いやはや・・・の一週間

一か月くらいの長さに感じた一週間だった。

さあ今週はまず名古屋!!
二年ぶりの「ジュネス」!! と楽しみにしていたのに
なんと前日の6日(水)の朝、起きたら声が全く出ない。
空気だけがスース―。
5日はちゃんとレッスンを夜までして
生徒さんと一緒に歌っていたのに・・・

大慌てで自由が丘の杉内耳鼻咽喉科へ。
大嫌いな声帯スコープで診てもらったら(自分モニターで一緒に見る)
声帯がプヨプヨに腫れている。

先生曰く、冬に流行るRSウィルスの風邪が今大流行していると。
ニュースでも言っていたとのこと。
それじゃないかしら・・・と。
ウソー!!!!!!
確かに くしゃみもでる。
咳はさほどではないけど・・・。

どうにかしてください、と頼み込み
強い抗生剤をいただく。
急に気分が病気のモードになり
ビタミンCと水を大量に摂取し とにかく一日寝た。
20時間くらい寝たかもしれない。

名古屋の「ジュネス」の青木映子さんにとりあえず連絡は入れたものの
今更キャンセルもできないので
とにかく名古屋へ。
カスカスの声で話はどうにかできるレベル。
とてもじゃないけれど歌えない。

15時と19時のステージ。

やりました。

音楽はメロディー、ハーモニー、リズムの三つの柱に支えられている。
歌い手はメロディー、伴奏楽器はハーモニー、両者の共通項がリズム。
歌い手の声はいわばメロディー楽器としての役割を負っている。
でも、それだけではなく 「詩」を「言葉」を伝える役割もある。
メロディー楽器としての役割は果たせない状態だけれど
「言葉」や「詩」を伝える役割なら どうにかできると思い、それに賭けてみることに。

メロディーをつけないで 歌詞を語るのは意外と難しい。
生徒さんにはいつも 旋律を歌わずに歌詞を暗唱して朗読出来たら
まず その歌詞は身体に入ったと思って大丈夫、、と話している。
生徒さんは ふ~ん・・という顔してきいているけれど
多分誰も試していないと思う。

フジワラ君のピアノを聞きながら
言葉を一つ一つ 語っていくのは簡単ではないけれど
その曲の世界が 歌っている時より色濃く感じられて
不思議な気分だった。

フジワラ君のピアノに支えられて 昼二回、夜二回。
やりました。

青木映子さんにもお客様にも申し訳なくて心苦しかったけれど
精一杯努めたつもり。

でもね・・・よりによってこういう時に 
東京から来てくださったお客様がいらしたり、
京都からの帰りに五條珠實さんが立ち寄ってくださったり・・・。

そして翌日は神戸。
栫井加代子さんが主宰しているポートピアホテルの「キーノーツ」でのライブ。
栫井さんにも状況は事前に伝えたけれど
「どうにかなります。 明日は明日の風がふく~」という
おおらかなお返事をいただいて 少し気が楽に。
a0079087_23362273.jpg

キーノーツの会場

こちらは 4曲二回ステージ + アンコール。
9曲ほどで曲数は少なかったけれど
初めて聴きに来てくださった方も沢山いらしてくださっていた。
全くもう!!! なんで こんな時にこんな風になるの・・・。
本当に皆さん、ごめんなさい。

この日は名古屋の時より若干声がでたので
8割語り、2割くらいメロディー歌う という感じ。
a0079087_23375879.jpg

栫井加代子さん、聞きに来てくださった ピアニストの石田美智代さん と一緒に。

そういえば青木映子さんとの写真は撮り忘れた。
というより 写真を一緒に撮ってもらおうという気持ちの余裕は全くなかった。

皆さんの優しいお気持ちに支えられての名古屋、神戸だった。
感謝しかない。

名古屋の「ジュネス」は
12/5火に「リベンジ ライブ」をさせていただくこととなった。
19時からの1回ステージだけれど
今回、ジュネスにいらしてくださったお客様は 
みなさんノーチャージとさせていただきます。
ドリンク代だけご負担していただけれぱ・・・

・・・・
そんなこんなで帰京して日曜は久しぶりの休みで
留守番をさせていたワンコ、ニャンコとゆっくり過ごした。

ベランダの緑も少し回復してきた。
テラスでお茶を飲んだり ボーッとしたりしている時間が好き。
a0079087_23563592.jpg

・・・・
そして 今日はポリープ事件から一か月後の検診で山王病院へ。
だいぶ回復はしてきているけれどで、まだ声が引っかかる。
またも大嫌いな 声帯スコープ。

だいぶ良くはなっているけれど まだ白い結節のような部分がある。
ステロイドを処方された。
いいのかな・・・。

色々検査して また来月予約を入れた。

このウン十年、お産以外、殆ど病院に行かないで過ごしてきたのに。
ここ一か月で 5年分くらいの受診をしてしまった気分。

口惜しいので ちゃんと治すつもり。
処方された薬を飲むためには 3食摂らなくてはならない。
どうしたものか。
生活のタイムスケジュールの修正も必要かもしれない。
なかなか 難しい・・・。

本当に、何が起きるかわからない・・とシミジミ思う。
やりたいことがあったら ためらっている暇などないから
どんどんやらないと できなくなってしまう・・・と改めて思う。
でも 身体をもっと休めろと 私の身体がアラームを鳴らす。
心はどんどんやろう!!!といい、身体はもっと休もうよ!!!という。
はてさてどうしたものでしょう。
[PR]
by lamanda | 2017-09-13 00:04 | Comments(0)

少しゆっくり休んで
10時起床。
ブロッコリーと巨峰、ミントティーで軽い朝食。

13:30から武蔵野の自主グループのレッスン。
ベルフォーレは「風が連れ去った恋」。
ベルけやきは 発表会のための練習で2時間半休憩なしで。
圧倒的にリハーサル時間が少ないので いつも不安になる。
あくまでもグループレッスンのクラスの発表会なので
多くは望まないけれど、どうせするなら少しでも形にしたいと思う。
個人の曲だけではなくコーラスもある。
歌が形にならないと 振りもつけられない。
でも みんなが努力していることがリハーサルの会を重ねる毎にわかって嬉しい。

さて 今週はまず名古屋の「ジュネス」。
オーナーの青木映子さん、
あの華奢な身体のどこにあんなエネルギーがあるのかしらと思うくらい、
「シャンソン大好き」という気持ちで頑張っていらっしゃるライブハウス。
歌いに行くたびに心が解される不思議なスペース。

久し振りなので楽しみにしている。
お近くの方、是非お出かけくださいね。

a0079087_213028.jpg

[PR]
by lamanda | 2017-09-03 21:05 | Comments(0)

「銀巴里アワー~シャンソネット スペシャル in 仙台 vol.2」
無事終了。
a0079087_1605134.jpg


今回も ドレスショップ<ふぉ~ゆ~>の寺澤さんや
出演者でもある地元の貝山幸子さん、斉藤昭彦さんが
沢山の方たちにお声掛けしてくださって盛況のうちに終えることか゛できた。

手前味噌だけれど、とても良いステージだったと思う。
プログラムは以下の通り。
a0079087_1611321.jpg


来年はどうしよう・・・と帰りの新幹線の中で思いめぐらす。

来年の前に今週は名古屋の「ジュネス」、
そして神戸の栫井加代子さんと一緒の
ポートピアホテルのライブがある。

最近は制作する側の仕事が多いけれど
今度は自分が歌う事に集中。
仙台のステージをじっくり聞いていて
歌う、ということに関して多くの事を学びなおした。

ラマンダのサロンのライブを裏の事務所でモニターで聞くのは
日常の楽しみの一つだけれど
歌い手やミュージシャンを目の前にして
その気合や興奮をじかに感じながら聞く醍醐味は代えがたい魅力がある。
もっと 色々な生のステージを聞きたいなあ。

久し振りに歌えること・・・とても楽しみ。

また新しい出会いが・・・あるはず。
それも 楽しみ。
[PR]
by lamanda | 2017-09-02 16:16 | Comments(0)