もう一年の1/12が終わろうとしている。

教室の「歌い初め」も「新年会」も終わった。
今年もマツバ夫人の「五葉亭」で たっぷりのおいしいお料理を頂いた。
昨年に続き マジシャンの魔法のようなテーブルマジックや
グループ対抗のしりとり歌合戦で、クラスを超えて和気藹々、大いに楽しんだ。

昨年はプライベートなことで色々思い悩んだり、駆けずり回ったりがあり、
心も身体も結構クタクタなまま、年末に突入した。
お正月も終えて、諸々の心配事もなくなり、少し気持ちが緩んだ。
と 思ったら見事に風邪をひいてしまった。
まったく・・・。

二月には博多で「銀巴里メモリアル・アワー in博多」というライブがある。
宇野ゆう子さん、竹下ユキさん、井上裕規さんたちとのステージ。
月に二回、ラマンダで開催している 「シャンソネットライブ~銀巴里メモリアル・アワー」を
そっくり 博多まで持っていこうという企画だ。

佐賀の吉澤さんや比田勝さんたちが尽力してセッティングしてくださっている。
2/5水 14:00と19:00の昼夜二回。
a0079087_20372151.jpg


是非 博多でお会いしましよう。
今日、町田教室の生徒さんが 知り合いからもらったという
イブ・モンタンのリサイタルのプログラムを ラマンダに寄贈するといってくださった。

1962年の初来日の時のものだ。
大判の立派なプログラムで 寄稿している方が
高峰秀子、野口久光、川喜多かしこ、湯川れい子、宮城まり子、高木史郎と
そうそうたる方たち。
曲目解説は蘆原英了さんでその解説も非常に丁寧。

そのプログラムの記事を読んでいて 日本で最初に「枯葉」を歌ったのは深緑夏代さんだと知った。
そうだったのか・・・

そのプログラムに載っている広告もなかなか面白い。
高輪プリンスホテルのブッフェの料金が 一人1000円。
平凡社の国民百科事典全7巻、完結記念の価格が特価で11,900円。
かとおもえば アモルスキンというドイツ製の美容クリームが50グラム10,000円。
パリでグランプリをとった高級クリームだということだが 
当時としてはかなり高価なクリームだ。
効果あったのだろうか。

モンタンのステージは 新宿厚生年金で観た。
ワールドツアーの一環での来日ステージだった。
今でも 彼のステージのいくつかの印象的だったシーンが目に浮かぶ。
行っておいてよかった。

そう・・・・カトリーヌ・ソバージュ、レオ・フェレ、コラ・ヴォケール、ジルベール・ベコー、
ジョルジュ・ムスタキ、セルジュ・ゲンズブール、シャルル・トレネ、バルバラ・・・
みんな鬼籍に入ってしまったけれど 彼らのステージを生で聴いて観ることか゛できたのは
シアワセなことだったとつくづく思う。

アズナヴール、グレコは機会があったら、もう一度、生のステージを聞きたいものだ。

 
[PR]
by lamanda | 2014-01-22 21:11 | Comments(1)

ラマンダ 歌い初め

元旦・・・松が明け・・・そして気が付けば
もう一月も半分近く。
月日の流れるスピードは確実に去年より加速している。
ボンヤリしていられない。

毎年恒例の教室の「歌い初め」
バンドで歌う。
ピアノ、ベース、、ドラムス、シンセ のピアノカルテット。
音響と照明は元銀巴里マネージャーの松浦さん。
かなり豪華版と思う。

体調崩した方とご不孝があって当日急に参加できなくなった方がいらして
2名欠席となり残念だったが
51名の参加者。
ラマンダのスタジオは熱気でエアコン無用。
みんなのために ぜんざいをお鍋いっぱいにつくってきて
ふるまってくださる生徒サンもいらして
和気藹々。
教室は違っても、みんな「シャンソン」で結びついているのから楽しい。

みんなのMCも面白くて曲数は多かったけれど
思いの外 トントンとステージが進んだ。

最後はレッスン券や 
生徒さんが寄付してくださったタヒチアン・パールのネックレスが当たる
大ジャンケン大会で盛り上がった。
13時から始まって18時に終了。

みんなの歌や楽しげな様子を見ていると
よし、今年も楽しくて、確実に前に進めるレッスンにしなくては、と強く思った。


終わってからミュージシャンたちとしゃぶしゃぶで新年会。
もうダメというほどお肉をいただく。
でも 頑張るパワーをつけるためにはお肉をいただかなくてはね。
[PR]
by lamanda | 2014-01-13 22:27 | Comments(0)

新年おめでとうございます。

今日は午後から 事務所に来て少しだけデスクワーク。

・・・・・・・

今年はにぎやかで、穏やかな年の瀬、そしてお正月だった。

母を施設から連れて帰り、久しぶりにしっかり付き合い
一年分の親孝行をしたつもりになれた。

母「今何年?」
私「年が明けて2014年よ」
母「わあ じゃあ私は84才になるわけ。じゃあ あなたはもう50過ぎているっていうこと?」
私「とっくに過ぎてるの」

という会話と
「まりって結婚したの?」という話題が
二分に一回の割合で三日間続いた。

普段だったらイライラして「もう!!!」となるのだが
忙しくないと ちゃんと付き合っていられるから不思議。

昨夜母を施設に送り返したら
ひどく淋しかった。
専業主婦だったら きちんと家で看てあげられたかもしれないのに・・・等と思う。
いやいや 三日間くらいだからよいけれど
アレが一年中続いたら 不幸な親子関係になってしまうだろう。
「これでいいのだ」
と自分に言い聞かす。

まりの一家も来てなかなか楽しく、お正月らしいお正月だった。

大晦日の紅白、バタバタしていて
ちゃんと観れなかったが、美輪さんはスゴイと思った。
初めて聞くオリジナルだったけれど
歌詞の隅々まで聞きたい気持ちにさせる。
「歌を歌う」ということって こういうことなんだ、と再認識した。
[PR]
by lamanda | 2014-01-03 20:20 | Comments(1)

シャンソン
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31