涙のシャンソン日記

lamanda.exblog.jp

シャンソン

<   2015年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

この一週間

あいにくの雨。

ラマンダの前の遊歩道の桜は昨日の陽気で
ほぼ満開。
昨日は大そうな人出でカフェも大忙しる
ラマンダのテラスはこれからが気持ちの良い季節となる。

a0079087_16554943.jpg


a0079087_16561634.jpg


先週の木曜に 中高の同級生と、高校の同窓の先輩がラマンダに来てくれた。
阿部レイさんのサロンの日で
二人ともフランス語やフランス文化に造詣が深いので
ライブを楽しんで聞いてくれた。

そのあとも一階のテラスで話が弾んで
非常に楽しいひと時。
a0079087_1740020.jpg

同級生と先輩とは ともに東大→JALと進んだこともあって親しい。
でも4~5年ぶりという。
同級生と私とは多分20年位ぶり。
先輩と私はつい二週間ほど前に初めて会ったばかり。

成長期に同じ教育を受けたり、同じ環境にいたというだけで
なんでこんなに打ち解けられるのだろう。

・・・
27金は「銀巴里アワー~シャンソネット ライブ~」
ゲストは西原啓子さん、岸本悟明さん、山本理恵子さん、そして
初出演のYU-MEさん。

アコの横内信也さんがお休みだったので
バイオリンの向島ゆり子さんに来ていただいた。
私のCDやコンサートでお世話になった方。
エモーショナルで臨機応変、素晴らしいプレーヤーだ。

ところで、YU-MEさんのは
昨年の「第一回 東京シャンソン・コンクール」の審査員をした時に
初めて聞いて とても印象にのこっていたので
今回、声をかけた。

素晴らしい声の持ち主だ。
これからどんな世界を作っていくのだろう。

今年は積極的に ピアニストや歌い手の方に推薦してもらって
新しい歌い手にもでてもらうようにしていこうと思っている。

勿論オーディションも受け付けている。
まず、テープで聞かせてもらって
そのあとは シャンソネット・ライブの途中で生で歌っていただきも、
ミュージシャンやその日の歌い手の方たちの意見を聞いて決めていく。

かつて「銀巴里」に出演していた歌い手の多くがそうだったように
上手いとか下手とかではなくて その人の世界感が感じられる
グッと来る歌が聞きたいものだ。

ただ このライブ、月に2~3回しか開催できないのが悩みの種。
地道に続けて行こうと思う。

フジワラ君は今LAのアキちゃんのところへ行っている。
金曜のシャンソネット ライブ終わると同時にラマンダを゜飛び出して
羽田へ行った。
間に合ったらしい。

帰国は4月2日。
3日には昼夜とシャンソネット ライブがある。
飛行機が遅れたりしたら・・・と心配なので
その日は上里さんにピアノのトラをお願いした。

昼13:30からのステージは
山崎肇さん、古坂るみ子さん、貝山幸子さん、井上葉子さん。
井上葉子さんは初出演となる。

そして夜18:30からのステージは
広瀬敏郎さん、青木FUKIさん、米田まりさん、倉井克幸さん。

アキちゃんもLAでの勉強を終えて四月には帰国する。
ピアノがどんなに変わったか楽しみ。

4/8水には 久しぶりにラリエゾンの定期ライブがあるので
その時に聴くことか゛できる。
ラリエゾンも 今までのメンバーに高梨雄太郎さん、清水たか子さんにも
少しずつ参加してもらってコーラスの幅を広げていくので
応援してください。

今日もラマンダのスタジオでみんなで練習していた。
良いことだ。
コーラスはとにかく練習しないとね。

というわけで フジワラ君不在の間に
とてつもなく溜まっている事務仕事と家の片づけを頑張るつもり。
どこまでできるか・・・
[PR]
by lamanda | 2015-03-29 17:38 | Comments(0)
ラマンダでは 好きなゲストの方と一緒に歌えるステージを不定期で開催している。
昼の開催は「ジュルネ・ド・ラマンダ」、夜は「ソワレ・ド・ラマンダ」。

もともとはウチのお教室の生徒さんのために始めた。
学んだ歌を実際のステージで、
目的をもって歌うことによって身に着けていくための
レッスンの流れの中での一つの場として設けた。

今はお教室の枠はなく、どなたでも参加できる。

3ステージのうちの最後の3ステージ目はゲストのオンステージ。
1、2ステージは勉強中の方3名も2曲ずつ歌う。
1人計4曲。

チケットは2000円。
ゲストの出演料とピアニスト代、PA代となる。

シャンソンのライブハウスに出て勉強する方もいるけれど
それはとても大きな責任を伴う。
それよりもっと 気軽に、「勉強中」ということをはっきりとアナウンスし、
お客様にもそれを納得したうえで聴いて、
応援していただきたいと思って作ったステージだ。

各ステージはゲストの方が 最後にきちんと引き締めてくださる。

3/17火には杉田真理子さんをお迎えしてのソワレ・ド・ラマンダ、
3/23月には竹下ユキさんがゲストのジュルネ・ド・ラマンダがあった。

どちらも清潔で良いステージだった。
ゲストの方たちも、勉強中の方たちにとても優しく接してくださる。
ステージの後に打ち上げをすることも多い。
そんな時はゲストの方たちから
色々なお話が聞くことか゛でき
それを楽しみに参加する方たちもいる。

嵯峨美子さんや山崎肇さんのように
ご自分の生徒さんと一緒に出演されて 
和やかなステージを作られるゲストの方もいる。

是非、勉強中の方たちに活用していただきたいステージだ。
出演希望の方はラマンダまでお問い合わせください。

℡03-3724-9959

・・・・そして先週は自由が丘2教室と、自由が丘教室、
二つのグループレッスンのクラスの発表会が続いた。
どちらも楽しい発表会だった。

金曜の自由が丘教室の発表会には80名くらいのお客様がいらして
お席を作るのが大変だった。
熱気ムンムンでクーラーーを入れるほど。
嬉しいことだ。
・・・・・・・

そう・・・そんな楽しいこと続きなのに心が落ち着かない。
もうすぐ 藤田嗣治の作品が届く。
毎日、目が覚めるたびに それらの作品の事を思う。
恋愛に近い精神状態だ。

先週の買い物モードからギアチェンジしなくて・・・突っ走ってしまった。
迷いに迷ってもう一点買うことになった。

以前、秋田にある藤田嗣治の美術館で買った絵葉書で
すっかり魅了されてしまった作品。
実物を見てしまったら、もう・・・ダメ。

一点は自宅に、一点はラマンダに飾る予定。
楽しみにラマンダにいらしてください。

予告編1  これは自宅用のリトグラフ
a0079087_22475752.jpg
[PR]
by lamanda | 2015-03-24 22:51 | Comments(0)

買い物モード

水曜の町田教室の発表会に続いて
土曜には横浜教室の発表会。

クラスごとにカラーが違う。
横浜教室は30歳になったばかりの方から
その約3倍のお歳の方まで年齢の幅も広い。
横浜という土地柄のためか、仕事を持っている方が多いからか・・・
それぞれの個性が際立っていて なかなか楽しい発表会だった。

発表会、と言えば武蔵野の自主グループ「ベルフォーレ」の発表会が
4/4土に武蔵野市民文化会館小ホールである。
14時半開演で無料なので、お近くの方はお出かけください。

昨日はその発表会のためのゲネプロ。
グループや全員で歌う曲が何曲かあり、
その動きもつけるので 、生徒サンも動きを覚えるのが大変らしい。
でも昨日は思いの外、みんなよく動きを覚えていたので
ほっとした。
自主練習をみんなでしているので
その効果かも。
良いことだ。

帰りに吉祥寺の画廊へ。
迷いに迷って藤田嗣治のリトグラフを購入。
昔から好きで、欲しかった作品。
額装をして二週間ほどで届く予定。
どこの壁に掛けようか・・・たのしみ。

藤田の作品は贋作が多いのでネットでは買う気がしない。
実物を見て 何か感じれば
仮に贋作だったとしてもかまわない、と思っている。
その作品と向かい合った時、心にピタッとくるものがあればよいと思っている。
それは ジュエリーと同じ。

実は同じリトを違う画廊でもみてきた。
周りの雰囲気が違ったからか
その時の自分の状態が落ち着いていなかったからか・・・
原因はわからないけれど
その時は、なんだか違う・・・と思って値段だけ聞いて離れた。

今回は違った。
本当は見るだけ・・・のつもりだったけれど。

昨日の画廊はガレやドームも結構沢山く置いてあり
イコンやアクセサリーのアンティークも。
アレコレ見ているうちに 私にしてはちょっと大きな買い物をしたので
ついつい気が大きくなり リアスタンのブローチも買ってしまった。
たかがセルロイドのブローチなのだけれど・・・好き。

a0079087_23304858.jpg


完璧に買い物モードに突入していた私でした。
これが続いたら、かなりマズイ。
[PR]
by lamanda | 2015-03-16 23:37 | Comments(0)
先週末から次々と色々なことが。

毎月2回金曜夕方から開催していた「銀巴里アワ-~シャンソネット ライブ~」、
今年から昼のステージもすることにした。
最近のお客様は、夜の外出を避ける方が多い。
シャンソン ファンの高齢化ということか。
女性の方が多いから 仕方のない現象なのかもしれない。

6日(金)は初めて 昼・夜と二回ステージをしてみた。

昼は仲マサコさん、秋篠樹里亜さん、MIKAKOさん、かこい絵里加さん
夜は槇小奈帆さん、竹下ユキさん、高木椋太さん、清水たか子さん

秋篠さんは休演したいというおしらせをいただいていたので
印刷物等でその旨をお客様に連絡していたけれど
前日になって、やはり歌いたいとご電話があった。
歌うことでお元気になっていただければ 良いと思う。

昼夜のライブで長く感じるかしら・・・と心配したけれど
ミュージシャンたちも まったくそんなことはなかった、楽しかったといってくれて一安心。

先日もこの「銀巴里アワ-~シャンソネット ライブ~」に
トラで来てくれたミュージシャンの一人が
「久しぶりに全員プロの伴奏して楽しかった」と言ってくれた。
嬉しかった。

そして翌7日(土)はジュルネ・ド・ラマンダで香川有美さんがゲスト。
夜はサロンで渡辺歌子さんのソロライブ。
昼夜ライブがあるので あきらめていた小学校の同窓会だったけれど
幹事の同級が強力にさそってくれた。
でも・・・とまよっていたけれと、カメちゃんが留守番を引き受けてくれたので
思い切って出かけた。

小学校から高校まで12年間通った茗荷谷。
今は学校の名前が変わって「筑波大付属」となったけれど
私が小学校に入学したころは「教育大付属」という名で
今でも「教育大付属」という呼び名の方が
私にはしっくりする。

小学校へ向かう道の景色もすっかり変わって ラ・ボエーム状態。
なにしろ50年ぶりの同窓会。

1クラス40人で6年間クラス替えがなく、
おまけにその後も中学、高校と一緒に進学した友達が大半なので
ほぼ親戚状態。
だから互いに親御さんのこともよく知っている。

全部で4クラスだったし、中高で同じクラスになった人もたくさんいるので
他のクラスの人も良くわかる。

約半数に近い出席で、実に楽しいひと時。
ほぼ100%、次の50年後の同窓会はない。

そして8日(日)はお見舞い。
脳卒中で自宅で倒れ、三日間そのまま飲まず食わずでたおれていたという。
連絡が゛とれなくて不審に思って訪ねてきた家族が見つけ、
救急車で病院に担ぎ込まれ一命を取り留めた。
良く助かってくれた。

本人が逢いたいといっているからというご家族からの連絡でお見舞いに行った。
後遺症がどれくらいか想像がつかなくて心配していた。
恐る恐る・・・という感じで出向いた。
でも体の麻痺は残っているけれど
話はきちんとほぼ普通にできるのでホッとした。
リハビリを続ければまた歌に復帰できそうだ。
待っているからね・・・。

お見舞いの帰りに横浜の隠れ家レストランへ。
山手の高級住宅地の中にある素晴らしいレストラン。
三日前の予約しか受け付けないという。
おまけに店の看板らしい看板が出ていない。
お金持ちのお屋敷に手を入れた店で、静かでロケーションも素晴らしい。
お見合いや婚約の御席に良いかもしれない。
・・・まあ そのシチュエーションは私にはもうあり得ないので
何か口実を作って出かけるしかない。
とにかく、ハレの日を過ごすには最高のレストラン。


9日(月)は個人レッスン4人の後
ラマンダでのサロンライブ。
11年ほど前に亡くなられた先輩歌手望月康子さんのご主人が来てくださった。
バルバラの「いつ帰ってくるの」は
望月さんの訳詞でずっと歌わせていただいている。
他にもいっぱい望月さんのいい訳詞があったはずだ。
今度見せて頂こう。

10日(火)は毎月第4月曜に出演している
銀座コリドー街の「蛙たち」の創業50年の記念コンサート。
代替わりして今のオーナーは三代目。
こうして、オーナーが変わり
お店のカラーも変わり、新しい「蛙たち」に生まれかわっていくのだなあ・・・

会場は有楽町マリオン。
近くて便利で良いホール。

歌い手が沢山出るので楽屋はかなり混雑。
ほとんどの人が一曲しか歌わないので
待ち時間が長く、楽屋は女子会状態。
なかなか楽しいひと時でした。

コンサートはもちろん満員御礼。
クミさんが素敵な写真を撮ってくださいました。
みんなとても良いお顔。

a0079087_073098.jpg


そして・・・やっと今日11日(水)
町田教室の発表会。
このクラスも20年以上続いている。
亡くなられた生徒さんもお二人。
おっとりとして良い雰囲気のクラス。
クラスごとにそれぞれ雰囲気が違うから面白い。

今週末14日(土)は横浜教室の発表会。
15時開演です。もちろん無料ですのでお気軽にお出かけください。

おっとその前に13日(金)は再びラマンダ二階のサロンライブ。
月に一度池之端の「Qui」で一緒している杉浦理佐さんと一緒のステージになります。
理佐ちゃんのファンの方達のリクエストで出てもらうことに。
同じくその方たちからのリクエストで、めったに歌わない「二の腕」も歌います。

・・・こんなに書くことが溜まるなら、毎日こまめに書いておけばよかったと反省。









 
[PR]
by lamanda | 2015-03-12 00:14 | Comments(0)

さて今週は

昨日はお雛様。

ラマンダでも生徒さんたちと
「ひな祭り バンドで歌おう」というイベントをした。
生徒さんたちに少しでもバンドで歌うことの楽しさを知ってもらい、
リズムやノリを体で感じてほしくて
おりを見つけてはこの「バンドで歌おう」というイベントをしてきた。

「ひな祭り」だったので 、何かピンクのものを身に着けてくること、という
ドレスコードを設けた。
洋服がピンクでもいいし、スカーフやコサージュ、口紅やマニキュア・・・
なんでもいいから ピンクのものを身につけること。
なかなか華やか。

そして「五葉亭」にたのんで懐石弁当付き。
桃の節句らしい 春めいたお弁当で大好評。

「歌い初め」のときのように
参加者の方の不要になった服やドレス、アクセサリー、日用品・・・
・・・なんでも・・・を寄付していただいて
希望者に買ってもらいそれを東日本大震災の寄附にあてる。

ビーズやスパンがぎっしりついたドレスを何着も寄付してくださった
生徒さんがいらして、みんな大喜び。

ただし値段は100円以上1000円まで。
なので掘り出し物を見つければ超お得。
希望者が多いときはジャンケン。
私も シャネルのチェーンベルトを出してみた。
思いの外、気が付いた方少なかったみたい。

お茶の先生は休憩時間にお茶をたててくださって
皆さんが飲んだお茶代をドネーションにしてくださった。

今回も3万円以上集まった。
ちりも積もれば・・・日常的にそういったことを心がけていけるとよいなあ・・と思う。

・・・
さて 今週のシャンソネットライブ
2/2iに亡くなられた松浦進一さんの奥様の秋篠樹里亜さん
休演するとご連絡があったので、私がトラを務める予定だったけれど
少しお元気になられたとのことで やっぱり出演されることになりました。

何度もスケジュール変更で申し訳ありません。

今年から昼のシャンソネットライブも開催していきます。
3/6はラマンダで昼夜と どっぷりシャンソン漬けになってください。

6日(金) 銀巴里アワー〜シャンソネットライブ〜 入場料 4000円
(昼) 仲マサコ、秋篠樹里亜、MIKAKO、かこい絵里加
13:30/ 14:30/ 15:30
(夜) 槇小奈帆、竹下ユキ、高木椋太、清水たか子
18:30/ 19:30 20:30

勿論サロンライブもあります。
明日5日の木曜は杉原あつ子さん、
明々後日7日の土曜は渡辺歌子さん。
じっくり一人の歌い手の世界をお楽しみいただけます。
ご予約くださいね。

7日の土曜の昼は香川有美さんをゲストにお迎えしての
「ジュルネ・ド・ラマンダ」が。
勉強中の方たち三名の歌も新鮮。
アマチュアの方たちが出られるステージなので料金も2,000円。
2000円で香川有美さんの歌も10曲以上聞けるので
おトクですよ。

そういえば、今年のパリ祭のチケット発売ももうすぐ。
一般発売の前に是非歌い手に直接ご予約くださいね。
因みに私は7/11土出演します。
a0079087_23112091.jpg

[PR]
by lamanda | 2015-03-04 23:20 | Comments(0)

シャンソン


by lamanda