シャンソン

by lamanda

<   2014年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

そして一週間

今日は昼間にラマンダのサロンで
旧藤沢教室の「再会プティ・コンセール」があった。
20年ほども前に藤沢にあったカルチャークラスの生徒さんたちの
自主コンサート。
今もずっと ラマンダでシャンソンを続けている方たち6人が中心になって
かつてのお仲間を呼んでの和やかで懐かしさいっぱいの集まりとなった。

15年ぶりに会う生徒サンも何人もいらした。
こんなに長い年月を経ても こうして集まって
楽しく過ごせるというのは 実に嬉しくありがたいこと。

そして 今日これから19:00スタートで
ラマンダのサロンライブ。
私にとって今年最後のサロンライブとなる。
時々機会を見計らって
若い歌い手を皆さんを皆さんにご紹介していこうと思っている。
というわけで 今日は麻宮良太さんに来ていただく。
若くてさわやかな魅力いっぱいの歌声だ。

・・・・・

この一週間も、今日が何曜日かわからなくなるくらい
バタバタだった。
でも 隙間の時間にチケットが取れたので歌舞伎座に行けたのはラッキー。
通し狂言「雷神不動北山櫻」。
「毛抜き」や「鳴神」といった有名な場面、
そして海老蔵の五役早変わりや荒事等盛りだくさん。
玉三郎も相変わらず群を抜いて美しい。

今回知った事。
「見得を切る」というのは映画でいえば「クローズアップ」であるということ。
ナルホド と納得。

火曜日には教室恒例の「クリスマス会」
内輪の会なのでみんなリラックスして食べたり飲んだり歌ったり。
a0079087_17463539.jpg

a0079087_1746762.jpg


水曜は今年最後の「池之端Qui」。
沢山のお客様に来ていただいて充実したライブになった。

その帰りにマツバ夫人と丸の内のクリスマス・イルミネーションを見に行った。
ミーハーして記念撮影。
a0079087_17502676.jpg

でもラマンダのイルミネーションもきれいでしょう?
a0079087_17512100.jpg

[PR]
by lamanda | 2014-12-19 17:52 | Comments(0)

さて

気が付くと日曜になっている。
日曜も月のうち二回は 武蔵野の教室のレッスンがあるので
私にとって自由時間が取れるのは 月に二回。
この状況を何とか改善したいと思いながら
一年が過ぎようとしている。

映画を見たり,本を読んだり、旅行に行ったり・・・したいなあ。
でも 仕事をしているのが決して苦ではないところが、難しい。

さて、 昨日は中級Dクラスの発表会。
お身内にご不孝があっておひとり不参加となってしまった。
参加者の多くが長くお教室にいらしている方たちなので 年齢もかなり高く、
みなあちらこちら自分の体の具合やら家族の具合やらが悪い。
その中で、こうして歌を続け、不自由な身体を自分で励ましながら
ラマンダに通ってくださるのは 嬉しいことだ。

・・・
そして 今日は今年最後のラリエゾンのライブ。
メンバーの亜弓ちゃんが声帯障害で声が出なくなってお休み。
劉ちゃんは膝に水がたまって 足が痛くてビッコをひき
小川君はぎっくり腰で不自由そう。
若くても あちらこちらと 具合が悪くなっている。
a0079087_20495082.jpg


歌い手は身体だけが頼り。
以前石井好子先生が
「歌い手は悩み事があったって歌えるけれど 
声が出なかったらおしまい」とおっしゃっていた。
折に触れて思い出す言葉だ。

というわけで やっとインフルエンザの予防注射を打ってきました。
今とても流行っているという。
手遅れでありませんように。

私を慰めてくれる二輪のばら。
a0079087_20503040.jpg

a0079087_20504838.jpg


「ブローニュの森の貴婦人たち」という古いフランス映画の中の台詞で
「花の陰には 男の顔が見えるわ」というのがあった。

昔の映画はグッと心に迫る台詞や
写真のように目に焼き付くシーンがあるので好き。

見えるでしょうか・・・男の顔。
[PR]
by lamanda | 2014-12-10 20:56 | Comments(0)

12/24の/リハーサル

12/24 内幸町ホールで開催する
「銀巴里メモリアルアワーvol.4 第二回シャンソネット スペシャル
~クリスマス ファンタジー~のバンドリハーサル終了。

昼夜合わせて18人の歌い手が
三曲ずつ歌うので 曲数はかなりある。
凝った演出はせず、ラマンダで開催している
シャンソネット ライブのホール版といった感じのステージだ。
とにかく「歌」で勝負のステージ。

リハーサル聞いていても結構ゾクゾクした。
初めて聞く歌も何曲かあった。

主催しているから、言うわけではないけれど
とにかくみんなの歌の世界がそれぞれに際立っていて
尚且つ、上手い。

シャンソンファンはもちろんだけれど
シャンソンを勉強している方たちには
是非とも聞いてほしい プロの世界です。
a0079087_23143645.jpg

まだチケット大丈夫です。
[PR]
by lamanda | 2014-12-04 23:14 | Comments(0)
12月になってしまった、と思っていたのに
もう三日も過ぎてしまった。

昨日は毎年伺っている旗照夫さんのバースデー・ディナーショーへ。
ホテルオークラの中華正餐。
大好きなカニのタマゴ入りのふかひれスープ・・・をはじめ
ここの中華は美味しくて好き。

ちょっとしたご縁から もう10年以上も続けて参加している。

旗さんもちょっと前の時に「後期高齢者の仲間入りをしました」と話していらしたのに
もう80歳になられるという。
90歳まで歌われるという。
90歳の時に一番歌が上手くなっていたいと思っている・・とも・・・
いいなあ。
とにかくお元気。
a0079087_2031246.jpg



バンドもいつものように管が三本入っている。
管か入ると昔のナイトクラブみたいないい感じ。
ミュージシャンはみんなすごく上手。

曲目は「あいつ」や「ハッシャバイ」そしてジャズのスタンダード等々
旗さんのお得意の曲ばかり。

そしてこのディナーショー、途中で来ているお客さんを
旗さんが皆に紹介する。
その時になぜか「シャンソンの・・・」ということで私を紹介してくださる。
なんであれ「シャンソン」という言葉が人の耳にとどくだけでもありがたい。

毎年この会場で 昔のシャンソン協会の今道さんにお会いする。
今道さんは学生で歌い始めたころ とてもお世話になった。
今道さんもお歳を召された。
みんな年を取っていく。

でも先日の瀬間千恵さんにしても 旗さんにしても
先輩の歌い手の方たちは お元気で
なんだか嬉しくなってくる。

明日は12/24内幸町ホールでのコンサート
「銀巴里メモリアル・アワー~クリスマス・ファンタジー」のバンドリハーサル。
もうすぐクリスマスなのだ・・・
a0079087_20332219.jpg

[PR]
by lamanda | 2014-12-03 20:34 | Comments(0)