったのか・・・ということが多々。
この本ラマンダでも扱いますので
お問い合わせください。
[PR]
by lamanda | 2013-06-10 22:27 | Comments(1)

合同発表会 終了

終わってしまうと なんだか寂しい。

今年の「合同発表会」も無事終了。
初めて参加される方もいらしたけれど
みんな 堂々と力いっぱい 良いステージを務めてくれた。
ステージ袖からみんな懸命にの歌っている姿を観ていると
お教室していてよかったなあ・・・と嬉しい。

キャリアの長い方は
やはり それなりの歌の太さが生まれてきている。
とにかく 歌は磨き続けていかないとね。

発表会で歌った時が その歌とのスタート。

昔、銀巴里の楽屋で大先輩の山本四郎さんが
「一年に一曲、山本四郎のこの歌が聞きたいといってもらえるような曲が
レパートリーになったら上出来ですよ。」と言っていらした。
本当にそう思う・・・。

さて 明日はシャンソネット・ライブ=銀巴里メモリアル・アワー=
花田和子さん、竹下ユキさん のラマンダではおなじみのお二人と
初出演となる ベテラン世古潤一さんと
山梨から来てくださる小倉浩二さんのステージです。
是非 おでかけください。

自由が丘FMインターネットTV&RADIOでは
遠藤由佳さんのMCで
ラマンダのカフェからの中継が17:00~ある予定です。
[PR]
by lamanda | 2013-06-06 23:57 | Comments(1)

気が付いたら

六月になって三日も日が過ぎていた。

大阪の次の日、5/31はラマンダのサロンでのライブ。
この日は昼間にレコパン・ド・シャンソネットがあった。
13:00開演で 8人の方が二曲ずつ歌った。
フジワラ君のピアノにアキちゃんのシンセも入って
なかなか 広がりのある伴奏。
ピアニストリハーサル、ゲネプロと
リハを繰り返してのステージなので
皆さんの歌も 落ち着いてカッチリ仕上がって
聞きごたえがある。

このステージ15:00には終わるので
いらしていたお客様が夜まで残ってくださるとは
到底期待できない。
・・・にもかかわらず 残ってくださった方たちもいらして
夜のサロンは 満員御礼。

おまけに たまたまアコのヨコウチ君が
ラマンダに立ち寄ってくれたので
急遽伴奏をお願いし
フジワラ君のピアノ、タクちゃんのベース、ヨコウチ君のアコと
豪華メンバーとなった。
実のところ 旅帰りということもあって
少しぐったりしていたのに
ステージをしたら スゴク元気になった。
いやあ バンドで歌うのって 本当に楽しい。
a0079087_21114355.jpg

a0079087_21112686.jpg

写真コイさん

・・・・
今日の昼は神戸から栫井加代子さんが
生徒さんたちを引き連れて ラマンダに来てくださった。
栫井さんの御嬢さんの栫井絵里加さん、
先日大阪でご一緒したばかりの橋本かよ子さんが
ラマンダのスタジオでライブをしてくださった。

地方の方がラマンダに歌いにてくださると
とても新鮮で うれしいものだ。

・・・
そして 明日は お教室の合同発表会。
目黒パーシモンホールの小ホールで15:00から。
無料です。
東横線「都立大」駅から歩いてさほど遠くないので
(行きは 軽い登り坂出7分位かかるけれど 帰りは下り坂なのであっという間)
是非いらしてください。

・・・
明日の準備が終わったら 帰ります。
[PR]
by lamanda | 2013-06-03 21:11 | Comments(3)

シャンソン


by lamanda
プロフィールを見る
画像一覧