<   2007年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧

後悔

8:30 起床

母を迎えに行き、病院へ連れて行く。
病院は 歩いて10分ほどのところにある。

受付の手違いで 予約していたにもかかわらず
一時間待たされる。
そのイライラもよくなかったのかも・・・

母をホームにつれて帰る途中、事故は起きてしまった。
最近は すり足で歩くので 躓きやすく 危なっかしい。
だから 歩くときは 右手で 母の左腕を支えるように 持つようにしている。

平らな歩道なので バックを持ち替えようと、ちょっと手を放したときに 母がつんのめった。
慌てて 母の腕をつかんだけれど間に合わず、
私まで 母に引っ張られるような形になった。
勢いが付いていたので 支えきれず
親子で 歩道に倒れてしまった。

その倒れ方も悪くて 私が母の半身に覆いかぶさるようになってしまった。
母はしばらく 立ち上がれず、
周りにいた方たちが 駆け寄って 2人掛りで助けてくださった。
母はパニックで 手が震えて 眼鏡も上手くかけられない。

顔のこめかみの辺りが二箇所切れていた。
私もそれを見たら 胸がドキドキしてきた。

仕事も遅刻なので、
とりあえず施設の介護士さんに外科につれていってもらうように頼み
私はスタジオへ。

頭、膝、肩のレントゲンを撮って調べてもらったら
肩の骨が折れていた という。
・・・・ショック・・・・
膝は 皮下出血がひどかったらしく、血を抜いてもらったという。
頭も打っていたけれど、そちらは大丈夫とのことで 少し安心。

母を怪我させてしまったこと・・・不可抗力と思いたいけれど
私の中で、母をせかせるような気持ちがあったのは否めない。
とても とても 後悔する。

夜、施設から電話。
母が 今度は部屋で転んだという。
・・・・
 
[PR]
by lamanda | 2007-12-10 23:33 | Comments(2)

年末小掃除

昨日は一日中眠くてたまらなかった。
でもウナ・カンツォーネの今年最後のライブも
無事に終えて ホッ。
金沢からKご夫妻が、そして九州からもIさんが来て下さって 嬉しいひと時。

でも 眠くて、眠くて・・・今朝も1:00まで寝てしまった。

ヨシ!!と気合を入れて掃除をすることにする。

まずは元気をつけなくちゃ、と牛タンのカレーを食してエネルギー補給。
年末の大掃除のエネルギーは 事務所にとっておかなくてはならないので
家の掃除は 分割してすることに。
年末に向けての大掃除ならぬ小掃除。
居間と台所という 一番手のかかるところを徹底的に。
フローリングの床もきれいに磨き上げる。
いい気分。
途中でお汁粉。

夕方には母のところへ行き、いつもの会話。
本人なりに「なんでこんなにいっぱい 物を忘れるのかしら」と気にしている。
「年をとったのだから仕方のないこと」と言うと 少し納得してくれる。

家に帰って また掃除のつづき。
気がつけばもう 23:00。

パリを思いながら クスクスとサラダ。
[PR]
by lamanda | 2007-12-09 23:38 | Comments(0)

金子由香利リサイタル

9:30 起床

12:15 中級Eクラス。「ノンムッシュ 私は二十歳じゃない」

14:00 ハンバーグ、レンコンのいため物、シイタケの煮物、玉子焼き、ごはん。

15:00 ラマンダライブ。
ゲストは木月京子さんと サカイレイコさん。
ピアニストは 早川修二さん。
早川さんとは 六本木の「アラ」で昔しばらく一緒に仕事をした。
随分久しぶり。

二回目のステージまでいて その後アキちゃんと一緒に
神奈川県民ホールへ金子由香利さんのリサイタルへ。
マツバ夫人が最前列ど真ん中のお席を取ってくれた。

今日の金子さんは とてもパワーがあって素晴らしいステージ。
秋の札幌と比べると何倍もステキ。
「愛の讃歌」や「愛は限りなく」のような大ポピュラー曲が実によい。
特に二部は MCなしの曲繋ぎで 盛りあげて行って迫力満点。
一ファン、一観客として 久しぶりに興奮した。

長年金子さんの追っかけをしているマツバ夫人も
「10年前の金子さんのステージを見ているみたい」と大喜び。

アキちゃんは 金子さんのリサイタルでの
父上フジワラ君のステージ姿は初めてだそうで
「かっこいい」「お父さんが大きく見える」「いつもと顔が全然違う」との感想。

終わって近くのレストラン「杉の子」へ。
ここのパエリアは美味。
みんなで パエリア、ピザ。パスタ、サラダなどしっかりいただく。
[PR]
by lamanda | 2007-12-08 01:19 | Comments(0)

いつの日か

9:30 起床

10:30 シリアルとミルク。

12:00 個人レッスン一人

銀行の用を済ませる。
窓口で対応してくれた女の子が可愛くて、感じも良く
彼女の勧誘につい 乗せられそうになる。

事務所でたまっていたデスクワーク。

17:00 エレクシオールカフェで 四種のチーズとキノコのサンドイッチと
カニのトマトスープ、ロイヤルミルクティー。

19:00 バレエ。
たまにしかできないので いつまでたっても毎回筋肉痛。
仕方がない。

21:30 再び事務所に戻り、デスクワークの続き。
来年のスケジュール、ほぼ決まる。
まだ今年も終わっていないのに・・・・

家に帰ってからワカメと豆腐、レタス、ルッコラのサラダ。

シンプルな食事のようだけれど
ついつい手が出てしまうお菓子の数々。
泉屋のクッキーやらフルーツケーキやら。
お菓子のない生活をしたら すぐに痩せられるはず。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日 中級Dクラスの発表会があった。
母を連れていく。
出かける前は いつも気のりしない素振り、口ぶりだけれど
行くと 表情も違うし、それなりに楽しんでくれるので
生徒さん達に申し訳ないなあ、とは思いつつ、連れていく。

事務所からスタジオへ向かって二人で緑道を歩いていたら
母が「この町は自由が丘に似ているわねえ」と言う。
えええっ・・・
「ここは自由が丘よ」
「あらそう。でもこの道は歩いたことはないわ」
えええええっ・・・
何十回も歩いている道なのに。

夜に同じ道を歩いた時は
「この通りもずいぶん変わったわねえ」と言う。
日によって、時によって 体も気持も波があるようだ。

いつの日か 
「あなたは私の娘に似ているわねえ」といわれる日が来るのだろうか・・・
そう思うと ちょっと悲しい。
[PR]
by lamanda | 2007-12-06 04:40 | Comments(2)

高野圭吾訳詞コンサート

9:00 起床

モソモソしているうちに時間がなくなり お茶だけ飲んで家を出る。

12:20 大船教室。「愛の讃歌」。

終わってすぐに新橋へ。
グリーン車で 旅行のパンフレットなど眺めながら 小さな駅弁を食べる。
小一時間だけれど 小さな旅をしているようで 結構いい気分。

今日、明日と二日間内幸町ホールで
高野圭吾さんの三回忌に寄せての訳詞コンサート開催される。
高野さんに訳詞を頼んだ歌い手が その歌を歌う。
私は高野さんに薬師をお願いしたことがないので
せめてもの 受付の手伝い。

私の分も お弁当を用意して下さっていたので
開場前に 少しだけいただく。

一部は入口の受付で ホールから聞こえてくる歌声や話を聞く。
二部は 受付が落ち着いたので客席の後ろで聞く。
歌い手それぞれの想いが伝わる。
出演者にとっては 実に楽しいステージだったと思う。

このコンサートのために 資料を整理したり、
みんなの原稿を集めて 立派なプログラムを作った方たちの努力は計り知れない。
ロビーには 高野さんの絵の数々もとてもオシャレに飾られていた。

高野さんがお元気だったら どんなに喜ばれただろう。
高野さんの名訳詞の数々が どうかきちんと歌い継がれていきますように。

21:00 聴きにきていたマツバ夫人た「ちと 一緒に 
新橋第一ホテル地下の和食レストラン「東海亭」ですき焼き。
[PR]
by lamanda | 2007-12-04 01:15 | Comments(0)

似てる

昨夜はぐったりして 早くベッドに入ったので今朝は元気。
9:00 起床

10:30 キノコをたっぷり入れたドリア。

母のところに立ち寄ってから 吉祥寺へ。

13:30 ベルケヤキのレッスン。「私の孤独」
まだ 秋の発表会の興奮や余韻がこのクラスには残っている。
いい時間を良い仲間と共有できるということは、
喜びも想い出の名残も 何倍にも大きくなるのだなあ・・・

事務所に戻ってメールチェックと明日の準備。

17:00 ネイル。
まりに勧められて行くようになった「ローズローズ」へ。
近いし、雰囲気も清潔でエレガントで良い。
二時間近くの時間を過ごすので やはりサロンの雰囲気はとても大きなポイントになる。
今日のネイルは ネイリストの方が「雪」をイメージしたとのこと。
なるほど。

まりは昨日来ていたらしい。
ネイルサロンに行くタイミングも どういうわけかよく似ている。
ネイリストの方から 「親子は爪の形や質も似ていますねえ」といわれる。

私は子供の頃、母に全く似ていなくて
可哀そうに、母はお手伝いさんと間違われたこともある。
基本的に父親似ではあるけれど
大人になるにつれて だんだん母に似てきた。

昔のアルバムなど見ていると 自分でもびっくりするくらい
今の私に似ている 母の写真に出くわしてドキッとする。

私も年をとったら 今の母みたいなになるのかなあ・・・
まりも 年とったら私みたいになるのかなあ・・・
見てみたいものだ。

21:00 焼き肉サラダ、ワカメのみそ汁、塩から、花豆、シイタケのピリ辛煮、 
サワラの西京焼き、海苔、ご飯。
デザートに抹茶の葛湯。
[PR]
by lamanda | 2007-12-02 23:00 | Comments(2)

時はすぎていく

またもや一週間が終わってしまう。
おまけに12月になってしまった。
正に「時は、時は、今も過ぎていく・・」だ。

喉はだいぶ良くなった。
バルバラ、ウナマスと二日続いたライブも
恐る恐るではあったけれど 結構楽しく終えることができて一安心。

ウナマスには三鷹、吉祥寺の生徒さん達がたくさん来て下さって嬉しかった。
地元、そして6時スタートという早い時間帯でのライブだったこともあって
出かけやすかったのかもしれない。

私が仕事を始めた頃は・・・・随分昔だけれど
ライブのスタート時間はかなり早かった。
たいてい、7時には一回目のステージを演っていた。
スタートが早いから 終わりも10:00位と早かった。
その代り 深夜の仕事というのも沢山あった。
いつのころからか だんだん始まりの時間が遅くなったように思う。

食事は相変わらず感心できるものではない。

昨日は
16:30位に事務所でしっかりごはん。
藤原家からの宅配で
レンコンの炒め物、ワカメ、玉子焼き、さつま揚げ、キュウリの浅漬け、ご飯。

19:00 「デリー」の宅配カレー三種とナンを ソワレ・ド・ラマンダの合間に少し。

21:00 打ち上げで「政寿司」の握り、季節野菜のサラダ、柿。

家に帰ったらお腹がすいてきて
4:00 フルーツケーキ一切れ。

そして 今日・・・
10:30 ヨーグルトと生徒さん手作りのジャム。
17:00 生徒さん差し入れの「濱田屋」の季節のお弁当半分。
・・・・時間がなくなって全部食べれなかったので 
家に帰ってから21:00続きをいただく。

夕方に雑誌の取材、そして母の担当の介護士さんとの打ち合わせがあったので
早くに帰宅。

母の状態は相変わらず。
介護認定の結果も変わらず。

今回は半年で再審査があったが、次回は一年後に再審査。
状況の変化が予想されないと その期間が延びていくらしい。
最長で二年ごとになるのだそうだ。
つまり、母の場合は あと一年くらいは
良くも悪くもなりそうもないという判断が下されたということだ。
そうか・・・

今年の残り、あと一か月、ぼんやりしていられない。
したいこと、しなくてはならないこと、いろいろある。
そういったものがあるというのは 幸せなことなのだ。
したいこともできない、しなくてはならないことがない、という 
今の母を見ていると、
自分の 現在の、そしてこれからの在り方みたいなものを
落ち着いて判断できるような気がする。
[PR]
by lamanda | 2007-12-02 00:22 | Comments(0)

シャンソン


by lamanda
プロフィールを見る
画像一覧