シャンソン

by lamanda

<   2016年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

さてこの一週間

熊本の地震、心配。
大きな揺れが何度も繰り返して・・・とても恐ろしい思いに
心落ち着かないと思う。
早くおさまりますように。
少し前に夜中にNHKで再放送だと思うけれど南海トラフの事や
日本の断層の事を取り上げた番組をしていた。
これが他の大地震への引き金にならないことを祈らざるを得ない。

今日は一階では菅原佐知さんをゲストに迎えてのソワレ・ド・ラマンダ。
二階では米田まりさんとピアノの上里さんの息の合ったサロンライブ。
音楽が上からも下からも聞こえてきて嬉しい。

もう四月も半ば。
これから夏が終わるまでは ノンストップで乗り切る感じ。
身体が持ちますように。

11(月)は無事武蔵野の「ベルフォーレ」の発表会が終了。
みんな堂々と、活き活きとチャレンジしてくれた。
人生を長くしてきた人は イザという時に強いなあ・・めと改めて感心した。

なんと藍澤幸頼さんが来てくださっていた。
ご近所に住んでいらっしゃるとのこと。
知らないうちに聴いていらしたのだと思ったら
嬉しかったけれど、なんだか恥ずかしかった。

打ち上げを途中で失礼してラマンダに戻った。
奥野秀樹さんのサロンライブ。
26名もお客様がいらしてくださって熱気ムンムン。

サロンのピアノの位置を変えたので
以前より広く使えるようになった。

13(水)はラリエゾンの定期ライブ。
藪内彩奈さんと草薙さゆりさんが遊びに来てくれたので
一曲ずつ歌ってもらう。

a0079087_21120450.jpg
a0079087_21130574.jpg

ラリエゾン、進化しています。
8/12 8/13 に内幸町ホールで開催する「シャンソンの夏」、
今年は21人の若い歌い手が出演する。
準備は大変だけれど とても楽しみ。

昨日15(金)は昼夜とシャンソネットライブ。
昼は 嵯峨美子さん、江川真理子さんねCatsuクン、清水たか子ちゃん
江川さんはこのライブのために福井から来てくださった。
ありがたいことだ。

夜は 仲マサコさん、杉田真理子さん、RIOさん、三戸亜耶さん

充実のライブでした。

明日は武蔵野の「べる・けやき」と「ベル・フォーレ」のレッスン。

来週の火曜は目黒パーシモンホールの合同発表会。

しっかり食事して頑張ります。

今朝の朝食
なんだか写真がみんな横向き。
生徒さんの差し入れ 玉ねぎのキッシュとサラダ。
自分で作った野菜スープ。
先日頂いた生徒さん差し入れの野菜スープがおいしかったので
自分でも作ってみたのです。
バッチリできました。
a0079087_21151213.jpg

[PR]
by lamanda | 2016-04-16 21:20 | Comments(0)

近況報告

桜もこの一週間で葉桜に。
あと何回桜を見ることか゛できるのだろう
・・・などと考える年ごろになってきたのだなあ。

3日 武蔵野のベルフォーレの発表会の最後のリハーサル。
舞台監督の岡部さんが実に細かく気を配ってくださるので
とても助かる。

4月 大船のカルチャーの後ラマンダに戻って事務仕事。
夜はあみちゃんのサロンライブ。
いつもの今野さんのピアノ、そしてゲストプレーヤーは
ベースの渡辺匠さん。
まあ、素晴らしい演奏、そしてステージでした。
あみちゃんはいつも必ずゲストプレーヤーを加えてのライブ。
とにかく勉強家で努力家のあみちゃん。
見習わなくては。

5火 個人レッスンと自由が丘夜カルチャー。
ここのところ 生徒さんの怪我や体調不良の報告が多い。
年齢的にそれらの心配の多いのは仕方ないとはいえ
とにかく気をつけてください。

サロンは井上裕規さん。
お病気から復帰して二回目のステージ。
一歩一歩だけれど 確実に前に進んでいる。
そんな井上君が 彼の持っている藤田嗣治の油彩を
ラマンダに持ってきてくれた。
早速廊下の壁に掛けた。
雰囲気が格調高くなっていい感じ。
是非見てください。

6水 昼から個人レッスン、
そして夜のサロンは江口純子さんの弾き語り。
オジサマのファンが沢山。
次々繰り出される江口ワールドは本当にステキ。
色々なジャンルの曲を よくまあ あれだけ様々に料理していると
いつも感心する。
本当に音楽が好きなのだなあ・・・。

7木 4/19に目黒パーシモンホールでの合同発表会のバンドリハーサル。
もう何回目だろう・・・
みんな実に熱心にまじめに歌に取り組んでくれていて嬉しくなる。
かつて 石井好子先生が
「歌い手は大きなステージで歌う経験を積まないとだめなのよ」と
おっしゃっていたことが思い出される。
亡くなられた名ピアニストの綾部肇さんも
「小さなライブハウスだけで聴いて良いと思った歌が
必ずしも大きなステージでは通用するわけではないよ」とおっしゃっていた。

アマチュアの方も、小さいところで歌うのと
キャパ200人といえどもホールで歌うのとでは
同じ歌でも違う、ということを経験してもらいたいと思っている。

サロンは平沢朋子さん。
朋ちゃんは大昔の札幌「銀巴里」時代とかわらない永遠のアイドルだ。

8金 昼から個人レッスン、自由が丘カルチャー、中級Hクラス。
そして夜は私がサロンで歌った。
いつも バタバタの状態からライブに突入するという感じ。
もっと 心のゆとりを持って臨みたい。
不思議なことに マイクを持ってステージに立つと
自分の世界が 突然入れ替わるような感じで
それまでの日常が消えてしまう。
だから 歌えるのかもしれない。
22人もお客様か゛来てくださって本当にありがたいことだ。

9土 個人レッスンの後、横浜のカルチャーへ。
夕方 カフェに新しく入ったヴィアネというフランス人の青年と
すこしフランス語会話の練習。
ひどく疲れた。
気に入った言葉。
「暗記する」事を「apprendre pour coeur」というのだそうだ。
「Il n'y a pas de soucis」
「お寿司がない」かと思ったら「心配ない」だった。

夜のサロンは松宮一葉さん。
サロン裏の事務所で聴いているのだけれど
ついつい引き込まれてしまう。

そして 今日は一階スタジオのレンタルがあるので
事務所で事務仕事片付けている。
明日はベルフォーレの発表会。
武蔵小金井駅前の宮地楽器ホールで15:00開演。
無料です。
お近くの方、是非いらしてください。

そして最近の朝食。
似たようなものばかりだけれど。

チーズリゾット、ベビーリーフのサラダ、グレープフルーツ。

a0079087_15505022.jpg

生徒さん手作りのイカの煮物、蕗と筍の煮物。
別の生徒さん手作りの黒豆。
いずれも料亭並みにすごく美味しい。
御粥、明太、海苔、生姜、昆布の佃煮。
a0079087_15541515.jpg















これもまた生徒さん手作りのキャベツとベーコンのお野菜たっぷり健康スープ。
パン、グレープフルーツ。
a0079087_15525830.jpg














そして今朝は アサリの炊き込みご飯、アオサ入りの胡麻スープ、
生ひじきの煮物、黒豆、生姜の常備菜、グレープフルーツ。
a0079087_16010916.jpg














シャンソンマガジンの原稿の締め切り、るたんの締め切りが近い。
今年の夏の内幸町ホールでの「シャンソン3days」の準備
8/12 8/13の「シャンソンの夏」のチラシ、
8/14に千代田区立内幸町ホールが主となって開催する
「内幸町ホール アワード~シャンソン・コンクール」の準備
9/1に仙台でも開催することになった「銀巴里メモリアルアワー」の準備・・・と
しなくてはならないことが
大波小波押し寄せてきている。
溺れないように頑張ります。





[PR]
by lamanda | 2016-04-10 16:08 | Comments(0)

今日は、レッスンがなくて事務仕事だけなので気が緩んで
朝、目覚ましが鳴っても、起きられなかった。
目が覚めても ベッドの中で ズズとウダウダ。

ワンコたちはお泊りに行っている 
知人の家で優雅に暮らしているらしい。
送ってもらった写真を見ると
顔つきまで育ちがよさそうに見える。
a0079087_20222537.jpg









昨日はカフェ、スタジオ貸切である会社の30周年記念パーティー。
マツバ夫人の「泉仙」にケータリングをお願いし
ラリエゾンのステージも。
桜も満開で 良いパーティーに。
a0079087_20231203.jpg













・・・・・・・・・・・・
今朝の朝食。
ここの所の定番 ベビーリーフのサラダ。
オリーブオイルとレモンと塩で。
タマゴかけごはん、海苔、笹かまぼこ、今半のたけのこと牛肉の佃煮。
シジミのスープにアオサを入れて。

a0079087_20254094.jpg














知人のブランドで印伝を扱っているので
先日、時間のすきを縫って 新宿の伊勢丹へ。

印伝は地味だけれどなんだか好き。
ただ 和装小物ののイメージが強いし、
デザインも定番のトンボ、小桜、青海波のような
和風のものばかりしか見かけないので
せいぜい眼鏡ケースくらいしかもっていなかった。

知人のところでは
ヨーロッパのデザインを取り入れて
色味も従来とは違うという。
新宿の伊勢丹に置いてあるというので行ってみた。

基本的にあまりお安いものではないので
とりあえずカードホルダーを買ってみた。
結構気に入って早速使っている。

a0079087_20281471.jpg














a0079087_20280880.jpg













春は、何かを新たに始めたり、
新しいものを使ってみたくなる気持ちにさせる季節かもしれない。

それにしても、毎年のことだけれど
この季節、何を着たらよいのか毎朝悩む。
そして、去年はこの時期に何を着ていたのか
思いだそうとするのだけれど なぜか思い出せない。
春は心も頭も体も緩むのかもしれない。

緩み過ぎてボーっとしてケガなどしないようにしなくては。



[PR]
by lamanda | 2016-04-02 20:32 | Comments(0)