シャンソン

by lamanda

<   2013年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

・・・

急に秋めいてきた。

家からすぐのクリーニング屋さんが
閉店する。
預けているものを引き取ってほしいと連絡があり
慌てて受け取りに行った。

ルーズな私は クリーニング屋さんを
ほぼクローゼット代わりにしていた。
使う時まで、あれ あの服がない・・・と気づくまで
預けっぱなしにしていた。
小さなお店なので きっと迷惑だったと思う。
今になって・・反省。

でも お店の方が いつも明るく気さくに話しかけてくれるので
クリーニング屋さんに行くのが楽しみだった。
とは言え クリーニングに出さなくてはならないような衣類というのは
私のクローゼットの中には 非常に少ないので
行くのは 年に数回だったけれど なんとなく楽しみだった。

それが閉店と聞いて 寂しい。

さほど深いかかわりを持っていないものでも
身近にあって 当たり前のように感じ、接していて
いざなくなると さびしいものって
多分たくさんあるのだろう。

日々 丁寧に物事に接して暮していれば
そういったものを見落とすことはないのだろうなあ。
毎日バタバタ している私のこの状況、どうにかしなくては。

でも 当分無理みたい。
歌の勉強しながら ラマンダを手伝っていたT君が
今月いっぱいで辞めることとなった。
だが 今までも周りの方たちに助けられながら
フジワラ君と二人でどうにか乗り越えてきたので
また新しい展開があるだろうと 楽しみにしている。

昔の自分を思い出せば 子育てしながら
仕事続けるのは大変だった。
若かったから、体力があったから できたのだと思う。
娘一人育てるにも
両家の親にサポートしてもらって やっと・・・だった。
小学校の高学年、中学くらいまでは
とりあえずやめない程度にというレベルでしかの仕事しかできなかった。
あのころにガンガン仕事していたら、
今頃どうしていたのかなあ・・とふと思うことか゛ある。
多分 私の場合、歌に関しては たいして変わらなかっただろう。

アタマに来ることも多々あったけれど
やっぱり 子供がいてくれて よかったなあと思う。
子は宝、よく言ったものだ。
[PR]
by lamanda | 2013-08-28 23:12 | Comments(0)

・・・

急に秋めいてきた。

家からすぐのクリーニング屋さんが
閉店する。
預けているものを引き取ってほしいと連絡があり
慌てて受け取りに行った。

ルーズな私は クリーニング屋さんを
ほぼクローゼット代わりにしていた。
使う時まで、あれ あの服がない・・・と気づくまで
預けっぱなしにしていた。
小さなお店なので きっと迷惑だったと思う。
今になって・・反省。

でも お店の方が いつも明るく気さくに話しかけてくれるので
クリーニング屋さんに行くのが楽しみだった。
とは言え クリーニングに出さなくてはならないような衣類というのは
私のクローゼットの中には 非常に少ないので
行くのは 年に数回だったけれど なんとなく楽しみだった。

それが閉店と聞いて 寂しい。

さほど深いかかわりを持っていないものでも
身近にあって 当たり前のように感じ、接していて
いざなくなると さびしいものって
多分たくさんあるのだろう。

日々 丁寧に物事に接して暮していれば
そういったものを見落とすことはないのだろうなあ。
毎日バタバタ している私のこの状況、どうにかしなくては。

でも 当分無理みたい。

歌の勉強しながら ラマンダれるを手伝っていたT君が
今月いっぱいで辞めることとなった。
そうか...。

自分の事を振り返れば、
彼位の年の時には子育ても目安がついて
お教室もすでに始めていたし、
歌に関しては、迷いながらもキャリアーは重ねていた。。
でも、子育てしながら
仕事続けるのは大変だった。
若かったから、体力があったから できたのだと思う。
娘一人育てるにも
両家の親にサポートしてもらって やっと・・・だった。
小学校の高学年、中学くらいまでは
とりあえずやめない程度にというレベルでしかの仕事しかできなかった。
あのころにガンガン仕事していたら、
今頃どうしていたのかなあ・・とふと思うことか゛ある。
多分 私の場合、歌に関しては たいして変わらなかっただろう。

アタマに来ることも多々あったけれど
やっぱり 子供がいてくれて よかったなあと思う。
子は宝、よく言ったものだ。









季節が来ると そうかクリーニング屋さんに出したままだったと気づいて
[PR]
by lamanda | 2013-08-28 23:12 | Comments(2)

・・・

急に秋めいてきた。

家からすぐのクリーニング屋さんが
閉店する。
預けているものを引き取ってほしいと連絡があり
慌てて受け取りに行った。

ルーズな私は クリーニング屋さんを
ほぼクローゼット代わりにしていた。
使う時まで、あれ あの服がない・・・と気づくまで
預けっぱなしにしていた。
小さなお店なので きっと迷惑だったと思う。
今になって・・反省。

でも お店の方が いつも明るく気さくに話しかけてくれるので
クリーニング屋さんに行くのが楽しみだった。
とは言え クリーニングに出さなくてはならないような衣類というのは
私のクローゼットの中には 非常に少ないので
行くのは 年に数回だったけれど なんとなく楽しみだった。

それが閉店と聞いて 寂しい。

さほど深いかかわりを持っていないものでも
身近にあって 当たり前のように感じ、接していて
いざなくなると さびしいものって
多分たくさんあるのだろう。

日々 丁寧に物事に接して暮していれば
そういったものを見落とすことはないのだろうなあ。
毎日バタバタ している私のこの状況、どうにかしなくては。

でも 当分無理みたい。
歌の勉強しながら ラマンダを手伝っていたT君が
今月いっぱいで辞めることとなった。

これまでも周りの方達に支えられながら
フジワラ君と二人で力を合わせて乗り切ってきたので
新しい展開を楽しみに頑張って行こう。

昔の自分を思い出せば 子育てしながら
仕事続けるのは大変だった。
若かったから、体力があったから できたのだと思う。
娘一人育てるにも
両家の親にサポートしてもらって やっと・・・だった。
小学校の高学年、中学くらいまでは
とりあえずやめない程度にというレベルでしかの仕事が精一杯だった。
あのころにガンガン仕事していたら、
今頃どうしていたのかなあ・・とふと思うことか゛ある。
多分 私の場合、歌に関しては たいして変わらなかっただろう。

アタマに来ることも多々あったけれど
やっぱり 子供がいてくれて よかったなあと思う。
子は宝、よく言ったものだ。
[PR]
by lamanda | 2013-08-28 23:12 | Comments(0)
毎月の楽しみの一つは
月に二回金曜日に開催している
「銀巴里メモリアル・アワー~シャンソネット ライブ~」
四人の歌い手と四人のミュージシャンの充実したライブ。

昨日のゲストは
広瀬敏郎さん、斉藤波さん、金山奈智子さん、そして田尻勝久さん。

田尻さん以外は「銀巴里」出歌っていた方たち。
広瀬さんは 私が歌い始めたころからの先輩。
伊東はじめさんたちとの ジュンヌ・エトワール、ジョーカーズそしてサンクオムと
男性のコーラスユニットも長くやっていらした。
「パリ祭」でも歌い手たちのコーラスアレンジをしたり指導をしたりしてくださる。

斉藤さんは紫雅恭子さんというお名前でうたっていらして
銀座でお店もしていた方、
金山さんは弾き語りもするパワフルな歌い手さんだった。

金山さんに至ってはお会いするのも22年ぶりだけれど
相変わらずのハスキーなでパワーのある声に改めて魅了された。

長く歌ってきている方って 心に訴える何かが
その歌声の中にある、と改めてみんなの歌を聴きながら感じ入った。

ライブの前には 自由が丘FMのネットTV「シャンソン・カフェ」
ゲストにはライブ前であわただしかったけれど
広瀬敏郎さんにスタジオに来ていただいた。

広瀬さんと向かい合っこんなに長くお話しするのは初めてだった。
あっという間の一時間で もっともっと伺いたいお話があって
ちょっと心残り。
また機会を創ろう。
お話を伺いながら やはり音楽に対する情熱と努力、そして練習を
継続してこそ 自分の世界が形作られていくのだなあと
改めて思い知った。
反省。
http://www.ustream.tv/recorded/37684245

スタジオからラマンダにどる途中で
保坂なつ子さんと 陽子ソレイユさんにバッタリであう。
お二人は シャンソネット・ライブ日には
チラシを配りながら自由が丘の町を流して宣伝してくださる。

まったくのボランティアで 必ずソレイユさんのアコに合わせて
なつ子さんが歌いながら 自由が丘の町をめぐる
私設ちんどん屋さんだ。
本当にありがたい。

a0079087_13441325.jpg


来月のシャンソネット・ライブは9/6金
阿部レイさん、栗原道子さん、保坂なつ子さん、劉玉瑛さんと女性4人のステージ。
是非 ご予定に入れておいてください。
[PR]
by lamanda | 2013-08-24 13:45 | Comments(0)

お薦めアプリ

先週は連日レッスン。
この暑さに 丈夫だけが取り柄だった私も
さすがにぐったり。
でも 毎晩のように ラマンダのサロンに素晴らしい歌い手が出演してくれて
彼らの歌を聴けるので 元気を回復する。
サロンの裏がオフィスなので
モニターでいつも聞いている。
先週は 松宮一葉さん、古賀力さん、芳賀千勢子さん、
竹下ユキさん、米田まりさん・・・と充実していた。

昨日の日曜も武蔵野市の自主グループのレッスン2クラス。
今日は大船のカルチャーと 外でのレッスンが続いた。

今月は 以下のライブがあるので
是非 お出かけくださいね。
8/21水 池之端・Qui ℡03-3831-0747  19:30~

8/26   銀座・蛙たち  ℡03-3571-4417 19:30~

先週の自由が丘FMのネットTV「シャンソン・カフェ」は
遠藤由佳さんと一緒。
「渚の想い出」というテーマ。

その中で Ipad のアプリで面白いものを教えてもらった。
POTTERY という焼き物を作るアプリ。
正規版は450円だけれど light版は無料なので
無料版をダウンロードして試したら 嵌ってしまった。

画面でろくろを回して 形作り
窯に入れると あっという間に焼きあがる。

できた作品を 売ることか゛でき、
その売ったお金で 染料や 刷毛や模様を買うことか゛できる。

最初はろくろで形造るだけ
a0079087_15525096.png

a0079087_15531178.png


これらを売って 染料を少しずつ買い足していく。
a0079087_15583024.png

a0079087_1558545.png


できた作品をどんどん売って 模様も買い、 デザインを考える
a0079087_15593439.png

a0079087_15595533.png


色と模様を組み合わせてデザインしてみる
a0079087_1611063.png

a0079087_162443.png


しているうちに もっと色を増やしたいとか
模様の種類が欲し久なってくる。
こうなると有料版を購入するしかない・・・

手は汚れないし、すくできるし 保存するのに場所とらないし、
かなりおすすめアプリです。
[PR]
by lamanda | 2013-08-19 16:11 | Comments(0)

「シャンソンの夏」終了

頭まですっぽりとお風呂の中につかっているような
とんでもない気候。

8/1??も猛烈に暑い一日。
前日に持っていくものすべてをそろえたつもりが、
夜中になって アンケート用紙を準備し忘れたたことに気づき
朝7時起きで ラマンダに行き アンケート用紙を作ってプリント。

11時にお弁当が届くので
10時半に開場入り。
ホール近くのコンビニへペットボトルを買い出しに行って戻ってきたら
もうグッタリ。

今回もマツバ夫人の店にお弁当を頼んだ。
仕事に行って お弁当がシャビーだと
大切にされていない気分で 士気が落ちる。
卑しいんだか食いしん坊なんだか・・・

今回は若い人のコンサート、ということで
お肉がたっぷり入ったボリュームのある内容にしてくれた。
気遣いに感謝!
a0079087_21444475.jpg


リハーサルは12時から。
前日に石和で仕事をしていたリュウちゃんが電車事故で
到着が遅れ心配したけれど どうにかセーフ。

嶋本王子がリハーサルを見に来て
みんなの動きをチェックして それぞれにアドバイスしてくれた。
とてもありがたかった。

チケット完売で補助席も出しての開演。
あっという間に本番。
16時から約3時間のステージ。
フィナーレは 夏のバカンスのイメージでね、と言っておいたら
みんなそれぞれ工夫を凝らして
倉井君はシュノーケルにフィン迄つけて
谷本君は浴衣姿・・・(写真:渡邉久美さん)
a0079087_21561163.jpg


みんなで記念撮影(写真:渡邉久美さん)
a0079087_21565995.jpg


お出かけになれなかった方は
後日発売予定のDVDでご覧ください。
昨年12月に同じ内幸町ホールで開催した「銀巴里メモリアル・アワー」の時と同様
ビデオカメラ3台出で撮影した高品質のDVDが出来上がってくるはずなので乞うご期待。

良いステージの後の打ち上げは格別楽しい。
a0079087_2202888.jpg


打ち上げの後 一人でラマンダに戻り
忘れてしまわないうちに チケットの清算の確認と支払いの確認などして
家に帰りついたのは 2時。

さすがにグッタリ。
自分がステージで歌うより 疲れるかも。

「シャンソンの夏」というタイトルに相応しい コンサートにみんなが作り上げてくれて
とてもうれしかった。
今回は 内幸町ホールの強いバックアップがあったので
どうにか形作ることか゛できた。
ホールの協力がなかったら もっと大きなキャパでしなくては
大赤字になってしまう。
ホールを大きくすると 経費も掛かるし 
歌い手が頑張って捌かなくてはならないチケットの枚数も増える。
バランスが難しい。

でも何事も続けなくては 形にならないので
なんとか2回目をできるように 工夫してみようと思う。

・・・翌日曜は ラマンダでライブがあり
そこでも バンドの男の子3人と 倉井君に会った。
みんな自分の子供みたいな年齢だけど
仕事をしていると それを感じない。

どうにも疲れが取れなくて 久しぶりにマッサージへ。
そして<半沢直樹>観て ワンコ、ニャンコとグダグタして・・・

・・・・もう月曜になり 新しい1週間が始まってしまった。
[PR]
by lamanda | 2013-08-12 22:11 | Comments(2)

さて今週は

8/1 「わたしの巴里祭」無事終わった。

前日に出演予定の方が一人 肺炎で入院。
ご本人が一番悔しい思いをされたと思うが
私もとても残念。
「逢引」と「生きる」の二曲を歌う予定で
とてもいい形に仕上がっていたのに・・・

彼女の分までみんなでよいステージにしましょうと
そんな意気込みで臨んだ。

終わってしまえばあっという間。
来年は8月8日。
23回目となる。

「パリ祭」と「わたしの巴里祭」が終わると
私の夏はほとんど終わったも同じ気分。
でも あともう一つ
8/10??の「シャンソンの夏」がある。

若手の歌い手とミュージシャンのステージ。
内幸町ホール。 16時開演。
今回は一切表に出ないで 裏でサポート。
みんながどんなステージ作ってくれるか楽しみ。

私は受付やらお弁当の手配やら・・・
そういえば8/1のお弁当。
マツバ夫人の店にお願いした豪華弁当。
8/10のお弁当も楽しみ。
a0079087_2135113.jpg

我が家のワンコたちは友人宅で預かってもらっていて
明日 帰ってくる予定。
ネコのズズの天下ももう今日一日で終わり。
思いっきり可愛がってあげましょう。
a0079087_21352166.jpg

[PR]
by lamanda | 2013-08-06 21:35 | Comments(0)