<   2015年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

昨日はサロンライブ

昨日のサロンライブ、本当にたくさんの方たちに来ていただいて
嬉しいことでした。
ありがとうございました。
沢山のお客様に囲まれ、充実した気持ちで歌に臨めました。
とはいえ、サロンはコンパクトなので
昨日のように20人以上はいると
ギュウギュウ満席の気分になれる。

サロンを作る時に、たとえお客様が少なくても
歌い手が うすら寒い気分にならないで居れるような環境と雰囲気にしたいと思った。

通常のライブはチケットを販売してのコンサートやイベントと違い、
果たしてお客様がいらしてくださるのかどうか・・・その日にならないとわからない。
何とも不安な気持ちでライブハウスのドアを開ける。

お店はもちろん不安だろうけれど
歌い手は 歌う前にそのことで心をすり減らしてしまう。
広い店内にお客様がポツ、ポツ・・だったりすると
何ともやりきれない気分になる。

そんな気分にできるだけならないような空間にしたかった。
とはいえ、なかなか難しいけれど。


ラマンダの サロンは本当にコンパクトだけれど
天井が高いことと、並木道に面した部分が全面ガラス窓なので
圧迫感がない。

一階のテラスと、二階のサロンは私のお気に入りスペース。
時間があれば 一人でぼーっとしていたい場所だ。

a0079087_19592699.jpg

(写真はコイさん)

二回目のステージにはアキちゃんにもシンセで参加してもらった。

終わってからは聞きにいらしてくださった付属の先輩方と楽しいひと時。
久し振りにワインをいただいて少し いい気分に。

さていよいよ六月。
NHKホールでの「第53回パリ祭」、そして
生徒さんたちとの鎌倉での「第24回わたしの巴里祭」
そして内幸町ホールでの「シャンソンの夏」と「シャンソネット スペシャル」。
それらに向かって生活をシフトさせていかなくては。
[PR]

by lamanda | 2015-05-30 20:22 | Comments(0)  

ホッ ニコッ 

この一週間もバタバタのうちに過ぎて行った。

19火 目黒パーシモン小ホールでの
生徒さんの合同発表会が終わり ホッ。
a0079087_221913.jpg


20水 月に一度出演している「池之端Qui」のステージも
一緒に出演している杉浦理佐ちゃんに助けてもらい、
たくさんお客様が来てくださってホッ。

21木 レッスンがなかった代わりに
溜まりにたまった事務仕事が少し片付いでホッ。
・・・何しろ決算なので。

22金 大阪帝国ホテルのランチショー。
いつもは前ノリするのだけれど
今回初めて日帰り。
新幹線では行きも帰りも爆睡。
お弁当食べていたら奥歯の差し歯が取れてガクッ。
戻ってきてからまた事務仕事・・・グタッ

23土 大阪行きのために木曜から預けていた
ワンコたちが帰ってきてニコッ。
二匹を二泊預けるとそれなりの金額になって クラッ。
歯医者に行ったら歯根が割れて差し歯を戻すのは無理と言われガクッ。
結局抜歯することに。
余裕のある時に抜きましょうと言われたけれど
そういう日がないので その場で処置してもらう。
歯一本の事だけれど、なんだか寂しい気分になって クシュ。
爪や髪の毛は生えてくるのに・・・
歯も生えてくるといいのに。
午後から横浜のカルチャー。

24日 自由が丘「マリクレール祭り」最終日。
心配していたお天気も どうにか持って
二回ともステージができて ホッ。
フランス領事や日仏経済交流会Paris Clubの方たちもいらしてくださって
思わぬ交流ができて ニコッ。

25月 月に一度出演している銀座の「蛙たち」無事終えてホッ。
帰りに「叙々苑」でお肉をしっかりいただいて元気になりニコッ。

26火 「フランス語で歌う」クラスの発表会。
とてもたくさんのお客様が来てくださって大盛り上がりでニコッ。

27水 町田のカルチャー
なんだかグッタリしてきたので
夜のMIKAKOさんのサロンライブが終わってから
早めに帰宅してボーッ。

そして今日28日
自由が丘2カルチャーの後 インタビューがあり
結構楽しい時間でニコッ。

明日29金は 自由が丘カルチャー、中級Bクラスの後
ラマンダのサロンで歌います。

これから少し練習して帰ります。
明日もニコッとできますように。
[PR]

by lamanda | 2015-05-28 22:19 | Comments(0)  

明日は・・・そして

明日は合同発表会。
a0079087_22125498.jpg


朝10時にはホールに入らなくてはならないので
今日は早く帰宅するつもりが・・・

8/14の「シャンソンの夏」のリハーサルのタイムスケジュールを作ったり
資料をそろえていたら もう22時。
いつもは0時過ぎまでラマンダで仕事をしているけれど
今日は絶対23時には事務所を出る!!!

明日が終わったら
今週の金曜22日は大阪。
「Empire Chanson Le Dejeuner」という
関西の歌い手の方たちの出演する
ランチショーのゲストに呼んでいただいている。

帝国ホテル 吉野の間  12:00からです。
お食事つきです。
問い合わせ Met&Yプロモ 072-955-0942

昨日の交流会に来てくださった
栫井加代子さんも出演されます。
関西方面の方、お出かけくださいね。
[PR]

by lamanda | 2015-05-18 22:13 | Comments(0)  

シャンソン2days

今年の夏も内幸町ホールとの共催で
<シャンソン2days>ということでコンサートをします。
8/14金 若い歌い手とミュージシャンたちの「シャンソンの夏vol.3」
8/15土 「銀巴里アワーvol.5~第三回シャンソネット スペシャル」

チラシが出来上がってきたので
a0079087_2311754.jpg

a0079087_2313992.jpg

[PR]

by lamanda | 2015-05-17 23:02 | Comments(0)  

シャンソン愛好家交流会終了

連休明けから、なんだか雑用山積みで
仕事以外でPCを開く余裕のない日々だった。

思い出してみると 色々なことがいっぱいあったけれど
もう何年も前の事のような気がする。

とりあえず昨日今日と二日間にわたって開催した
「シャンソン愛好家交流会」が終了。

細々とだけれど15年位続けているイベント。
今年も福岡、神戸。名古屋、四日市、金沢・・・と
各地から参加してくださった。

ホールで開催することを何度も考えたけれど
そうすると参加される方の負担が大きくなるので
結局 ずっとラマンダで開催している。

フジワラ君のピアノで歌えることを
みなさん心から喜んでくださるのが嬉しい。

おまけに 昨日今日と川島豊さんが、
そして今日は神戸の栫井加代子さんが
来てくださって 飛び入りで歌ってくださった。
そして そのあとの懇親会にも参加してくださって
楽しいひと時。

初対面同士でも<シャンソン>という共通項があるだけで
心が近くなり、会話も弾む。

来年もまた五月に自由が丘で逢いましょう!
a0079087_2240326.jpg

昨日は写真を撮りそこなってしまった・・・

さて明後日は 都立大のパーシモンホールで
お教室の「合同発表会」
カルチャークラスの方たちも沢山参加される。

この発表会はホールで歌うことと
バンド゛で歌うことの楽しみを経験してもらいたくて毎年開催している。
ピアノだけで歌うのと ピアノカルテットで歌うのとでは
同じ歌でもこんなに変わるのね・・ということを体で感じてほしいと思っている。

15時開演で無料です。
お時間のあるかた、お近くの方、ぜひ緒で゛かけくださいね。
[PR]

by lamanda | 2015-05-17 22:46 | Comments(0)  

昨日の事

昨日は杉並公会堂の小ホールで
「第二回東京シャンソンコンクール」があり、
昨年に引き続き 審査員をしてきた。

宇藤カザンさんと 朝倉ノ二ーさんが中心になって
フランス語で歌うことを中心に活動をしている
アミカル・ド・シャンソン Amicale de Chanson の主催。

なので 日本語部門と、フランス語部門、
それぞれグランプリ、準グランプリ、五人の入賞者が決まる。
賞状の他に賞金が出るのはグランプリと準グランプリ、計4人だけ。
あとの入賞者は賞状だけだが
昨日の本選は39名参加で
そのうち14人が賞状をもらったわけだ。
考えてみるとなかなかおおらかだ。

審査員も昨年と変わらず
ピアニストの上里知己さん、歌手のパトリック・ヌジェさん、スプリームさん
シャンソン評論家の大野修平さん、大学教授の吉田正明先生。

採点の方法は昨年とは変わった。
昨年は いくつか項目があり、その項目ごとに五段階評価をするというやり方だった。
<フランス語の発音>という項目は 私はフランス人ではないので
何とも採点のしようがなく、悩んだ挙句、全員に同じ評価をつけた記憶がある。

今年は総合評価という形で20点満点で採点する方法となった。
つまり 日本語で歌っても、フランス語で歌っても
音楽として、ステージとしての評価ができるので
とても採点しやすかった。

昨年より全体のレベルは上がっていると感じた。
特にフランス語で歌う方たちの曲の中に 「いいなあ」と思えるものがいくつかであった。
確かに日本人が「フランス語で歌おう」とするときには日本語で歌う時より
色々な意味でその曲に沢山対峙しなくてはならなくなるから
それだけ、曲の理解が深まるのかもしれない。

今回日本語部門で八木さんという男性の方が「さくらんぼの実る頃」を
中安昇さんの訳詞で歌われてグランプリとなった。
歌い上げる曲が多い中では地味な選曲だったけれど
とても良い歌だった。

丁寧なことはもちろんだけれど
詩の解釈、表現、・・・要は歌心がじわーっと伝わってきた。
パトリックやスプリームさん、フランス人には
多分日本語のあの歌詞は理解しにくかったはずで、
果たしてどんなふうに聞こえているのだろう・・・と疑問に思った。
でも、後で話したら、二人ともとても褒めていた。
やっぱり 言葉が違っても伝わるものはちゃんと伝わるのだなあ。

ああいう歌がグランプリになるというのは
コンクールの良心というか、審査員の音楽に対するスタンスみたいなものが
感じられてちょっと嬉しかった。

採点方法が変わったためか
今年は入賞者に対する審査員の評価も大差なかったように思う。

そして、審査員ではあるけれど観客としての楽しみも味わうことができた。

それにしてもみなさんとても良い声。
そして すごく努力している。

審査するという立場はとても大きな責任があるので
それぞれの曲を最初から最後まで ものすご~く一生懸命聞いた。
39曲、集中して聞くというのは なかなか大変なことだったけれど
清々しい気持ちになれた。

ただ プロとアマチュアの違いというものも
大いに感じた。
技術の差ということもあるけれど
一曲の最後の最後まで
聞いている者の耳も心も惹きつけ続ける力・・・といったもの。

かけっこの早い子と遅い子がいるように
お絵かきの上手な子と苦手な子がいるように
音楽に関しても もともと 何かを持っている人というのはいる。

昨日の参加者の多くはレベルの差はあるけれど
どちらかと言えば その「持っている人」のウチに入るだろう。
でも そこから先のナニカ でプロとアマチュアの違いが生まれてくると思う。
・・・・ナニカがなんなのかは、自分で見つけて納得しなくてはね。
[PR]

by lamanda | 2015-05-08 00:56 | Comments(0)  

連休もそろそろ終わり

連休前にapple watchが届いたので
アレコレいじっている。
あまり期待していなかったのだけれど
私には とても重宝。
私にはいらないアプリが入っている一方で
入れられたらいいけど入れられないアプリもある。
メトロノームのアプリが入れられるとよいのだけれど。

・・・
今年はラマンダのライブを連休の間休みにしたので
大分 ゆったり過ごす事か゛できた。

ただ 休みの日は片付けと洗濯
ワンコの相手、テラスの緑化計画の整備であっという間に終わてしまった。

テラスは風が強く吹き抜けるし
半日陰の部分が多いので
繊細な草花は難しい。
この冬を乗り越えることか゛できたのは
ヘデラの類とゼラニウム、
ビブルナム ティヌスという低木。
なんだか地味。

よそのお宅の美しい庭先を見るとうらやましい。

母の誕生日は5/1だけれど、数日遅れの誕生祝いをした
まりの家族と一緒に奥沢のレストランで
楽しいひと時。

住宅地の中にある普通の民家を改装した一軒家のレストラン。
個室もある。
http://www.shinsei-sha.com/

料理はフランス料理。
三つあるコースの真ん中を頼んだ。。
かなり美味しい。
パンもgood。
お土産にもできる。

シャンパンと赤ワイン一杯ずつですっかり良い気持ち。

母の同じ質問と、同じ話の繰り返しの間隔が前よりずっと短くなって
ボケは微妙に進んでいる。
でも、普通に会話はできるので
とても楽しんでくれたみたいで・・・よかった、よかった。

今日は昼からレッスン。

そして 明日は杉並公開堂で「東京シャンソンコンクール」の
審査員をしてきます。
昨年に続いて二回目。
一生懸命聞いてきます。
a0079087_21505418.jpg

[PR]

by lamanda | 2015-05-05 21:51 | Comments(0)