涙のシャンソン日記

lamanda.exblog.jp

シャンソン

<   2014年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

街角

昨日は月に一度第4月曜に出演している
銀座の「蛙たち」。
ロバート山田さんとは初めてご一緒した。

お店の中にはとても立派な胡蝶蘭がいっぱい。
49周年のお祝いやマダムのゆみさんのお誕生日のお祝いのお花だろうか。
「蛙たち」、来年の三月にはは50周年を迎えるという。
代変わりはいしているけれど
シャンソニエとして50年、半世紀も続いているなんて素晴らしい。

子供のころ 銀座のコリドー街にある歯医者に
歯の矯正のために月に一度通っていた。
学校が茗荷谷だったの学校の帰りに丸ノ内線に乗って
ランドセルをしょったまま治療に行っていた。
小学校二年から中学二年くらいまで六年間通った。

その当時は矯正歯科の専門医が少なくかったので
大学病院の紹介で「滝口歯科」というそのコリドー街の歯医者に通っていたのだ。

ちょうど「蛙たち」の向かいあたりに滝口ビルという小さなビルがあり
歯科はその一階にあった。
その先生の持ちビルだったわけだ。
もちろんそのビルはもうない。
でもコリドー街を歩いていると 
小学生時代の自分にバッタリ会えるような気分になる。
まさに「Coin de rue」。

a0079087_21324585.jpg


a0079087_21331130.jpg

(写真 コイさん)

・・・・・
今日は個人レッスン二人と「フランス語で歌う」のグループレッスン。
「サンジャンの私の恋人」一回目。
先生のフレデリックは若いので 教室の教材に使うシャンソンは
ほとんど知らないようだけれど、この曲は知っていた。
サンジャンのお祭り、というのも名前は知っているけれど行ったことはないという。
田舎の方ではやっているかも、とのことだった。

夜の二階のサロンは井上裕規さん。
のびのびと心のままに歌っていて 素晴らしいステージだった。
もっとたくさんの人に聞いてもらいたいなあ。
[PR]
by lamanda | 2014-03-25 21:51 | Comments(2)

横浜教室発表会終了

今日22日は 横浜教室の発表会。
教室の最年少の20代の生徒さんも
私の母と同じ歳の方も、
さらに80代後半で最高齢のの生徒さんも
楽しく一緒に勉強している クラスだ。

16名それぞれに 人生の背景が歌の中に見えてくるようで
興味深いステージだった。

・・・・
昨日は お彼岸。
国府津の教会でも死者のためのおミサがあった。
午前中、早くに家を出て、まりと一緒に行ってきた。
お天気が良かったので 
教会の庭から見える湘南の海も空気も穏やかで心地よかった・。

久し振りに歌う聖歌もなんだか新鮮。

春と秋の死者への追悼のおミサでは 帰りにお弁当が出る。
地元の仕出し屋さんのお弁当だけれど おいしくてお気に入り。
アジフライ、エビフライ、ブリの照り焼きとお魚が中心。
このお弁当を 帰りの東海道線のグリーン車で
外の景色を眺めながらいただくと ちょっとした旅行気分。

a0079087_21351874.jpg



ラマンダにも取ってからレッスン、
そして 夜はシャンソネット・ライブ~銀巴里メモリアル・アワー~
昨日は嵯峨美子さん、青木FUKIさん、佐竹律香さん、小林美恵子さん。
50人以上のお客様が来てくださって
客席の熱気もムンムン。
a0079087_21355249.jpg


写真は嵯峨美子さん。
嵯峨美子さんのステージはちょっとした眼差しや手の動きにはっとさせられる。
お芝居をしていた方ならではのものだろうなあ。

やはりお客様が多いと
歌い手のテンションは自然と上がる。
お客様が少なくても、
少ないからこそより丁寧に一生懸命歌おうと努めるけれど
やはり 客席の温度の高さが
歌い手のエンジンの回転数を
知らず知らずのうちに高めてゆく。

所謂メージャーの方は別としても
いつの時代でも、どの歌い手でも集客は一番のストレスだと思う。

そういえば、佐竹さんのご主人は 学校の先輩。
そのご主人の弟さんは同じく後輩。
小学校から高校まで続いての先輩後輩なので
お話したことがなくても ずっとお名前とお顔は知っていた。
世の中って どこでつながっているかわからない。

さて 明日はあっという間にめぐってくる日曜日。
少し余裕があるので 昼間のうちに洗濯や掃除ができそうだ。
それだけで、なんとなく嬉しい。
倹しいシアワセだ。
[PR]
by lamanda | 2014-03-22 21:33 | Comments(0)

私のカレンダー

毎年三月は カルチャークラスの発表会が続く。

先週も12水に町田教室 、14金は自由が丘教室と二つあり
今週は今日が大船教室、明日18火は自由が丘・夜教室、
22??横浜教室と続く。
そして来週27木の自由が丘2教室で最後となる。

いずれも15時からで無料です。
散歩がてらお出かけください。

あくまでもグループレッスンのクラスだが
それぞれのクラスにカラーがあって 面白い。

発表会を終えると お教室の結束力が強まって
和やかな雰囲気が濃くなってくる。

今は「ラマンダ」という場所があるので
教室の発表会は すべてそこの一階のスタジオで開催する。
だから スケジュールの調整も
当日の時間調整もとても楽だ。

かつては「青い部屋」や
新橋の「シャミオール」を貸していただいていた。
なんだか懐かしい。

渋谷の「三浦ピアノ」のスタジオを借りてレッスンしていたころのことも
時々思い出す。

鎌倉の家から10時に車で出発し
渋谷の道玄坂周辺をグルグル回って
パーキングのスペースを探し 12時から三浦ピアノでレッスン。
お陰で坂道の縦列駐車がとてもうまくなった。

夕方5時か6時くらいまでレッスンし、
夕食を摂ったのち、車の中で仮眠。
それから 夜のライブハウスへ歌いに行っていた。

家に帰って2時過ぎ・・ということをほとんど毎日やっていた。
元気だったのだなあ・・・。

そんな日々が ふっとなつかしくなる時もある。
でも もう戻れないなあ。
戻りたくないし・・・

誰もが考えることだと思う。
後 何年歌っていくのかなあ、とか
この先10年後、どこで誰と何をしているのかなあ、と。

かつて私の部屋に「未来を見つめるカレンダー」というタイトルのついた
31年カレンダーを張っていたことがあった。
「アンアン」の創刊号の付録だったように思う。
1971年から2001年までが大きな一枚の紙に印刷されていた。

その時2001年なんてスゴイ先、と思ったけれど
とっくに過ぎてしまった。
母が そのカレンダーの各年の横に
父と母と私の年齢を書き込んだ。
1971年 父は48歳、母は41歳、私?
2001年 父は78歳 母は70歳、私?

父はそのカレンダーの最後の年、2001年に
誕生日を迎えることなく亡くなった。
母は 今年84になるが ボケて 介護施設で楽しく暮らしている。

私のカレンダーは どこで終わるのかな、とふと思う。
[PR]
by lamanda | 2014-03-18 00:10 | Comments(1)

一週間思い出して

いよいよ三月に突入し、今日はもう啓蟄。

1??  昼と夕方にに個人レッスン。
午後は1Fのスタジオで
自由が丘のシャンソン友達の河津クンと
彼の友人エミリーさんのコンサート。

アコーディオンの桑山さんも飲み友達とかで
聞きにきてくれた。

2日 吉祥寺へ。
シャンソン自主グループ「ベルけやき」と「ベルフォーレ」のレッスン。
ベルフォーレは4/15に発表会を控えている。
14:30開演、武蔵野市民文化会館小ホール 無料です。
グループレッスンなので 
曲の形を作るには どうしても限界はあるけれど
みんな それぞれに努力しているのが感じられて嬉しくなる。
目的のあるレッスンは 教える方もパワーが出てくる。

3月 バタバタの一日。
12:30~15:30 大船教室発表会のリハーサル
終わってすぐに 和歌山から来てくださる生徒さんの個人レッスン。

そのあとは18:00開場でソワレ・ド・ラマンダ。
ゲストをお招きして勉強中の方三人のステージ。
今回は 私が初めてゲストの役をすることに。

食事摂る暇もなく、曲を選ぶ時間もないまま本番に突入。
こんな風に余裕なくステージに立つのは不本意で嫌だなあ・・・
と思いながらも 仕方なく・・・
でも 私の前にうたわれた三人の方たちの
それぞれの歌に対する想いや 歌に対する誠意が
ジワジワ胸に迫って 自分の中のテンションが上がってきて
とても充実したステージにすることか゛できた。
みんなに感謝!!
というわけで そのあとの打ち上げもとても楽しいひと時となった。

サロンはあみさん。
お雛祭りということでレトロな雰囲気のお着物で歌ってくださった。
お客様にもお着物お召しになった方がいらして
華やいだ雰囲気に。

ライブやコンサートは歌い手だけではなく
いらしてくださったお客様と一緒に 
その日の雰囲気を創っていく楽しみがある。

4火 昼から個人レッスン三人。
中級Dクラスは「アルゼンチンよ泣かないで」。

夜は自由が丘・夜クラス「笑わないで」
サロンは日野美子さん。

5水 昼から個人レッスン二人
3/7金14:00からのレコパン・ド・シャンソネットのゲネプロ。
勉強中の方々のためのライブ。
フジワラ君の30分のピアニストリハーサルと
当日のプログラムで 通すゲネプロと 
本番前に準備の時間を撮ってあるライブなので
なかなか充実していて いつも楽しみに聞いている。
今回は曲目も出演者もかなりレベルが高いので
7日の本番がたのしみだ。
是非 お出かけください。

夜のサロンは井芹悠さん。

そして 今日は今生徒さんお二人が定期的に続けている
サロン・コンサート。
お友達をお招きしてお茶とケーキを楽しんでいただきながら
それぞれ7曲ずつを歌う くつろいだ雰囲気のコンサート。
ある程度まとまった数の曲を 曲順も考えて構成して歌うのは
とても 勉強になるはず。

夜のサロンは杉原あつ子さんのステージ。
19:00と20:00の二階ステージ。
普段聞く機会の少ないレパートリーを
沢山歌ってくださいルので ぜひお出かけください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この間のシャンソネットライブの後の打ち上げの写真。
ベースの長尾さんが撮ってくださいました。
堀内先生の 昔のお話にみんな興味津々で聞き入りました。
左から 井上京子さん、友部裕子さん、
元銀巴里マネージャーの松浦さん、フジワラ君、ワタシ、日栄照美さん、
アコの横内クン、堀内環先生、ドラムスの野口さん。

a0079087_1529227.jpg

[PR]
by lamanda | 2014-03-06 15:31 | Comments(0)

シャンソン


by lamanda