シャンソン

by lamanda

<   2016年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

二月も半ば・・花粉症?

先週末は 愛犬のチャイクレのミミのお腹の調子が悪く
血便が続き、病院に連れて行ったり、
私の方も仕事が隙間なく続いたりで 
ワンコだけでなく 私もすっかりグッタリ。

日曜日は完全休日となったので助かった。
ミミの様子が気になって なんとなく眠りが浅く
一度八時くらいに目が覚めたけれど
そのあとTVをつけっぱなしのまま・・・二度寝して
気づいたら 午後の一時を過ぎていた。

土曜はあんなにぐったりしていたのに
十分な睡眠を摂ったら めちゃくちゃ元気になって
家中の掃除機かけ、フローリングの床の拭き掃除、
その間二回洗濯機を回した。

それでも元気だったので
自由が丘の「マルディグラ」というラマンダからほど近い
ライブハウスへ。
大塚茉莉子嬢がアキちゃんのピアノで歌うとのことで
聴きに行った。

フジワラ君に「行かないの?」と尋ねたら
ひどく口ごもってはっきりしない。
聴きに行きたいけれど
行ったら後でアキちゃんに「なんできたの」と言われそう・・・という
ニュアンスの事らしい。
娘の演奏聴きに行って何が悪いの・・いいから行きましょうと
強引に誘ってでかけた。

行ってヨカッタ。
大塚茉莉子嬢は勿論よかったけれど
「対バン」と言うらしいが、一緒に出ていた
小暮はなさん というシンガーソングライターの方も
独特の世界観があって新鮮だった。

ギターでの弾き語りで、清潔な声と相まっていい感じ。

大塚茉莉子嬢と二人で歌った「アコルディオン」はナカナカ。

若いけれど、意思のある音楽をしている人たちの世界に浸っていると
心が浄化される気がする。

・・・・
先週の疲れはすっかりとれたとおもっていたのに
どうも 今一つシャキッとしない。

ラマンダに来ると風邪っぽくなる。
くしゃみや鼻水が・・登校拒否みたいなものかと思ったけれど
もしや・・花粉症?
とにかく、インフルエンザでなければ良い。
流行っているからコワイ。

今日は生徒さんたちが二回サロンで集って歌う「レコパン」。
お菓子やお茶をいただきながら和気藹々。
みんなが楽しそうにしていると嬉しくなる。
もっと 楽しいこと考えよう、という気になる。

・・・
それにしても ミミもシャキッと快復してほしい。
外の仕事がないときはワンコ連れで出勤しています。

ココとズズはお留守番。

・・・さて、明日は池之端の「Qui」です。
寒いけれど お時間ある方、お出かけくださいね。

a0079087_23431823.jpg
[PR]
by lamanda | 2016-02-16 23:45 | Comments(0)

九州報告

a0079087_22451389.jpg

渡辺歌子さん
a0079087_22443282.jpg

ほさか夏子さん
a0079087_22433036.jpg

高木椋太さん
a0079087_22423249.jpg

大塚茉莉子さん


二月のスタートは九州。

2日に三回目となる「銀巴里アワーin博多」のコンサートの前ノリで博多へ。
ほさか夏子さん、高木椋太さん、大塚茉莉子さんと一緒。

3日、本番のリハーサルが11:30からなので
前日に現地に入り、九州のスタッフの方たちと顔合わせを兼ねての食事会。
場所は私のリクエストで「千代の海」というちゃんこ鍋屋さん。
一回目の時に連れてきていただき
あまりに美味しくて、以来、前ノリの晩は毎回ココ。

渡辺歌子さんとフジワラ君は 広島で仕事があり
当日入り。
アコのヨコウチ君は楽器の事があるので
飛行機は乗らず、当日の一番の新幹線で博多入り。

昼は椅子が足りなくて追加するほどの満席。
夜もほぼ満席。
歌い手のテンションも高く
四人の個性がそれぞれ際立って素晴らしいステージだった。
ステージから目が離せない・・・という感じに
惹きつけられる内容で、私も大満足。

神戸や東京からのお客様もいらした。
遠くから来てくださって感謝。
でも 絶対満足してくださったはず。

来年の第四回目「銀巴里アワーin博多」も、
二月の第一水曜日に開催します。
2月1日です。
九州方面の方、今からご予定に入れておいてくださいね。

・・・
翌4日は 博多でレッスン。

そして5日は佐賀でコンサート。
以前にも呼んでいただいたので佐賀は三回目。
「浪漫座」という旧・古賀銀行の歴史的な建物が会場。
前日は渡辺貞夫さんのバンドのコンサートだったとか。

佐賀は静かな町だけれど、さびしい感じはしない。
街を包む穏やかな空気が好き。


a0079087_22460968.jpg

6日土曜は昼の飛行機で東京に戻り
ワンコたちがペットホテルから帰ってくるのを待って
ラマンダへ。

四日間、家を空けてホテルに泊まり
毎日美味しいものをいただいて
あまり時間に追われずにゆっくり歩き
・・・・という生活だったのに
あっという間に「現実の世界」に引き戻されて
支払調書の発送やら、資料問い合わせの返信やら・・・

なんだか外国から帰ってきたときのような気分です。







[PR]
by lamanda | 2016-02-08 22:46 | Comments(0)