シャンソン

by lamanda

<   2015年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

大晦日となりました

28日はラマンダの大掃除の後、
スタッフと一緒にしゃぶしゃぶの忘年会。
もう当分お肉はイイ、という位沢山いただきました。

29日は眼が覚めるまで寝て、昼から家の大掃除。
ベランダから家の中、、、。
朝の3時まで。
時間に追われずにすると、掃除もナカナカ楽しいと
初めて知る。
a0079087_17135638.jpeg

30日は、大晦日から母とまり達が来るので
食材の、買い出しとしたごしらえ。
夕方からラマンダに行き、
やり残した仕事をして
フジワラ君と「串の坊」で最後の忘年会。

そして大晦日。
母を迎えに行き、お風呂に入れ、
ホッと一息。

これからまり達が泊まりにくる。
年に一度の家族らしい一時。
ワンコ、ニャンコも仲良ししています。
a0079087_17232946.jpeg

シャンソン界もみんな仲良く
来年も充実した一年でありますように。

皆様、来年も宜しくお願いいたします。

[PR]
by lamanda | 2015-12-31 17:05 | Comments(0)

色々ありましたが

今日の武蔵野のレッスンが今年最後のお教室。

12/15の「銀巴里アワー~シャンソネット スペシャル」には
沢山の客様にお出かけいただき
今年最後のコンサートに相応しい
ズッシリ、内容の濃いステージになった。
お客様は勿論、出演者、ミュージシャン、スタッフの方たちには
遅ればせながら、心からお礼申し上げます。
特にミュージシャンは昼夜のステージだったので
11:00から21:00まで ほとんど弾きっぱなし状態。
・・・スミマセン・・・

ずっと ブログもFBも書いていなかったので
具合が悪いのか、とか、どこかに行っていたのか、とか
色々心配してくださる方が多くて・・・ごめんなさい・

はい、色々ありました。

内幸町ホールの翌日16日は 「池之端のQui」、
17日はお教室恒例ののクリスマス会。
今年は無理かな・・・と思っていたけれど
田園調布カトリック教会の深夜ミサにも行けた。
そして、25日のクリスマスはラマンダでの「シャンソネット ライブ」で
歌い納め。

その間に レッスンもあり
「フランク・ワイルドホーン&フレンズ ジャパンツアー」のコンサートにも行ってきた。
二列目の席だったので 歌い手やミュージシャンの表情も楽しめた。
めちゃくちゃ歌が上手いしバンドもカッコいい。
やっぱり歌うには肉食のDNAが必要なのか・・・と。



a0079087_21483658.jpg
その他にも 色々ありましたが・・・

とりあえず無事に一年を終えられそう。
明日は事務所の大掃除とスタッフとの忘年会。
武蔵野の教室の後、事務所に寄って、
1人で ゴソゴソ片付けていたけれど・・・
明日一日では終わりそうもない・・・
まあいいか・・・

[PR]
by lamanda | 2015-12-27 21:54 | Comments(0)
12/15内幸町ホールの「銀巴里アワー~シャンソネット スペシャル」のバンドリハーサルを
12:30~18:00まで。
当日は昼夜とステージがあるため
サウンドチェック程度の事しかできない。

ホールでのステージだけれど
通常ラマンダで開催している「シャンソネット ライブ」を
そのまま持ってきた、コンサートというよりライブという
エキサイティングな感じを出せるものにしたいと思って開催している。

バンドリハーサル聞いているだけでも
それぞれの歌い手の濃い世界が感じられて
ワクワクしてくる。
皆さんも、楽しみにお出かけください。

明日は生徒さんたち四人の「四葉のクローバー コンサート」というのがあるので
今日中に諸々の準備をしてしまわないと間に合わない。
まあ、ホントに・・次々とやらなくてはならないことが湧いてくる。

カフェのスタッフも帰ってしまった。
私も そろそろ帰ります。



a0079087_23481441.jpg


[PR]
by lamanda | 2015-12-13 21:13 | Comments(0)

さて

a0079087_23481441.jpg
明日は15日の内幸町ホールでの「銀巴里アワー~シャンソネット スペシャル」のバンドリハーサル。
アレコレ準備をしていたら 終電をのがしてしまった。

この一週間も、アレレ~という間に過ぎてしまった。

4金のラマンダでのシャンソネットライブは昼・夜とあったけれど
昼のステージでは 二人が風邪のためお休み。
おひとりは当日朝に連絡があったため
間に合わないので私がトラ。
以下6曲を歌う。

枯葉に寄せて
ウィーンにて
オートバイの男
いない人
アコルディオン
愛しかない時

この季節、とにかく風邪をひくのが一番怖い。
内幸町ホールまであと三日、何とか無事に終わりますように。

9水のラリエゾンの定期ライブは
クリスマス・スペシャル。
ラリエゾンもだいぶ進化してきた。
お客様が若い歌い手を連れてきて紹介してくださる。
「シャンソンの夏」を来年も開催する予定なので
力と可能性のある方には是非参加してもらいたいと思っている。
・・・・・・

野坂昭如さんが亡くなられた。
奥様の暘子さんのレッスンが火曜にあって
その時に 最近の野坂さんのお話を伺ったばかりたったので
10日の朝のニュースで亡くなられたことを知った時は
とても驚いた。

暘子さんは今までシャンソンの曲をレッスンに持っていらしていたけれと
あの日は野坂さんが歌っていらした
「黒の舟歌」をちゃんと形にしたいと持っていらした。

この曲は勿論知っていたけれど
きちんと歌詞を読んだのは初めてで
かなり心に沁みて、不覚にも涙が出てしまった。
そうか、こういう歌だったのだと・・・。
そんなこともあって 野坂さんの死がとても切ない。
でも長い療養生活をご家族と一緒にお家で過ごす事とができて
お幸せだったと思う。
心からご冥福をお祈りします。

・・・・・・・・・・・・・・・
昨日は無理やり時間を作って
岩本町にある ビッグバンドのライブをしている
「TN swing jazz」へ聴きにいった。
ここは二回目だけれど管が入った豪華な編成の演奏は
ウキウキする。
良い気分転換になった。

a0079087_01312530.jpg

[PR]
by lamanda | 2015-12-13 01:34 | Comments(0)
「よいお年をお迎えください」という 挨拶を
今日二回もした。
月に一度のクラス「フランス語で歌う」と「カルチャー自由が丘夜クラス」。
そう、ついに 12月になってしまったのだ。

かつては毎日のようにブログを書くことか゛できたけれど
ここのところ、書こうと思い立って気が付くと
1週間以上も過ぎている。
確かに、ラマンダの二階のサロンもするようになってから
圧倒的に仕事量が増えたように思う。

家を広くすると 管理が大変になるのと同じような感じだ。

・・・さて 先週は
古賀政男音楽博物館併設のけやきホールで
博物館主催の「エディット・ピアフ~愛の讃歌~」というステージで
歌ってきた。
古賀政男音楽博物館の館長でもある元文化庁長官でシャンソン研究家の
植木浩先生の講演が一時間ほどあり
そののち、大先輩の仲マサコさんと私とで
ピアフの作品を歌っていくという
レクチャーコンサート。

料金の安さもあって、あっという間にチケットは無くなってしまった。
博物館主催のミュージアム講座の一環としてのコンサートなので
2000円という料金。


それぞれ6曲ずつ歌った。
私が
メア・クルパ
十字架
枯葉
美しい恋物語
オートバイの男
パダン・パダン
水に流して

仲マサコさんが
バラ色の人生
群衆
去りし夢
カトリーヌの唄
アコーディオン弾き
私の神様


主催者からの二人で「愛の讃歌」を歌ってほしいとの希望。
二人で「愛の讃歌」歌うのもなんだかなあ・・・ということで
私が語りをして 仲さんに歌を という分担で。

すでにピアフについて知っていることも沢山あったけれど
植木先生のお話も なかなか興味深かった。
そして仲さんの歌も久しぶりにまとめて聞くことか゛できて
私にとっては 有意義な一日でした。

さて、12月問ことは・・・「シャンソネットスペシャル」@内幸町ホールがいよいよです。
遠く 地方から聴きに来てくださるお客様もいらっしゃる。
でも 絶対に「来てよかった」と思っていただけるような音楽を届けるつもり。
是非お出かけください。
a0079087_23481441.jpg












[PR]
by lamanda | 2015-12-01 23:51 | Comments(0)
「よいお年をお迎えください」という 挨拶を
今日二回もした。
月に一度のクラス「フランス語で歌う」と「カルチャー自由が丘夜クラス」。
そう、ついに 12月になってしまったのだ。

かつては毎日のようにブログを書くことか゛できたけれど
ここのところ、書こうと思い立って気が付くと
1週間以上も過ぎている。
確かに、ラマンダの二階のサロンもするようになってから
圧倒的に仕事量が増えたように思う。

家を広くすると 管理が大変になるのと同じような感じだ。

・・・さて 先週は
古賀政男音楽博物館併設のけやきホールで
博物館主催の「エディット・ピアフ~愛の讃歌~」というステージで
歌ってきた。
古賀政男音楽博物館の館長でもる元文化庁長官でシャンソン研究家の
植木浩先生の講演が一時間ほどあり
そののち、大先輩の仲マサコさんと私とで
ピアフの作品を歌っていくという
レクチャーコンサート。

料金の安さもあって、あっという間にチケットは無くなってしまった。
博物館主催のミュージアム講座の一環としてのコンサートなので
2000円という料金。


それぞれ6曲ずつ歌った。
私が
メア・クルパ
十字架
枯葉
美しい恋物語
オートバイの男
パダン・パダン
水に流して

仲マサコさんが
バラ色の人生
群衆
去りし夢
カトリーヌの唄
アコーディオン弾き
私の神様


主催者からの二人で「愛の讃歌」を歌ってほしいとの希望。
二人で「愛の讃歌」歌うのもなんだかなあ・・・ということで
私が語りをして 仲さんに歌を という分担で。

すでにピアフについて知っていることも沢山あったけれど
植木先生のお話も なかなか興味深かった。
そして仲さんの歌も久しぶりにまとめて聞くことか゛できて
私にとっては 有意義な一日でした。

さて、12月問ことは・・・「シャンソネットスペシャル」@内幸町ホールがいよいよです。
遠く 地方から聴きに来てくださるお客様もいらっしゃる。
でも 絶対に「来てよかった」と思っていただけるような音楽を届けるつもり。
是非お出かけください。
a0079087_23481441.jpg













[PR]
by lamanda | 2015-12-01 23:51 | Comments(0)