さて

台風、来るか 来るか・・・と思っていたが
私の住んでいる地域は 左程の事もなかった。
立て続けの台風で 大変な思いをされた方も多いだろう。
明日から仙台なので 数日台風の到来が遅かったら
難儀なことになっていたかもしれない。

NHKホールでの「パリ祭」で始まり、
生徒さんとの鎌倉芸術館での「わたしの巴里祭」、
そして内幸町ホールでの「シャンソンの夏」「第一回内幸町ホールアワード」で
私の夏は終わった感じがする。

今年はあまり体調を崩すことなく 八月を過ごす事か゛できてヨカッタ。

仕事以外にも色々あったけれど
過ぎたことはどんどん忘れていく。
おぽ゛えていることだけ。

ポケモンってどんなものかと 解禁されて三日間だけやってみた。
自由が丘の遊歩道にはポケモンがウジャウジャいることか゛わかった。
まだ続けて遣っている人ってどれくらいいるのだろう。

夜中、駅から家に帰る途中でナンパされた。
フジワラ君に自慢したら
「後ろから見たらよっぽど若く見えたんだな」と言われた。
確かに。
きっと声かけた方も 顔をみて後悔しただろう。

今月はラマンダの一階のスタジオの家賃の更新で
気分が悪くなった。
更新料っていったい何なのだろう。
二月には二階の方の更新があったので
今年は 二回もひどく気分が悪くなった。
三年に一回めぐってくる更新。
毎年の消費税。
・・・どうにかならないものか。
本当に心にも身体にも悪い。

ネコのズズが玄関から脱走して血の気が失せた。
ズズは興奮してスゴイ速さで走り回るので
これは無理かも・・・と思ったけれど無事捕まえることができた。
私もやればあんなに素早く動けるのだということが分かった。

オリンピックも、忙しい最中に開催されていたので
「あったっけ・・・」という感じ。

そして9/1には「第一回 銀巴里アワー~シャンソネット スペシャルin仙台」
とても楽しみ。

10月には恒例の自由が丘「女神祭り」もある。

20年以上続けていた「ガス燈通りのコンセール」が昨年で無くなったので
それが ちょっとさびしい。
なにかまた 新しいことを考えてみようと思う。

a0079087_2195197.jpg

[PR]
by lamanda | 2016-08-30 21:12 | Comments(0)

年間利用数約400件の内、
約四分の一がシャンソンのコンサートやイベントが占めるという、
日本で一番多くのシャンソン関係の催しが開催されているのが
新橋駅にほど近い千代田区立内幸町ホール。
定員180名のこじんまりしたホールだ。

そのホールが主催し、NPO法人シャンソネットと
日本で唯一のシャンソン専門誌 シャンソンマガジンが
全面的に協力して開催した「第一回内幸町ホールアワード シャンソン・コンクール」。

告知期間が短かったのにもかかわらず
国内外から120名の応募があり
音源審査を通過した32名が8/14のホール審査に臨んだ。

コンクールという形をとっているけれど
優劣を競うことより、こんな歌い手がいるのですよ、
こんな活動をしている方がいらっしゃるのですよ
ということを 多くの方たちに知っていただくことが
大きな目的の一つでもあった。

そんなわけで プロアマ問わず、年齢国籍問わずということで
参加者を募った。
シャンソン協会の羽鳥さんや、パリ祭のプロデューサー窪田さんにも
ご意見をいただきながら開催へと準備を進めた。

色々な想いがあり
コンサートのようなコンクールにしたいと考えた。
そのためには 出場者の方には
できるだけ安心して参加していただきたい。
遠方からの参加の方には申し訳なかったけれど
コンクールの事前に希望者の方には
ピアニストとのリハーサルの時間を設けた。
勿論無料。

そして当日の歌う順番もくじ引きや
申し込み順ということではなく
全体の流れや 各人の歌が活きるような順番を考えさせていただいた。

少しでもその方の人となりが音楽が聞いている方に伝わればと思い、
歌前にはそれぞれ一言MCをお願いした。

ホールの方でもプロジェクターを用意して
各人の歌唱の間 ホリゾントに お名前と曲目を映し出してくださった。

グランプリ一名、優秀歌唱賞4名 をコンクールなので選ばなくてはならない。
グランプリの方には賞金10万円と トロフィー。
優秀歌唱賞の方にはトロフィー。
トロフィーも部屋に飾っても違和感のないものにしたいなあ・・・と思っていたら
ホール館長の関根さんが クリスタル製のとてもオシャレなものを用意してくださった。

以前にも書いたけれど
本選参加者の方には 賞が取れなかったからと言って恥ずかしいと感じることなく
ステージに立っていただきたいと願っていた。
この32名と一緒にステージに立ててヨカッタ とプライドを持ってもらえる
そんな内容にしたかった。

実際、32名の歌唱はそれぞれに魅力的だった。
審査員の五名は長く音楽の現場にいる方たちなので
かなり厳しく細かくチェックしていると感じた。

本選参加者に関しては8/15に発売された
シャンソンマガジン夏号に掲載されている。
予約販売なので ご覧になれない方のために・・・
a0079087_2253371.jpg

a0079087_22535241.jpg


審査結果が出るまでの間は 後援をしてくださった他のコンクールの優勝経験者の方たち
三人がゲストとして ご自分のコンクール経験談を交えながら二曲ずつ歌ってくださった。

コンクールの模様に関しては 11/15発売のシャンソンマガジン冬号に掲載されるので
是非ご覧ください。

グランプリを獲られた気仙沼出身の斉藤昭彦さんは
12/2金に 内幸町ホールで開催する「銀巴里アワー~シャンソネット・スペシャル」の
ライブコンサートに出演していただく。

斉藤さんと優秀歌唱賞の江口純子さん、三戸亜耶さん、丹藤麻砂美さん、清水たか子さんは
来年1/13金にホール主催で開催される「ニューイヤー・コンサート」に出演していただくので
楽しみに!!

・・・・・・・・・
イベントは本番より その前の準備が大変。
そのあとの清算等がまた 手がかかる。

そして9/1には 「銀巴里アワー~シャンソネット・スペシャルin仙台」がある。
福岡では今年三回目を開催したけれど
仙台は今回が初めて。
あああ・・・その準備が・・・
a0079087_2311443.jpg


あ、その前に 明日はラマンダでの「銀巴里アワー~シャンソネットライブ~」
荒井洸子さん、山本理恵子さん、関西から谷本惣一郎さん、私も歌います。
昨日、池之端のQuiで歌ったので やっと身体が 歌う身体に戻ってきたように感じる。
明日はお天気も良くなりそうなので 是非お出かけください。
お待ちしています。

あああああ・・・八月はついに休日はナシ。
[PR]
by lamanda | 2016-08-18 23:22 | Comments(0)

内幸町ホール三日間

内幸町ホールでの三日間が終わった。

12日は10:30にホール入り。
12:00~場当たり、そしてリハーサル。

出演するわけではないのに
その間にしなくてはならないことが まあ、信じられないくらいある。

プログラムはソロと一部の最後のデュエットが三日間異なる構成。
a0079087_0152579.jpg


オープニングは「ラリエゾン」という曲から
a0079087_016345.jpg


「あなたにしかできないこと」
a0079087_0172076.jpg


女子だけで「愛のシャリオ」
a0079087_0175614.jpg

a0079087_0182155.jpg


男子だけで「ブロードウェイのジャヴァ」
a0079087_0185254.jpg


ちょっとセクシーに「Je veux」
a0079087_0192871.jpg


「Je te veux」から「バラ色の人生」へ
a0079087_0203541.jpg


みんなで「バラ色の人生」
a0079087_0205387.jpg


みんなで「恋の病」
a0079087_0214091.jpg


最後は「シェリーに口づけ」
a0079087_022855.jpg

a0079087_0221989.jpg
a0079087_0222756.jpg
a0079087_0224019.jpg


a0079087_0231875.jpg


記念撮影
a0079087_0235165.jpg

終わって泣く清水
a0079087_0242385.jpg


チャーミングなミュージシャンたち
a0079087_025687.jpg

a0079087_027299.jpg


もう少し落ち着いたらまたアップします。

コンクールの報告も。

とりあえず結果は
◆グランプリ 斉藤昭彦(宮城) 「わが心の赤い風船」

◆優秀歌唱賞  江口純子(神奈川) 「秋のソナタ」
           三戸亜耶 (東京) 「アムステルダム」
           丹藤麻砂美 (北海道) 「ゲッティンゲン}
  清水たか子(神奈川) 「アラビア」

プロや先生をしている方が沢山いらして レベルが高く
僅差でした。
[PR]
by lamanda | 2016-08-17 00:33 | Comments(0)

あまりにも色々しなくてはならないことが細々ありすぎて
私の頭と身体のハードディスクの容量オーバーしている気がする。

とりあえず今週を頑張って乗り切ろう!!!
好きなことをしているので
全く苦ではないのだけれど したいことと しなくてはならないことが
ありすぎて時間が足りない。

先月は楽しい誕生会を生徒さんたちとしたし
先週は鎌倉芸術館で今年で25回目を迎えた
生徒サンとの「わたしの巴里祭」もあった。

書いておきたいことは沢山あるけれど
とりあえず 8/12 8/13の「シャンソンの夏vol.4」と
「第一回内幸町ホールアワード シャンソン・コンクール」が終わらないと・・・

「シャンソンの夏」は昨年よりかなりバージョンアップして
見応え、聴きごたえがあります。

コンクールも120名の応募があり32名が本選に臨むけれど
コンクールというより コンサートのようなステージになりそう。

是非お出かけください。

鎌倉の写真を少し。
後日またupします。
(写真:成木さん)

オープニング
a0079087_23502960.jpg


フィナーレ、ゲストの野坂暘子さんと
a0079087_2351793.jpg


とにかくだまされたと思って聴きにいらしてください。
a0079087_2352583.jpg


a0079087_23522313.jpg

[PR]
by lamanda | 2016-08-10 23:53 | Comments(0)