8月25日

9:30 起床

10:30 スキムミルク入りヨーグルトにブルーベリー、アボガド1/2、スイカ少し。

母の所によってから スタジオへ。

12:00 個人レッスン一人。

13:15 自由が丘カルチャー。「そして今は」

個人レッスン一人。

カフェでチーズトーストを作ってもらう。
かぼちゃスープ。

18:30 ソワレ・ド・ラマンダ。
ゲストは山崎肇さん。
あいかわらず オシャレなステージ。
楽しく巧みな話術で 惹き付ける。

フジワラ君に言わせると 女性のお客様の 山崎さんを見つめる目が 他の男性ゲストの時と違うという。
フジワラ君のピアノを弾いている位置が 丁度客席と向かいあうようになっているので よく見えるらしい。

終って スタジオで打ち上げ。

出演者の一人の生徒さんが 今朝作りましたと 冷汁を持ってきてくれる。
美味。
「八沢川」の鰻重と一緒に頂く。
かなり満腹。

鰻は美味しいけれど、 皮のほうを見ると食べれなくなる。
出来るだけ うな重の中の鰻が ひっくり返らないように気をつける。

近頃 お肉や魚といった 動物性蛋白に 心が惹かれなくなりつつある。
昔は お肉というと ワァーイ という感じだったのに。
かといって 何が食べたい、というのも あまりなくなってきた。
どうしたんだろう。
20代、30代は 何でもよく頂くので、ご馳走のし甲斐があると 言われたくらい食いしん坊だったのに。

母は 食事をした事は覚えているけれど 何を食べたかを中々思い出せなくなってきている。
本人は「感動がないから 覚えていないのだ」というけれど・・・
強がり言って、と思ったけれど 確かに年齢を重ねると 感動する事が少なくなってくるのかも知れない。
それが人を老いさせていくのかも。
[PR]
# by lamanda | 2006-08-26 23:57 | Comments(0)

8月23日

9:30 起床

10:30 豆腐サラダ。
こういう ダイエット系の食事をしていても 突然スキッピーのピーナッツバターが食べたくなり、スプーンですくって ペロペロしてしまう。
プラス マイナス=プラス というかんじ。
でも近頃は暑さのせいか 大好きなはずの甘い物系の間食も あまり気が進まない。

母の診察日だけれど 町田教室があるので まりに付き添いを頼む。

12:30 町田教室。「ドミノ」

時間が少しあったので 携帯屋に寄って 機種変更をする。
二年以上使っているせいか、ここのところ調子がよくないし、メモリーカードがしょっちゅう外れて取れてしまう。
応対してくれた お兄さんが 一生懸命説明してくれた。
テレビ付携帯を勧めてくれたけれど どこで いつ携帯のテレビ見るの?
機種は何でもよかったので 一番軽量なのを選ぶ。
ポイントがいっぱい貯まっていたので 無料。
得した気分。

説明書の字が小さくてを読むのが面倒。
昔は電気製品など 買ってくると 説明書をわくわくして読んだのに・・・

夕方 マックでチキンナゲットとミルク。

19:30 「バルバラ」
お客さん4人のみ。
なんだか人質に取っているような気分で申し訳ない。
心優しい方たちは ボトルを入れてくださったり、歌い手に飲み物を勧めてくださったりして お店の売り上げに協力しようとしてくださる。
それはそれで ありがたいけれど・・・なんだか 寂しい気持ちになる。 

先月の「バルバラ」は 入りきらないくらい大勢の方たちが来てくださった。
毎月バランスよく お客様が来てくださるのが理想。
でもライブの場合は 全くお客様の状況が読めないので 毎回 歌う事よりも お客様の数を心配する事の方で 気持ちが疲れて負担が大きい。

大好きな先輩歌手のライブでも お客様ゼロ、という事もあるらしい。
さすがにゼロ と言うのは経験した事がないけれど・・・考えただけでも イヤな感じ。

帰りに 赤坂見付駅そばのラーメン屋さんへ。
餃子と冷やし中華。美味しい。
なんと その店のマスター、「銀巴里」の社長だった故・作本氏と懇意だった事が判明。
なんだか嬉しい気分に。
[PR]
# by lamanda | 2006-08-24 21:25 | Comments(0)

8月20日

10:00 起床

13:30 三鷹の「ベルけやき」のレッスン。

こう暑くてグッタリする日が続くと さすがに 休みがないのが応えてくる。
でもなんだか元気。

月に一度お世話になっていた 自由が丘の美容室「マハロ」が リニューアルするので その前にと思い 予約を入れて出かける。
25年も やっていた店だけれど 最近の大手の美容室の進出は 個人経営の店にとっては かなりきついらしい。
と言うわけで 9月からは ネイルやアートメイクの店に変えてしまうことになった。
店長というか社長のワタルさんも もう鋏を持って店に立つことはないという。
ワタルさんが お客の髪をいじるのは今日が最後の日。

・・・その最後のお客になりました。

明日から早速改装が始まると言う。

「業務用の機材って 丈夫だけれど高いのよね、下取り業者に売っても二束三文」という話からお店で使っていたヘア・ドライヤーを譲ってもらう事に。
あげると言われたけれど 悪いから買いました。
2万円くらいするのを2千円で譲ってもらう。
一番新しいのを選んでくれた。
さすが業務用。 シンプルだけれど ハイパワー。
オマケに カーラーをつけてくれた。
なんだか形見分けみたい。

来月から とこの美容院にしようかな・・・
[PR]
# by lamanda | 2006-08-24 01:12 | Comments(0)

8月18日 

9:30 起床。
母の所に寄ってから スタジオへ。

12:00 個人レッスン四人。
我が教室の一番大きなイベント「わたしの巴里祭」。
今月の1日、2日の二日間にわたり 鎌倉芸術館小ホールで開催した。
終ったばかりなのに 生徒さんたちは もう来年の曲に取り掛かり始めている。
すごいパワー。

私より年上の方たちがほとんどだけれど、常に前に向かって進んでいく気持ちや パワーは負けそう。
でもアレだけのエネルギーを持っていたら ボケている暇などない! という感じだ。
見習わなくては。

18:30 ソワレ・ド・ラマンダ。ゲストは香川有美さん。
やっぱり 歌がウマイ!! としか言いようがない。
お客様も70名ほど入り みんな一曲目から大喜び。

一緒に出演した アマチュアの方たち3人の歌を聴いて 香川さんが、「プロにはない 歌う事に対するまっすぐでひたむきなものが 感じられていいですね。」と言ってくださった。
正しい アマチュアの道といえるやり方が あるはずだ。
それを見つけた人は きっと 長く豊な心で 歌う事を楽しんでいけると思う。
でも時々 勘違いする人がいる。
コレは 本人にとっても 周りにとっても 悲劇としか言いようがない。

そういう人たちを 今まで沢山見てきた。
それは 教える側にも 責任があると思う。

生徒をヨイショする先生と言うのも居るらしい。
「前についていた 先生に『あなたにはもう教える事はない』と言われましたと、誇らしげに言っていた生徒が 以前いた。
確かにいい声の持ち主ではあるけれど いい声だからと言って 歌がいいと言うものではない。
あまりにルーズな歌なので 色々注意したら 辞めていった。
今 時々 某シャンソニエに出て、必ず お客さんを沢山呼ぶので大切にされているらしい。

別の辞めていった生徒も 某シャンソニエに出て歌うようになったとたん、「自分はプロだ」と言い始めた。
「何故?」と聞くと、「ギャラをもらっているから。それも ゲストより沢山もらっている。」という。
きけば やはり出演日には お店から言われて 沢山お客を動員しているという。
「それは 貴方の歌に対するギャランティではなくて お客様を集めて売り上げを上げた事に対する報酬だと思う。」と言ったけれど 聞く耳を持たなかった。
結局は お客を呼べなくなったら 切られてしまったという。

今は どこのシャンソニエも 経営が苦しそう。
背に腹はかえられないから 色々な方法で お客様を集めようとするけれど、かえって悪い結果を導き出していると 感じられる事が多々ある。
嘆かわしい事だ。

歌い手には 歌って行く場が必要だし、心から よい音楽を求めているお客様もいる。
それらの需要供給と 経済とが 上手くバランスを取れずにいるのが 今の シャンソニエの状況だろうか。
[PR]
# by lamanda | 2006-08-19 22:33 | Comments(0)

8月17日

9:30 起床

三鷹の高齢者福祉センターのシャンソン教室。「街角」
改めて トレネが歌っているオリジナルを聴いてみる。
オシャレでいいなあ。

ピアニストの山上さんと 打ち合わせ。

事務所で オクラのサラダやら 豚肉とレンコンの炒め物やら食べる。

雑用を片付けているうちに あっと言う間に夜中になってしまう。

毎日、半身浴をしながら 有吉京子さんのバレエ漫画「スワン」を一巻ずつ読む事にしている。
バレエも歌も 基本や、大切にしていかなくてはならない事 等々・・・全て共通している。
感心しながら読んでいる。
[PR]
# by lamanda | 2006-08-19 18:08 | Comments(0)

8月16日 バレエ3

9:30 起床

10:30 チラシ寿司、春雨の酢の物。

母の所に寄ってから大船へ。

13:00 鎌倉芸術館練習室で中級Aクラス。「いつ帰ってくるの」
その後個人レッスン一人。

17:00 本屋で曽野綾子の「「晩年の美学を求めて」を買い、ルミネの中華屋で読みながら食事。ナスと豚肉の辛みそ炒め定食。
本を読みながらご飯食べたりお菓子を食べたりするのは 行儀悪いけれど「私の時間」という気分で大好き。

事務所に帰って さあひと仕事をと思ったら まりが「今日バレエの個人レッスン頼んだわよ。来ないの?」という。
レオタードもタイツもないのでどうしようと思ったけれど、事務所のクロゼットを探したら Tシャツと、藤原クンのジャージのパンツがみつかったので まあそれでいいかと 参加。
まりと 二人だけの個人レッスンで 初歩の初歩を教えて頂く。

相変わらずスゴイ汗。
クーラーを切ったスタジオでレッスンするので ただでさえ汗が出る。
それ以上に汗をかかなくてはいけませんと先生はおっしゃる。

高橋先生は 美人で優しくて本当に素敵な先生。
先生のようなスタイルになりたい、と思わせてくれる。
三歳からバレエをはじめ、松山バレエ団にいらしたという。
バレエの世界もジェラシー渦巻く なかなか難しいところらしい。
公演の間際に 衣装を傷つけられたり トゥシューズの紐を切られたり、隠されたりという 意地悪やらイジメがいっぱいあるという。
バレエ漫画の世界は まんざら作り話ばかりではないのだと 妙に感心する。

今日も フラフラになり でも 頑張って事務所でデスクワーク。 
[PR]
# by lamanda | 2006-08-16 22:03 | Comments(0)

8月15日 

8:30 起床

11:30 母の診察の日なので病院に付き添い、途中でまりに交代してもらってから 横浜へ。

13:00 ゆで卵を食べて 個人レッスン一人。

15:00 個人レッスン生の勉強会。

17:00 元町へ散歩がてら食事に。「つな八」の天丼。

19:30 「デュモン」
過日 家にあった布地を大量に引き取ってくださった生徒さんが その中の生地でドレスを二着も作って持ってきてくださったので 着てみる。
中々エレガントで素敵。
普段は無地のドレスしか着ないので 花柄のシフォン地など 新鮮な感じ。

22:30 マツバ夫人やユキコさんたちと パンパシフィックのバーへ。
ピザやサラダなど。

マツバ夫人が自由が丘まで送ってくれたので 暫しラマンダのカフェでお茶。
夜のカフェって 大好き。
いつまでも ウダウダしていたい感じ。

そろそろ 10/7の十字屋のコンサートのことなど考えなくては・・・
[PR]
# by lamanda | 2006-08-16 21:50 | Comments(0)

8月14日 バレエ2

9:30 起床

12:00 個人レッスン5人

18:00 「バーミャン」で天津飯。

19:00 バレエレッスン。
バレエの前だというのに あまりの空腹にしっかり食べてしまった。
でも 食べた分はみんな何処かへ飛んでいってしまったのではないかと思うくらい ヘトヘト。

過日購入した おニューのレオタードにタイツ、サウナスーツも着用。
カフェのアイちゃんとまりも一緒。
そして 以前「婦人之友」のコンサートでお世話になった ヨーコさんも。

お試しレッスンを受けて、バレエレッスンの 予想外のハードさに 気持ちがメゲそうになり、それを防ぐために 会う人みなに「バレエ、バレエ 一緒に習わない?」と誘った。
みんな今更バレエ・・と尻込みする中、ヨーコさんは「以前から 習ってみたかったんです」と早速参加してくださった。

やはり 今日のレッスンもキツかった。
でも 頑張るつもり。
出来ないことが 出きるようになる達成感を味わってみたい。
中でも 一番のコンプレックス「体の硬さ」が少しでも克服できればと思う。
自分では強い方だと思い込んでいた 腹筋も背筋も 全然ダメと言う事を思い知らされた。
コレをもう少し鍛えれば 歌う事にもプラスになるはず。

と いうわけで フラフラで帰宅。
[PR]
# by lamanda | 2006-08-16 21:37 | Comments(0)

8月13日

9:30 起床

ヨーグルト、きのこ スープ、スイカ。

12:00 今日は やっと1日休みと 思っていたら「バトーラマンダ」の日でした。
でも 楽しいからいいわ、とスタジオへ。


若い歌い手3人のライブ。
今日は レギュラーの井上裕規さんの他に和田山名緒さん、堀山耕さん。

堀山さんは 昔「アダムス」のカウンターを手伝っていた 有馬先生のお弟子さん。
美輪さんの「ボンボヤージュ」をバッチリコピーしていて 驚く。
昔「銀巴里」で聞いていたのとそっくり。なんだか懐かしい感じ。

和田山名緒さんは 新しいフランスの歌や南米の曲に詩をつけて歌っている。
わあ 凄く勉強していると感心してしまう。

井上クンの 歌は大好きだから 何度聴いてもいいなあ。

みんな新鮮で、いい刺激になる。

過日 ある先輩男性歌手に「おはよう」と言いながら 胸を摑まれた。
親しい気持ちを表した 挨拶のつもりだったのだと思うけれど 気分はよくない。
何故なら その方と そこまで親しいとは 私は思っていないから。
胸に触られたからと 大騒ぎするような年ではないけれど
未だに 思い出すとムカッとくる。

話をしていても 放送禁止用語を敢えて何回も使う。
何故そういうことをするのか どういう効果を狙っているのか ということはわかるけれど
わかるからこそ ますますイヤ。

コレが会社勤めのOLだと 所謂セクハラ上司と 毎日顔を合わせなくてはならないので大変だろう。
最近は 大分セクハラは 厳しく追求されるようになったらしいけれど・・ 

でも・・・セクハラだろうが なんだろうが 赦せちゃう様な素晴らしい音楽だったら 
逆にとても 素敵でカッコいい・・・のにね。
[PR]
# by lamanda | 2006-08-13 18:32 | Comments(0)

8月8日

5:30 起床
今日は 母の病院の検査日なので 午前中は付き添わなくてはならない、という意識があったせいか 目覚時計より早く目が覚めてしまった。

7:00 頂いた 冷やし茶漬けを試してみる、あわび味。
お出汁が美味しい。 あわびも入っている。
冷蔵庫でその出汁をしっかり冷やし、冷ごはんにかける。錦糸玉子を載せて 見た目もきれいに。

8:00 母を迎えに行き、病院に付き添う。

家で 母に 今朝私が食べた冷やし茶漬けが美味しかったので もう一度作り、食べてもらう。
母は 久しぶりの帰宅。

母を施設におくり届けて スタジオへ。

12:00 個人レッスン三人。

14:30 中級D。

16:00 個人レッスン二人

17:00 生徒さん手作りの チラシ寿司弁当。

19:00 自由が丘 夜カルチャー。

さすがに 午後になってから眠くてたまらない1日。
昨日のバレーの 筋肉痛は 思ったほどない。
後から ジワジワと痛んでくるのかも。

まりが 昔読んでいたマンガを探して寝室に運び 読み始める。
「スワン」という バレエ漫画。
まだ気分は バレエハイテンション持続中。
[PR]
# by lamanda | 2006-08-11 03:38 | Comments(0)